にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
あるけまや -考古学・歴史ニュース-

あるけまや -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

お金にならない考古学をお金にしよう╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ ! 考古学・歴史ニュースの決定版╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

2024ねん 6がつ 13にち(もくよーび、晴れ)

喘息の発作で寝れんかった(TДT)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今回の考古学・歴史ニュースは「最先端技術で地下構造物を見つけたよ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


今回の舞台はエジプト三大ピラミッドです。

中でも一番大きなピラミッドである「大ピラミッド」あるいは「クフ王のピラミッド」が今回の主役です。

最初に挙げた写真の中で、左側にあるピラミッドが大ピラミッドです。

その下の方に何やら長方形の構造物が整然と並んでいるのが分かるでしょうか?



それらは「マスタバ」です。




arukemaya106
↑マスタバの構造(*・ω・)ノ


マスタバは簡単に言うとエジプト版の古墳みたいなものです( -д-)ノ

上に挙げた画像で分かるように長い垂直坑を作ってその先に墓室を作ります。



日干し煉瓦で造られていて平面形態は長方形で、近くで見ると上に挙げた図のように台形状です。

王族、貴族、高官の埋葬施設として造られたため、大きいものになると長軸が60mにもなります。

大ピラミッドの西側(写真の下側)にはこのマスタバが広がっており、西部墓地として知られていますが、その一角にマスタバのない空白地帯があるのです。






調査チームはこの空白地帯を2年間かけて地中レーダー(GPR)と電気抵抗トモグラフィ(ERT)で地下を探査していました。

その結果、空白地帯の地下にL字状の構造物を発見したのです。



深さは地下0.5~2mで、構造物の大きさは長軸が15mあります。

今後、この地点を発掘することで何故西部墓地に空白地帯があるのか、その謎が解けそうです(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!







おわりに

考古学調査における最新技術って、基本的に「借り物競争」みたいな感じで、何か見つけても考古学者が偉いわけでもすごいわけでもない気がするんですよね。

その機材造ったの考古学者じゃないんだもの。

高級な機材を使えるだけの潤沢な資金があるってだけなんだもの( ・Д・)



でも、今回の発見はこの空白地帯を2年間もかけて探査して見つけたものだから、執念を感じますね( -д-)ノ

まぁ実際に2年間かけたのか、発掘調査シーズンとして2期かけたという意味なのか不明ですけどね。

私なら2期もかけないから、やっぱりすごいな~って思います(*^・ェ・)ノ




何はともあれ、

やぱ考古学は資本主義学問!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓祝!登録者数1000人突破!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2024ねん 6がつ 13にち(げつよーび、晴れ)

良く寝ると仕事がよく進む、今年も躍進の年かなヾ(´ω`=´ω`)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya100
↑「しかのこのこのここしたんたん」流行ってるよね!( ・Д・)(「Tiktok」の動画より転載)


今回の考古学・歴史ニュースは縄文人がシカの角で突かれてお亡くなりになったよ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


今回の発見は東京大学所属の院生、教員の研究成果によるものです。


さて、サムネイル画像の「しかのこのこのここしたんたん」は流行ってるし、中毒性あるな~とは思いますが、本記事とはそんなに関係ない!

『シカ』と「角」と『暴力』くらいかな( ・Д・)





さて、日本の歴史で一般的に人気が高いのは、幕末、戦国時代、古墳時代、縄文時代だと思いますが、、、

縄文時代はスピリチュアル?な方々とかにも支持されていて、

『縄文時代のような平和で自然と共生する生活に戻るべき!』みたいなことが発信されることもしばしば。




弥生時代以降は多数対多数の『組織的な戦闘』が行われていた証拠が見つかっていますが、縄文時代はないんですよね。

当然のことですが、そもそも闘争・戦争が行われた弥生時代以降の時代より、縄文時代は古い時代なわけです。

より古いということは考古学的な証拠が少なくなることもままあるわけです。

(逆もまた然りというか、人類活動により消滅する証拠も多々あるわけではありますが( -д-)ノ)



私がやっているような数的理論に基づけば、物事は連続的に変化するはずと仮定できます。

であれば、古墳時代やそれ以降の戦争の規模は大きく、弥生時代は多数対多数で闘っているものの、比較的少数のはずです。

古くなればなるほどどんどん数が減るのであれば、縄文時代にも1対1や少人数同士、1対複数の闘争があるはずなのです。

だから縄文時代だけ絶対的に平和、戦闘死傷者数ゼロなんてありえないと思うわけです。

どうせ人類史なんて、争いの歴史なんだから!( ・Д・)






