にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
あるけまや -考古学・歴史ニュース-

あるけまや -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

お金にならない考古学をお金にしよう╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ ! 考古学・歴史ニュースの決定版╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

2022ねん 5がつ 16にち(げつよーび、めちゃ雨)

実は最近私は、考古学研究によって、人類史における格差社会の変遷を数式化&グラフ表示による可視化することをテーマにしてるんだよ!ヾ(´ω`=´ω`)ノ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今回の考古学・歴史ニュースは古代マヤ文明社会も格差社会だったよ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


さて、今回の舞台は全世界です( ・Д・)

紹介する論文は「Greater post-Neolithic wealth disparities in Eurasia than in North America and Mesoamerica」(Kohler et al. 2017)です。



比較的最近の研究で、経済学における社会の不均衡、貧富の差を示すローレンツ・カーブとジニ係数を考古学に応用したものとして高く評価されたものです。

あのNatureに載ったやつなのです!(*・ω・)ノ




arukemaya1698

↑論文中のFig. 3a



経済学の方法を応用した点は面白いんですけど、結論はさして評価されていないんですよ。

なんでかって言うと、、、

上に挙げた図の中で、青い色のドットやラインが旧大陸の遺跡におけるジニ係数を示していて、赤色のそれらが所謂「新大陸」の遺跡を示しています。

上に行けばいくほど(Y軸の値が大きくなればなるほど)貧富の差が大きかったことを示しています。




arukemaya1699

↑論文中のFig. 3b




なのでぱっと見、旧大陸(青色)の方が貧富の差が大きい気がしますよね。

特に上の図3bを見てみると、時間が経つと旧大陸の方はぐっと社会格差が拡大するのが分かると思います。

論文の結論部ではこのようになる解釈として、旧大陸では新大陸にはない大型家畜が存在したため、その所有が貧富の差の拡大を助長したと述べています。



……ふーん、なんだ、結局普通じゃん、みたいなけっこう辛辣なコメントがなされているのです。

経済学の手法の応用は興味深いけれど、解釈が従来の考古学の成果に寄り添った形であるのがもったいないってことなんでしょうか。

近年のDNA分析の結果のように、従来の考古学の成果をひっくり返すことが求められているようにも感じて、私としてはちょっと震えてしまいますΣ(・ω・ノ)ノ






載せた画像サイズがちょっと小さいですが、よく見ると「Tikal」って入ってるんですけど、旧大陸遺跡の中で唯一ぶっ飛んでるんですよね。

図3aだと右側、図3bだと真ん中くらいの赤色ドットの一番上にあるやつがそうです。



ティカルだけめちゃくちゃ不平等なんですよね(笑)

旧大陸の遺跡中では突出して格差社会なので、外れ値扱いされています( ・Д・)



ちなみにこの論文では住居サイズを経済指標と仮定して分析を行っています。

考古学者の視点からすると、そういった前提条件は大切なのですが、発掘調査を通して実際に住居サイズの大小と出土遺物の量の多寡や質の良し悪しとが相関するのかどうかをチェックする必要があります。



まぁそれをちゃんとやったのが私ということなのですが、それはまた今度のお話ということで!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!




arukemaya1697
↑論文の冒頭部分


おわりに

このローレンツ・カーブとジニ係数を用いた古代の貧富の差を示す研究、、、

負け惜しみを言うと私も同じアイディアでやろうと思ってたのです!

(世界は広く、山は高かった(ρ゚∩゚) グスン)

でもこの論文が2017年で、私は2019年に思い立ったのでそもそも負けてましたヽ(TдT)ノ



まぁやっててもこの論文の方が遺跡数も多いし、圧倒的にスゴイんですけど、、、

私はティカルやるだけで死にかけてたのに、彼らすごいな~って思ってたら……

上に挙げた画像ですよ!



共著18人!( ・Д・)


人海戦術でも負けるわ~。

というかこういう大人数で共同研究ができる環境がスゴイ。

日本じゃコミュニティ小っちゃいし、研究費少な過ぎて人雇えないしね(´・ω・`)




私も国内でスタッフ雇いたいけど大きな予算取れなきゃ無理だよね~。

あるいはたくさん稼いで、そのお金で個人的に人を雇って、ブログとかYoutubeの編集とか手伝ってもらおうかな~(*^・ェ・)ノ



それもありよりのあり!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022ねん 5がつ 15にち(にちよーび、曇り)

哲学ずっとやってたら精神面は落ち着きを見せたが、忙殺は変わらん!ヽ(TдT)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




今回の(考古学・歴史)ニュースはいつになく元気なんだけど、時間がないのだよ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


最近まぁまぁ寝れるようになったし、何もかもが好循環始めてる気がする今日この頃です(*・ω・)ノ

まぁおかげで研究も研究助成金獲得状況も色々と絶好調なのですが、とにかく忙しいんですよね。

仕事やってもやっても終わらない上に、次の助成金申請が来たり、公募申請書つくらなきゃならなくなったり、次の出張申請もあって・・・・・・

なんで研究職はこんなに事務作業が多いんだ!ヽ(TдT)ノ

まぁしゃーないんで頑張っていきます!( ・Д・)



・・・・・・ではとりあえず定期報告として表を提示していきますね!