さて、2枚目の写真や上の写真で分かるように縄文時代に生きた女性の頭骨に穴が開いているのが分かります。

遺跡形成過程や発掘調査で付いた新たな傷というわけではなく、当時何者かに刺突されることで開いたものです。



突くという動作なので槍みたいなものか、ナイフ状のものであり、ハンマーや斧などではないわけです。

当時の利器であれば、黒曜石やチャート製の石器を用いた槍やナイフがありますが、凶器は衝撃痕の特徴からどうやら鹿角(ろっかく)のようです。





おわりに

上の写真が刺突の状況を復元したものでですが、鹿角製の刺突具で頭上よりグサッといってますね。

被害者は女性ですし、動機が怨恨系の殺人事件ですかね?

寝てるとこを上からグサッといったか、もつれ話から背の高い男性が右手でグサッと振り下ろしたか、、、



しかのこのこのここしたんたんのように鹿少女でなくとも、動物としての鹿そのものと縄文時代女性が頭突き合戦した結果敗れたとしたら、、、、

さすがにそういった事故ではなく、やはり他殺の線が色濃いでしょうね(*・ω・)ノ




何はともあれ、

アニメ見るかな!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓祝!登録者数1000人突破!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2024ねん 6がつ 8にち(どよーび、晴れ)

ね、ねむい……(≡ω≡.)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



arukemaya097




さて、「研究者日記(?)」です。


一つ目は『ダーツ』の練習始めたよ~ってお話です( -д-)ノ



休みとか空き時間はなんかずっと研究してるから息抜き?必要かなって思って、

3日前くらいから始めました。



博士課程時代にダーツチーム作ってて、プロ試験も受けたことあるくらいにやりこんでましたが、もう投げれませんね(笑)

当時は1日8時間とか投げ込んでましたもの

研究もせずに( ・Д・)



今はフォームとかいろいろいじったので、本当に心機一転始めた~って感じです。

テーマはおじいちゃんになっても投げられるくらい「身体に負担のかからないフォーム」ですヾ(´ω`=´ω`)ノ

もう昔みたいに前傾したり、片足に体重思いっきり乗っけたりしません!

つらいので( ・Д・)



で、毎朝30分程度投げてフォーム固めて、休みの度にダーツバーでカウントアップやって、、、

今月はゆる~くMAX300スタートで、毎月MAX100ずつ上げていきたいと思います。

東京のプロ試験が11月だっけかな

毎月100UPだと10月末でカウントアップの最高点700点にしか届かないので、、、まぁ試験受けるとしても来年だな~って感じです( -д-)ノ



プロになったら誰かスポンサーになってね!

ってかダーツのスポンサーになるくらいなら、発掘調査のスポンサーになって欲しいわ!( ・Д・)







二つ目はチャリ通始めましたよ!ってお話です( -д-)ノ


これは定期券の期限と給料日を合わせるための調整として少しの間、チャリ通勤しようかと思ってて、

で、今日初出勤したら、道に迷って2時間かかった( ・Д・)



で、今、休憩中なのですが死んでます(_´Д`) アイーン

なので、考古学・歴史ニュースを書く気力がないから、雑談にしているのです。

まぁその内、慣れるだろうけれど、暫くはつらいヽ(TдT)ノ




慣れたらきっと片道1時間半くらい。

10時間拘束(時に11時間)+チャリで3時間+7時間睡眠(1h削ってみた)で残り4時間!

1時間が食事やお風呂で、ダーツ30分と筋トレ30分で、、、



1日2時間は研究系の仕事できる!!!( ・Д・)



arukemaya099
↑数式のイメージ


最後に、研究の方はあんま進んでないですね。

ってか今月入ってまだ1週間だしね( ・Д・)




学術ハラスメントの件に再度終止符を打つ作業して、助成金報告書1本書いて、公募の書類4件出して、簡易分析&論文1本(日本語)の集成、通常分析&論文1本執筆(スペイン語)してからの、、、

研究なんですよね~( ・Д・)

これに加えて、ブログとyoutube用のオリジナル動画作成が加わるから、

今月ももれなく死亡な感じ。




今月の研究は平安時代から江戸時代までの給与・米とか布の価格データの打ち込みだけで終わりそうな悪寒( ・Д・)

まぁしゃーなし

きっと来月は少し楽になるはず。




……しかしながら昨晩いいことあったので、


今月も頑張りますか~い!( ・Д・)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2024ねん 6がつ 7にち(きんよーび、晴れ)

あとでお昼寝が必要だ( -д-)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今回の考古学・歴史ニュースは明智光秀が造った城の一部が見つかったよ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


今回の舞台は滋賀県、大津市の坂本城址です。

この坂本城はかの有名な比叡山の焼き討ちの後、1571年に明智光秀により築造されました。

織田信長が築造した安土城に次いで天下第2の城と評されるほどの豪壮華麗なものであったと伝えられています。



しかしながら1586年豊臣秀吉の命により坂本城は廃城になり、石垣等の資材は大津城築城に使用されました。

そのため歴史情報だけが残り、考古学的な遺構としはほぼ残っていない状況なのです。



上に挙げた復元図のように、坂本城は「水城」であり、水路で隔てられつつ、最右手の本丸、二の丸、三の丸で構成されています。



arukemaya094



今回見つかったのは三の丸の一部です。

三の丸の地点は現在そのほとんどが住宅の下にあり、一部は田畑の下にあります。

宅地開発に伴って事前調査したところ、上に挙げたような石垣と外堀が見つかったのです(*・ω・)ノ

それにしてもかなりの残りの良さですよねΣ(・ω・ノ)ノ



下の写真を見るとよくわかるように石組も綺麗に残っています。

長さは30m、高さは高いところで1m程度です。



宅地開発を行う予定であった地元の会社「三王不動産流通」は開発中止を決定し、更に遺跡の国史跡指定に向け相互協力する覚書を締結しました。

本島に素晴らしい会社ですよねヾ(´ω`=´ω`)ノ







おわりに

文化財保護って大事ですよね。

失われたらもう後からは何もできないのだから。



今回開発をストップした「三王不動産流通」は本当に凄い、偉い!と思うけれど、、、

基本的に大体ぶっ壊すもんね。


↑こんな悪どい人もいる( ・Д・)

↓他方でこんな神もいる( ・Д・)



上の事例が本当にヒドイやつですね。

下の記事は本当に素晴らしい。

お金に余裕あったら工事して、こうした地下博物館で一杯の世の中になったらいいのにね。



野外は野外でいいのだけれど、今回の宅地建設も自分たちの地下にプチ博物館あったら素敵じゃない?(。・ω・)ノ゙



何はともあれ、

やぱ世の中、金だな!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓祝!登録者数1000人突破!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2024ねん 6がつ 3にち(げつよーび、どしゃ降りの雨)

仕事がよく進むのだが抱えてる量がヤバいヾ(´ω`=´ω`)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




今回の考古学・歴史ニュースはやっぱ古代でも王様はイイモノ食べてるよね!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


最近、様々な財(自動車とか腕時計とか、米、塩、醤油、日本酒など)の価格をデータ化してる管理人ですが、、、

『食べ物』いいよね!

お肉類とか魚類とかもデータ化したいもの(・∀・)つ

そんなこんなで『食べ物の歴史』も面白いなと思ってる今日のこの頃で紹介するのが、、、



2000年前の中国王の食事についてです。

今回の舞台は中国、安徽省 淮南市にある武王墩墓です。



中国の戦国時代(BCE500/400-BCE221)の後期、楚の国の王の墓が武王墩墓です。

楚の葬送儀礼の最高峰である「九室式楚墓」(主墓の周りに八つの側室がある構造)が明確に整っている墓の唯一の事例として有名です。




そんな王様の食事ですからやはり内容もすごいのです(*・ω・)ノ

世界的に見て、死後の世界のために食べ物を副葬する習慣は広く見られます。

古代の楚でも同様であったようでたくさんの青銅器製の容器に様々な食事が盛り付けられていたようです。



容器の内面に残る骨や種子などの動物依存体や植物依存体の同定、そして残滓に対して理化学分析を行うことで何が盛り付けられていたのかが分かるのです。

今回のケースで同定された品目は黄牛(アカウシ)、豚、犬、瓢箪、マクワウリ、梅、粟、キビ、水稲、花椒(カショウ)の実、ゼニアオイ、中国の伝統的薬用植物の呉茱萸(ゴシュユ)などです。

多用な肉類だけではなく、貴重な香辛料まで入ってる辺りがやはり王様ですね。





青銅器製容器に入った残滓の組み合わせから分かったメニューは、牛ステーキ肉の煮込み、肉と野菜を添えた栗焼肉、瓢箪とキジの生姜・梅煮込みだそうです。

現代でも美味しそうなメニューですよね(*^・ェ・)






arukemaya093



おわりに

多層的冪分布構造論やりつつ、その中で「食べ物の人類史」やりたいです、安西先生・・・・・(古いか( ・Д・))

私の理論の主柱は財の不均衡社会分布ですけど、そのまんまだとつまらんもんね、きっと。

食べ物だったら日本人は特に興味ありそう!きっと!