2022年4月まで表

表1.2022年4月までの各属性の変化



記事3本・・・・・・



これ、定期報告と、記事このあと書くって宣言して書かなかったから謝罪しました回で2本だから、、、

記事は1本しか書いてないんですよね( ・Д・)



まぁ定期報告だけの月も続いていたからマシか!

それにしても何とかせねば(´・ω・`)



さて、グラフにしますと、、、



2022年4月までグラフ

図1.2022年4月までの各属性の変化


まぁ軒並み下がってますね、当然だけど!ヽ(TдT)ノ

もう何も言うこともない・・・・・・( -д-)ノ

このあと記事書いて投稿するんで勘弁してください!





↑こちらもちゃっかり宣伝。。。今はズブの素人だけど、たくさんやってれば上手になるかな?( ・Д・)



おわりに

ちょっと忙しいにも程があるので、、、

ほんとずっとTo Do タスクに埋もれ続けてるの辛いのでどうにか一端全部無くしたいんですよね。

今月あと2週間頑張って何もかも無くします!(*^・ェ・)ノ



このあと、記事1本書いて投稿予定です。

ただ忙しいということと、自分の最新の研究成果をお知らせする布石という意味合いで、

「論文紹介」します。



テーマは「古代国家における格差」

マヤ文明も格差社会だったのです( -д-)ノ

乞うご期待!



さて、そう言えば上に挙げたクラファンに新しいご支援者様が現れました!

神!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

頑張ってればいいこともあるよね!

色々と頑張る!!!


禁酒とダイエットも頑張るね!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022ねん 2がつ 4にち(かよーび、曇り)

めんどいから暫くグアテマラ標準時で日記書く( -д-)ノ(書き始めの時間( ・Д・))

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


arukemaya1689

↑このうさぎ大好き( ・Д・)(「すべての最高のイラスト」「イラストAC」の記事内画像を加工・作成;credit: あるけまや)


今回の考古学・歴史ニュースは北海道で撲殺された縄文人の骨がたくさん見つかったよ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


さて、今回の舞台は北海道伊達市、有珠モシリ遺跡です。

まずは位置から!









伊達市は北海道南部(?;南の方の意)にあるんですよ。

札幌人としはそんな感覚です(*^・ェ・)ノ



なんでかというと、伊達市は積雪量が少なくて住みやすいことで有名なのです。

だからリタイアした高齢の方々が本州の都会の喧騒から逃れて移住してくるケースが多いことでも知られています!

だから札幌人からすると、、、「南部」というか「あったかい!」ってイメージがあるんですよね( -д-)ノ

「南=あったかい」みたいな感じです。

まぁ函館もっと南なのにけっこう寒いけどね!( ・Д・)





実はスゴイ有珠モシリ遺跡!

そんな噴火湾(内浦湾)沿岸にある伊達市ですが、ここの有珠モシリ遺跡はスゴイんですよ。

上に挙げた写真のように1万㎢程度の「小島」なんですけども……



この島全体が貝塚なんですΣ(・ω・ノ)ノ



縄文晩期~続縄文時代に帰属する遺跡で、本州の感覚だと縄文の終わりから弥生時代の遺跡ってことになります。

日本は酸性土壌なので人骨や骨角器や動物骨などの動物依存体が残りにくい環境なのですが、貝塚は貝片などがたくさんあるので貝塚周辺はアルカリ性になる(ないし中性方向に傾く)のです。

なので、遺物の残存状態がすこぶる良い!

この有珠モシリ遺跡は巨大な貝塚遺跡ですから出るものがスゴイのですよ。

最後に一例を載せておきますね(*・ω・)ノ






人類はみんな暴力的!( ・Д・)


まぁよくある「縄文人はECOだった」とか、「縄文人は自然と共に生きた(共生の理想)」とか聞きますけど、まぁ大体が嘘ですね。

現代よりはマシってだけです。

科学が発達して知識があっても、敢えて無視する現代人よりマシなだけで、人類は常に周辺環境に大きな影響を与えながら存続してきたのです( -д-)ノ




さて、こうした一般に流布した説(商業的な意味合いがあるのでしょう……)の中には「縄文人(あるいは縄文時代)は平和だった」というものがあります。

これも明らかに現代人の理想を古代人に押し付けているに過ぎません。

まっとうな考古学者はこんなこと誰も思っていないでしょう。

考古学者に限らず一般的に「ふつうに」歴史を学んだ者であるならば「争いで満ちた人類史」をよく知っているはずです( ・Д・)




さてそんなこんなで今回この有珠モシリ遺跡から、脳内お花畑論者の「幻想を打ち砕く」発見がなされました!

それが上に挙げた写真にある、打撲によると思われる傷痕のある頭蓋骨が複数個体見つかったことなのです。

1人なら事故もあり得ると思いますが、複数ということは集団同士で頭蓋骨にダメージが到達するほどの争いがあったことを示します。



調査担当者は『本州側で弥生時代に移行し、ヒトの移動があった中で玉突き的に集団間の衝突が起きた可能性がある』と述べています。





……さすが大人な回答だなと思います。




はっきり言えばいいのに、、、縄文晩期、つまり縄文時代に争いがあったって!

平和じゃなかったって!( ・Д・)( ・Д・)( ・Д・)




この調査担当者の青野先生は「出来た人」ですからね。

私なら言っちゃう……

言わんか?

後々、もっとデータ集めて、自分の書籍とかで思いっきりぶちまけるかな。

新聞で言うと敵ばかり大量生産することになるからね~。


いや~、やっぱ大人だわ(*^・ェ・)ノ

私も大人になりたい( ・Д・)



arukemaya1692


arukemaya1694
↑骨角器も残りがいいね!(「むしゃなび」の記事内画像より転載)



おわりに

この遺跡、私の大先輩が中心となって後輩らも参加して掘ってる遺跡なんです。

北海道大学の調査は私が学生の頃からずっと伊達市周辺で行っているので色々と思い出深いな~と思いつつ、元の記事を読んでいました。

唯一引っかかったのが「青野友哉准教授(骨考古学)」……

骨考古学??? (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?


新聞の問題なのか、彼も新しい学問領域を打ち出しているのか……

形質人類と何が違うのかよくわかならないけども……



何はともあれ、私は大先輩相手でも変なものは変って言う!

骨考古学、謎!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022ねん4がつ23にち どよーび、くもり

久々に食べるとパン旨い( ・Д・)



うさ_殴る2




今回は『ごめんね号』です( -д-)ノ

神に誓ったにも関わらず2週間放置しましたからね。

申し訳ない!

が、この記事投稿次第、書きかけの記事を1本完成させて投稿します!



この1週間の内に論文2本、報告書1本抱えてて、来月は資料調査1回、論文2本、講演会1会、講義1回、加えて毎月末のクラファンのライブ配信あるし、新規に立ち上げた学会の業務もあるし・・・・・・

はっきり言って手を出し過ぎなのですが、なんとかまぁ頑張っていきます(*^・ェ・)ノ



そう言えば、学振PDもあと2年になってしまいましたが、2022年1月~3月のティカルでの発掘調査があまりに素晴らしい成果が挙がったのです。

時系列データを取得するのに残り年数も研究費も足らんな~って思ってましたが、笹川財団とマヤ・グアテマラ文化協会に助成して頂けそうなので、2023年はガガガーっと一気に調査研究を推し進めていきたいと思います。


今やってる研究はかなりインパクト強いと思っているのですが、近々(・・・明日にしようかな?)当サイトの記事とYouTube動画で紹介しようと思っているので乞うご期待!



おわりに

さて、無性に食べたくて買ったパンとお酒がなくなる前に、ちゃんとした記事を書いてアップするぞ~!ヾ(´ω`=´ω`)ノ


……サボりまくっても継続は力なり!( ・Д・)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022ねん 4がつ 10にち(にちよーび、晴れ)

4月は死ぬ、5月も危うい。。。が、やる!ヽ(TдT)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



oath2
↑誓います!( ・Д・)(どこで拾ってきたか覚えてないがフリー素材(TДT))



今回の(考古学・歴史)ニュースはサボり過ぎてヤバイのでさすがに今日からやります!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ



この記事を書いているのは4/9(土)の深夜で、公開は翌朝、、、

なので、4/10(日)から書きますよ、記事( -д-)ノ

死ぬほど忙しいけど、ずっと読者の皆様の優しさに甘えてきたので、、、

ちゃんと書きます!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!


↓これこれ、しっかり宣伝( ・Д・)

↑300円で最新研究情報が手に入る上に報告書の謝辞に「あなたの名前」載ります!