今回のケースでも上流階級の人がイイもの食べてるのは間違いないことが確認できたし、いけるいける。

とりあえず「食べ物の人類史 古代マヤ文明ver.」から始めていきたいと思います。

ここの記事やyoutubeで紹介するので&のんびりやるので、気長に待ってくださいな( -д-)ノ




何はともあれ、

おなかすいた!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓祝!登録者数1000人突破!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2024ねん 6がつ 2にち(にちよーび、めちゃ雨)

仕事進んでる、えらい( ・Д・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




今回の(考古学・歴史)ニュースは最近頑張れてない?( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


4月はまたサボったけども、5月後半は書いてるんですよ。

9本!

久々に書いてるでしょ?

短いやつばかりだから考古学の専門としての知識盛り込み不足で本当にただのニュースになってますけどね( -д-)ノ



で、なんで書けてるかというと、、、

4月後半から5月20日まで締切のあった論文とか2本に追われていて何もできずにいたのですが、その後、仕事中の休憩1時間は記事書くことに費やすと決めたんですよ。



内容によっては1日で仕上がらないこともあった気がするけども、まぁこれなら月20本近く書けるでしょ?

ま、たまに休憩ないんですけどね( ・Д・)




そういえばご報告として、Youtubeも収益化達成したので、調査関係動画とか睡眠用動画ばかりじゃなくて、マヤ文明関係とかを含めて考古学ニュース動画作りたいんですけども、

まぁこれは休みの日にやるしかない!


平日(?;働く日)の1~3時間しかない自由時間は全部研究関係の仕事ににぶちこんでいますからね( ・Д・)



ってことで、とりあえず定期報告として表を提示していきますね!



2024年5月末表

表1.2024年5月までの各属性の変化



特別書くことはないですね。。。

ただただサボったって事実があるのみ!(*^・ェ・)ノ




さて、グラフ表示で見てみると、、、



2024年5月末グラフ
図1.2024年5月までの各属性の変化



昨年末からサボりまくった時期は分かり易く全体的に下がっていて、

5月頑張った分は分かり易く成果が出ていますね。

こういうのは嬉しい!


モチベぶち上げて6月も頑張っていきます(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!








↑こちらもちゃっかり宣伝。。。今はズブの素人だけど、たくさんやってれば上手になるかな?( ・Д・)



おわりに


なんだかんだ忙しい毎日を過ごしていますが、、、

まぁでも365日、丸1日ずっと研究だけしてればよかった特別研究員時代よりも、時間が大幅に制限されているせいで、時間を大切にしている気がします。



休みなさ過ぎなので月1ペースで心と体にガタきますが、その調整だけしっかりやれば意外となんとか一般職と研究活動の両立は可能かも知れません。


・・・しゃーなしなので、当サイトの記事も、Youtubeのオリジナル動画も研究活動も生業もぼちぼち頑張っていきます!ヾ(´ω`=´ω`)ノ




何はともあれ、


さすがに海外調査には行けないけどね!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓祝!登録者数、1000人達成!!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2024ねん 5がつ 31にち(きんよーび、台風から晴れ)

ポジティブに考えると世界で一番焼き鳥を上手に焼ける考古学者である( ・Д・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今回の考古学・歴史ニュースは中世の山寺に続く道路の跡が見つかったよ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