上に挙げたクラファンですが、歴史に名前を残す最も簡単かつ安価な方法なので宜しくお願い致しますヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ

・・・と、しっかり宣伝しておいて、、、

というのも、この前ラジオに出演したのですが(生まれて初めて、だが超短時間)、

全く支援者増えんかったヽ(TдT)ノヽ(TдT)ノヽ(TдT)ノ

ので宜しく!ヾ(´ω`=´ω`)ノ




今月は忙殺されるのでたぶん何もできないけども、、、

5月はKindleを利用して電子書籍(250円)を2冊くらい出せたらなぁって思ってます。

このブログ記事と同じで真面目な考古学を骨子にしつつも『最大限にふざけた』内容になってますので是非、読んでもらえたらと思います。

・・・ちなみに250円が設定最低価格っぽいので申し訳ぬ( -д-)ノ



・・・・・・ではとりあえず定期報告として表を提示していきますね!




2022年3月まで表

表1.2022年3月までの各属性の変化



また記事1本か・・・定期報告以外書いてない、、、

だからこそ、今日から復活します!(*^・ェ・)ノ




さて、グラフにしますと、、、






2022年3月までグラフ

図1.2022年3月までの各属性の変化


明らかに紫色グラフの記事数がガンガンに下がってますよね。

それに伴い、PV・UU数もガッツリ下がってて、、、

でも最も近い時期でガーンとPV・UU数が上がってる時期があって、まぁ一年前の4月頃なんだけど、、、



表を見てみるとちょうど1年前の4月は17本も記事を書いている!

2日に1回ペースでヤバイ!

3月はへこんでるけど、1~2月もギリギリだけど2ケタ書いている。

3日に1本ペースだ!



当該ブログは盛大にふざけつつも、根幹として考古学や歴史学の基本から外れることはないので、大衆ウケするものではない、、、残念ながら(p_q*)シクシク

でも続けている内に一定のファンは増えるし、それはPV数・収益の面で大きく減らない。

頑張って書いた分だけ資産は増える。

もちろんウケのイイ記事はあるので、たまにはそういう記事を書かざるを得ない。

でも基本的にはYouTubeやブログやその他の娯楽が溢れていて、ネットさえあれば大体の娯楽に無料でアクセスできる現代日本社会において、

定期的あるいは頻繁な更新がいかに大事かを思い知らされます。

例え、数を増やすだけで、内心くだらんなと内容ないなと思っていても(´・ω・`)



継続は力なり。

加えてガガガーッてまとまったパワーも大事ですね( -д-)ノ




↑こちらもちゃっかり宣伝。。。今はズブの素人だけど、たくさんやってれば上手になるかな?( ・Д・)



おわりに

ガガガーって頑張りたいけど、基本的に眠いんだよね。

実はね、たぶんね、所謂「文系」の若手研究者としてはかなり大きい研究費もらってるんですよ。

200万もいかんけどね(*^・ェ・)ノ



ただでさえ発掘調査は人件費かかるし、

自分の持ち出しも学生の頃から毎年ウン十万使って、この程度の身分なんだけども、、、

身分が安定しないから日本の調査研究にも手出してるからそっちにもお金かかるしね、、、

世の中お金だね!( ・Д・)( ・Д・)( ・Д・)



あ~、なんだかんだ先月も何もしてないのに800円の収益出てありがたい。

安い缶ビール4本飲んで記事書きます( -д-)ノ

ってか、そろそろまたガガガーって書いて、ファン増やさにゃ、、、


今年は講演も2回あるし、コロナ禍だからYouTube配信にもなるようで、一般公開可なら宣伝するので是非皆さんに見てもらいたいな~って思います。

……さて、現在時刻4/10の1:00、、、



とりま寝てから頑張るね!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022ねん 3がつ 17にち(もくよーび、雨)

予想以上の成果が挙がった反面、やること多い!ヽ(TдT)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


corona

↑自宅待機が辛くてこんな感じ( ・Д・)(どこで拾ってきたか覚えてないがフリー素材(TДT))



今回の(考古学・歴史)ニュースはずっとサボってるけど、ブログやYouTube用の写真・動画データは撮ってきたよ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


前年は調査中の動画とか毎日YouTubeにアップしてたんですよ。

けど、法律上マズイことが分かって今年はやってないんです( -д-)ノ



あと調査速報もブログ記事にしてたんですよね。

これもまたマズイことが分かって断念、そしてアカデミスト社のクラウドファンディングやってるものでそちらとの差別化を計る必要性からも報告が遅れてるんですよね( -д-)ノ



↓これこれ、しっかり宣伝( ・Д・)

↑300円で最新研究情報が手に入る上に報告書の謝辞に「あなたの名前」載ります!



上に挙げたクラファンですが、歴史に名前を残す最も簡単かつ安価な方法なので宜しくお願い致しますヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ

・・・と、しっかり宣伝しておいて、、、



まぁそんなこんなでグアテマラ滞在中の2か月は記事書けませんでしたね(/TДT)/

最初だけはYouTube動画もアップしてたんですけど、、、

調査が進むと成果が挙がるに連れて、様々な作業に追われ始めて、、、

無理でしたっ!( ・Д・)



・・・・・・ではとりあえず定期報告として表を提示していきますね!





2022年2月まで表

表1.2022年2月までの各属性の変化



記事1本、つまり本記事のような報告しか書いてない・・・

言い訳すると書きかけの記事はけっこうあるんですけど、モチベの問題かな、トドメさせてないです( -д-)ノ

でもなんだかんだ2500PVもあって、400円くらい稼いでて、嬉しいな、ありがたいなと思っております(*- -)(*_ _)ペコリ



さて、グラフにしますと、、、





2022年2月までグラフ

図1.2022年2月までの各属性の変化


記事数の減り方が半端ないのよね~……

こう見るとこの一年、サボりまくりだな~と。

今日は日曜、記事とYouTube動画のアップできるように頑張りたいと思います!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!






↑こちらもちゃっかり宣伝。。。今はズブの素人だけど、たくさんやってれば上手になるかな?( ・Д・)



おわりに 読者登録してくれた方は天才!

タイトルにも挙げた通り、読者登録者数が増加してるんですよね。

彼ら天才です、よく分かってらっしゃる、このサイトがいかに不定期更新かということを!( ・Д・)


……いや~ありがたいことです( -д-)ノ

私も頑張らにゃならんのですが、、、帰国してから書類関係の仕事に追われ、自宅待機で缶詰状態でなんだか気乗りしないし・・・( ・Д・)

でもクラファンの報告も終えたし、そろそろかる~く調査成果報告も記事で始めようと思うし、書きたい記事も溜まってるし、、、

YouTubeはどうしよう、そろそろ初級者向けに内容変えようかな、簡単なネタがなくて、、、(´・ω・`)

実験考古学キャンプもしたいんだけど、東京に越してきちゃってからまったく出来てなくて、、、どこで出来るの?

まずはそこから調べることにします( ・Д・)

やりたいこと、すべきこと、たくさんだけどボチボチがんばりますね(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!


とりま今日頑張るね!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022ねん 2がつ 1にち(かよーび、晴れ)

何故こんなに忙しいのか……お金もないし!ヽ(TдT)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


corona

↑暑くて今こんな感じ( ・Д・)(どこで拾ってきたか覚えてないがフリー素材(TДT))



今回の(考古学・歴史)ニュースはほどよく頑張るよ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ



なんだかんだ年明けてから、色々と発表やら論文やらでバタバタしてたらあっという間に渡航日で、全然記事書けてませんでした。

けっこう元気だったのですが、単純に忙殺されてましたヽ(TдT)ノ

海外にいる間も仕事は山ほどあるのですが、私はこっちに来てる時が最も充実しているので、ほどよく記事もYouTubeもアップしていきたいなと思ってます(*・ω・)ノ



・・・・・・ではとりあえず定期報告として表を提示していきますね!




2022年1月まで表

表1.2022年1月までの各属性の変化



記事の本数は3本、相変わらず少ない!( ・Д・)

もうどこかでしっかりしなきゃと思ってはいるものの停滞が続いていますね( -д-)ノ



さて、グラフにしますと、、、





2022年1月までグラフ

図1.2022年1月までの各属性の変化



なんだか奇跡的にPV数やUU数が増加してて、それに伴ってPV数が久々に3000overですね。

そのおかげで収益も1000円になっているし!

ありがたいことです。

今回は使えませんが、次回調査の資金に充てたいと思いますヾ(´ω`=´ω`)ノ



やっぱり長く続けてるとやんわりとPV数やUU数、収益が右肩上がりになるものだな~って思うのですが、、、

最近の記事の本数の右肩下がり具合が半端ないですよね。

なんとかここいらでボーン!と上げたいのですが、無理するとすぐに失速するので「ほどよくがんばっていきたい」と思います(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!






↑こちらもちゃっかり宣伝。。。今はズブの素人だけど、たくさんやってれば上手になるかな?( ・Д・)



おわりに 調査の進捗

古代マヤ文明の考古学調査は昔も今も「発見至上主義」とも言うべきもので、インディジョーンズの世界のような、『イイもの見つけたもん勝ち』みたいなところがあります。

まぁ全部が全部じゃないだろうけど、その傾向は今でも強いですね。

残念ながら、テキトーな研究目的を掲げて、実際はただの王墓探しってな研究者ばかりなのです( ・Д・)



まぁでもそんな方々ばかりなので、正直、何やっても成果になるんですよね(*^・ェ・)ノ

例えば、私の今回の調査では、これまで(今でも)見向きもされない小さいマウンド群から中規模のマウンド群までをバランスよく発掘して、「古代マヤの社会階層制と富の不平等性」について明らかにしようとしています。

上記のテーマについて、べき分布(冪乗則)をモデルとして利用しつつ、人類社会・経済を多層的なべき分布構造で捉え、数式で表現することを目指していますが……

そんな考古学あるいは歴史学としても少々ぶっ飛んだ内容と後ろ指を指されることを覚悟した内容にも関わらず、なんとまぁ、とっても上手くいきそうです(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

今年は片っ端から論文や出版などで公表しつつ、皆さんにもなる早で紹介していきたいと考えていますヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ



さぁて、、、ほんと週1000円使えるかどうかってレベルでお金もないし、、、


この際、腹筋ばっきばきに割るぞ~!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022ねん 1がつ 30にち(にちよーび、晴れ)

お肉食べたい( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya1683
↑これはサンプリング調査地点の配置図( ・Д・)(「あるけまや」作成)


今回の考古学・歴史ニュースは調査始まったけど、お金がない!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


さて、今回の舞台はグアテマラ、ティカル遺跡です。

コロナの影響で2年ぶりの調査となりまして、なんだか本当に久々にこっちに来たな~って感じがしております。

上に挙げた図は、粘土試料のサンプリング調査地点を示したものなのですが、今年はラ・ニーニャ現象の影響で乾季に差し掛かる1月末現在でも土砂降りのスコールが散見されるため、上手くいかないかも知れません。

なんとかなれば、2月末を目途に結果報告をしたいな~と思っております。


arukemaya1686
↑材料現地調達の手作り箒(「あるけまや」撮影)


何故、お金がないのか?

元々1月20日に出国予定だったのですが、コロナ禍の影響で便が欠航になったり、空港が使えなくなったりで2度変更になった結果、1月19日の23時発になってたのです。

出発時間があまりに遅いので、のんびりしてて、準備も中途半端だったし、お土産も少し買い足そうかな~なんて思いつつお昼ご飯を食べながらYouTubeでコロナ関連情報を集めるべくニュースを見てたら・・・・・・

「アメリカで5Gが実装され、電波がボーイング777などの機体制御装置に影響を与えるため、ニューヨーク便など全て欠航となりました」

って見つけて、、、いや、見つけたおかげで助かったわけですが、、、



見事に私の便はボーイング777のニューヨーク経由だったので、慌てて大学の旅行代理店に連絡して、便を変えてもらったら・・・

今すぐ家出れば間に合うかもって・・・・・・

で、僅か15~20分くらいで準備終わらせて、重いスーツケースを即時筋肉痛になりながらダッシュで運んで、飛行機に間に合ったのです。


結果、いくつか忘れ物してしまって、一番効いたのが『生活費用のドルや現地通貨(ケツァール)』を置いてきたのです( -д-)ノ

幸い財布に100ドル紙幣が1枚入っていたので、それで7週間生きることになったのですヽ(TдT)ノ

……まぁポジティブに考えると、こっち来て2週間で内臓脂肪全部使い切ったらしく、出発時にきつかったズボンがすっと入るようになりました( ・Д・)


arukemaya1685
↑ピンポールもないので手作り( ・Д・)(「あるけまや」撮影)


人員は十分だけど貧乏な調査

おかげさまで、「アカデミスト」(学術クラファン)の支援金があったので、前回よりも2名の調査員を増員して調査を行っています。

でも現金が12000円(100ドル相当)しかないので、先に挙げた写真の箒や上に挙げた写真の杭のように手作り用品を多用しております( -д-)ノ

まぁ水糸とか水平器とかは前回日本から運んであるので、調査精度は落ちてません。

足りない備品とかティカル国立公園側や友人の考古学者などに借りつつ調査を実施しているのですが、いやー「持つべきものは金」だなって思います、、、もちろん「友」も重要です( ・Д・)


調査に関して

arukemaya1682
↑調査区域(「あるけまや」作成)


上に挙げたのが調査区域の図で、オレンジ色が2020年に掘った場所、青色が今年の調査区域です。

調査開始してから1週間なのですが、思ったよりガンガン作業が進んで、1週間で終える予定の調査(上部の青丸ふたつ)が2日で終わったのです。

デモで国道封鎖されて約2日潰れたことを考えても、1日の余裕ができました(土日は休みなので週5日計算)。


arukemaya1681
arukemaya1684
↑平らにしか見えない調査区(「あるけまや」撮影)

arukemaya1687
↑ティカル遺跡のマウンドサイズ分布と、調査対象(「あるけまや」作成)


この上の青丸2つの場所は上に挙げた写真に見られるように、ほとんど平らなのです。

全然マウンドに見えないのです( ・Д・)



3枚目の図にあるように、ティカル遺跡のマウンドサイズ分布は「べき分布」することが分かっており、これを足掛かりに各マウンドサイズと出土遺物の質・量との関係について明らかにしようと考えているわけですが、、、

この図で分かるように「26番(Str.4F-26)」よりも小さいマウンドはたくさん存在しているけれども、もうこれ以上小さいマウンドは掘らずには確認できないという結論に至りました。

なので今回掘った26番、27番がミニマムマウンドの事例として扱うことにしました。

よって今後は大きい、分かりやすいマウンドの事例を増やしていくことで自己の新しい理論の証明と、数理モデルの構築を目指していくことになります。


*上図ではオレンジ色が前回の調査マウンド、青色がこの1週間で掘ったマウンド、緑色がこの後3週間で掘るマウンドです(*・ω・)ノ



↑ 300円のご支援をお願いします!ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ



↑気付けばもう第11回まであります、少しずつクオリティも上げてく予定なのでこちらもよろしくお願い致します( ・Д・)


おわりに 面白い成果は出ているが、、、

さて、比較的小さいマウンド群~中程度までのデータは集まったので面白い結果になっているのですが・・・・・・

調査許可取得の際の法的な契約の関係で、詳細をお伝えすることができません。

とは言え、完全に埋戻してますし、報告書も片っ端から書き始めていますので、2月末から前半部の報告をちょこちょことここで出来るかと思います。

いち早く知りたいよ!って人はお手数ですが、上記のアカデミストにてご支援頂ければ、2月末のライブ配信で詳細を含め一気に全部をお伝えしたいと思っております(*・ω・)ノ



さて、昨年末くらいから少しずつ私が設定する新学術領域「考古物理学」についてアピールを始めましたが、考古学データに基づく「ヒトとモノの関係の数式化」は見事に成功しそうだなとかなりの手ごたえを感じています。

(1960年代の「プロセス考古学」の課題をスマートに乗り越えたと自負しておりますヾ(´ω`=´ω`)ノ)

これを機に、一般に「役に立たない人文科学」と称される現状を少しでも打開し、考古学が歴史関係の諸学問に対して共に議論できる共通の土俵を提示できるようになるのではと、

考古学をはじめとする歴史学一般と、現代社会とそれが抱える諸問題とを繋ぐ架け橋になればという想いで今後も尽力していきたいと思います。


何はともあれ、、、

お金ないとほんと不安だけが残る!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022ねん 1がつ 10にち(かよーび、晴れ)

明けましておめでとうございま~すヽ(TдT)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今回の考古学・歴史ニュースは日本最古?沖縄のブタは中国から!?( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


さて、今回の舞台はもちろん沖縄なわけですが、、、

今回はブタさんのお話です。



その前にこれまでの復習をざっとしてしまいます(*^・ェ・)ノ

①北琉球で「爪形文土器」が見つかった。

②本土の爪形文土器(草創期)の空似と評価され、実際に縄文後期相当と分かった。

③次に中琉球で「爪形文土器」が見つかり、早期相当と分かった。

④更に南琉球で見つかった土器が1万年前の早期初頭相当と分かり、沖縄最古の土器はどんどん南下する傾向が見られた。

⑤更に南の台湾や中国南東部には同時期や草創期に土器がないけど、どこが発祥?って困った( ・Д・)



って感じです( -д-)ノ




さて、沖縄のブタさんと言えば、上に挙げたような「アグー」ですね。

このブタのルーツとしては14世紀の中国との進貢貿易において沖縄に伝わったものとされています。

当時の中国はめちゃくちゃブタを食べていたようで、中国から来た使節をもてなすためにも大量にブタを生産し消費していたそうです。



これは年代的にも新しい話なのですが、最近になって動物考古学の研究成果により、沖縄のブタの起源がとても古いことが分かりました。

発見があったのは、中琉球つまり沖縄本島の嘉手納町にある野国貝塚で、そこから大量のブタの骨が検出されました。

分析対象はブタの下顎骨(アゴ)で、107点も扱いました。

分析の結果、10才を超えるブタがいたことが分かり、これほどまで高齢でいられるということはヒトが飼育していた証拠であると結論付けています。



ちなみに年代測定の結果、ブタの骨の帰属時期は7200~7500年前で縄文時代早期後半となっています。

本土の方の最古の飼育ブタの痕跡は、佐賀県唐津市の菜畑遺跡で検出されたブタの骨で3000年前です。

だから今回の発見は最古の事例となり、日本におけるブタの飼育の歴史が一気に変わったと言えます!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!




中東のギョベクリ・テペって何だか最近話題ですけども、約1万年前の先土器・新石器時代に定住前に宗教施設が造られたってことで・・・

何度か記事で触れたと思いますが、日本の縄文時代だと1万年前は早期初頭相当だからすでに土器がある新石器時代で、

新石器時代で狩猟採集社会なのに定住してて、

今回の発見で牧畜までしてるんですよね。

身近過ぎて分からないかもしれませんが、縄文ってスゴイものなのですよ?ヾ(´ω`=´ω`)ノ



さてさて、話を戻しますと、この約7000年前の沖縄のブタは中国から伝わったと考えられています。

中国では黄河流域で約8000年前に豚の飼育が始まったとされていることに起因します。

まぁ時期的にはイイ感じです。



私の日本における研究のひとつとして縄文草創期・早期を扱っていますが、草創期段階の爪形文土器が沖縄を除く日本全土に広がっていることから、

日本ではめちゃくちゃ古い段階で海を越えて交易関係があったのかな~って考えています。

今回の発見を基にすると、大陸との関係まで再考する必要があるようですね。

何だか交易ばっかり意識すると「伝播論」的に感じるので、私個人としては日本における「自発性」も十分に意識していきたいと思います(*^・ェ・)ノ



arukemaya1680
↑溶けるの早くてめっちゃ垂れたが美味しかった!(・∀・)つ(credit: あるけまや)



おわりに

沖縄のビーチで海岸砂の採取を行うために、駐車料金払ったのです。

サンプリングが目的ですぐ帰るとは伝えたのですが、、、

で、実際に僅か5分10分で車に戻ったところ、申し訳ないのでってアイスくれました。

嬉しかったですヾ(´ω`=´ω`)ノ



さて、コロナ禍を機に、国内でも様々な時期や地域を対象に研究を始めましたが、どこやっても面白いものですね(*・ω・)ノ

いやはや、、、ほんと考古学ってイイものですね~

では、さよなら、さよなら、

さよならっ!( ・Д・)


(古いけど金曜ロードショー、大好きでした(*^・ェ・)ノ)


↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022ねん 1がつ 1にち(どよーび、雪)

心も体も死んでたよヽ(TдT)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

031071

↑ほんと申し訳ぬ( ・Д・)(どこで拾ってきたか覚えてないがフリー素材(TДT))



今回の(考古学・歴史)ニュースは研究はなんだかんだ爆進したけど、記事書く余裕はなかったよ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


皆さま、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします(*_ _)ペコリ



なんだかんだ当サイトも4年目が終了し、5年目突入となりました。

初めの年は2ヶ月連続でサボったりしてましたけど、純粋に忙しかったんですよね・

昨年は居住地も変わったし職場環境も変わったので色々ありました。

昨年もけっこう躍進の年だったなとは思うものの、思い返せばその分無理し過ぎた感があります。

今年は程良く頑張りつつ、昨年まで貯めた分析・研究成果をガンガン外に打ち出して第二の躍進の年にしたいと思います。

論文等で公表後は当サイトの記事でも最新の研究成果をお伝えする予定ですので楽しみ二して頂ければと思います(*_ _)ペコリ


・・・・・・ではとりあえず定期報告として表を提示していきますね!



2021年12月まで表

表1.2021年12月までの各属性の変化



記事の本数は1本、まさかの定期報告しか書いてない!( ・Д・)

本記事は元旦に書いているので収益額は見込み額ですが、まぁ300~400円にはなってるようですね。

こんなに不定期更新なのに、皆さんに読んで頂けているようで、何とか今年は頑張っていきたいと思います( -д-)ノ


さて、グラフにしますと、、、




2021年12月までグラフ

図1.2021年12月までの各属性の変化



グラフを見てるとここ半年の間が全然書けてないので、全ての値が減少傾向にあります。

まぁちょうど今年の後半は心身共にやられていたのでその結果が素直に表れていますね( ・Д・)

あまりに書いて無さ過ぎて特にコメントも思いつかない(´・ω・`)

今年は適度に頑張ります、それだけですヾ(´ω`=´ω`)ノ




↑こちらもちゃっかり宣伝。。。今はズブの素人だけど、たくさんやってれば上手になるかな?( ・Д・)



おわりに

そう言えば、PCR検査を無事突破すれば、今月末からグアテマラ、ティカル遺跡で発掘調査を行います。

ルールがあるので即日報告とはいきませんが、どこよりも早く調査速報をお伝えできるのは間違いないです(*・ω・)ノ

今回のデータで私が新しく立ち上げる学術領域、「考古物理学」のデータが少し増えるので、より具体的な話が学界にも皆様向けにもできるかな~って思ってます。

上手くいけば、今背負ってる負担も軽減される予定です( -д-)ノ



皆さんにはまだ考古物理学なるものが何なのかお知らせしてないので何の話なのか分からないと思いますが、、、

できるだけ早くその概要をお伝えしようと考えています。

ちょっとだけ待っててくださいね( -д-)ノ



さぁて、、、宣伝、、、


みんな、考古物理学やろー!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