今回の舞台は滋賀県、近江八幡市の阿弥陀寺遺跡です。

阿弥陀寺は平安時代前期に麓の大嶋・奥津嶋神社の神宮寺として創建され、中世には天台宗寺院として栄えたとされています。

しかし16世紀前半以降の記録がなく、現在の姿も江戸時代末期に再建されたものだそうです。

ということで中世の当時の様子は全然分かっていないのです。




上に挙げた写真からすると、石ばっかりの山道に見えますよね。

私には道の悪い山道にしか見えない( -д-)ノ





考古学って扱う時期が変わると掘り方・調査の仕方が変わると聞いていて、重機使っちゃうような調査もあるそうです。

マヤ文明遺跡で重機使ったら間違いなく戦犯ですね。

日本でも縄文、弥生とか古代系で重機使うことはないですね。




上に挙げた写真を見ると、こんな掘り方するんだなーって思っちゃいますが、、、

左右に排水のための側溝があります

写真の撮り方の問題で、右側の側溝が比較的分かり易く映ってるかなと思います。

(調査員を基準に、二人分右の位置にあります)




先ほどは一般語として石と書きましたが、考古学的にはレキ(礫)ですね。

このレキが一見散乱しているように見えますが、側溝を組んでいるだけではなく、調査員の立っている位置から上方にかけて階段状のレキ集中遺構が見られる、気がします( -д-)ノ

↑情報ないので気のせいかも( ・Д・)





おわりに

道路遺構だけではなく、当時の遺物ももちろん出ています。

じゃないと時期が分かりませんからね(´・ω・`)



私は最近、古代から現代まで全部の歴史を繋ぐという、全人類史全部繋いじゃう研究をやってて、中世とかの生活史も勉強し始めたところです。

考古サイドからすると歴史時代は文章記録が豊富だからどうせ色々分かってるんでしょと思っちゃうんですが、実際にはなかなかよく分からないことが多いようです。

今回の発見は、そうした状況において、中世日本のこうした山寺に住んでいた人々の当時の生活や、当時の道路工事技術を知る上で重要な発見なのです。



何はともあれ、

やぱただの山道に見えるぅ!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数1000人突破!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2024ねん 5がつ 31にち(きんよーび、くもり後台風)

やや寝不足だが研究が進んだ1日であったヾ(´ω`=´ω`)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今回の考古学・歴史ニュースはベスビオ火山の噴火の被害範囲は広かったよ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


これまでポンペイについては色々取り上げてきて、そしてヘルクラネウムについても何回か取り上げてきました。


↓一番新しい記事(*・ω・)ノ

↑ポンペイは検索してちょーだい!(*^・ェ・)ノ



なので皆さんもベスビオ火山の噴火でやられたのがポンペイだけじゃないことは既にご存じかと思います。

タイトルにポンペイだけじゃなかったって書いたのはインパクトのためなので悪しからず( -д-)ノ



ということで今回は東京大学の調査成果に関してですが、私自身、東大がイタリアを掘ってるのを知りませんでした。




上にに挙げた写真は発掘区のものですが、さすがに潤沢な研究資金で調査してるんだろうなって思うような大きな調査区です。


広い範囲を深く掘る時は写真にあるように階段のように落としていく(掘っていくの意)のですが、この現場はかなりの土量を上げてると思います。

重機使うのかな?

どれくらい時間かかるものなのか、興味は尽きないですね(*・ω・)ノ




さて、東京大学のチームは古代ローマ時代の別荘を掘っていて、初代皇帝の別荘である可能性が浮上していました。


それだけでも大きな発見ですが、この区域から軽石などの火山噴出物が多量に見つかったのです。

上の写真を見ても確かに上から三段目の壁がやけに灰色がかっていて、堆積した降灰の層なのかなって気がします。

炭素年代測定法で年代測定をしてみたところ、どうやら見つかった火山噴出物はCE79年のベスビオ火山の噴火時のものらしいということが分かりました。




何が新発見かというと、これまでベスビオ火山の噴火は南部地域に甚大な被害が出て、特にポンペイやヘルクラネウムが大変なことになったと考えられてきました。

ところが東大の調査した別荘はベスビオ火山の北側に位置しているのです。

どうやら北側にも十分な被害が出ていたようなのです( -д-)ノ




なんだ、そんな発見かと思うかもしれませんが、大事な発見なのです。

調査が広範に及べば、ハザードマップというか被害マップを作れるかも知れませんね(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

↑個人的には面白いと思う( ・Д・)




おわりに

上の写真、スケールちっちゃいし、方位は手書き?っぽうやつだし、何だか可愛らしさを感じます。

天下の東大の調査チームとは言え、多額の研究費つぎ込んでるわけじゃないのかも知れませんね。


何はともあれ、

海外調査は金がかかる!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2024ねん 5がつ 27にち(げつよーび、くもり)

明日はほぼほぼ寝ないで研究だな(*^・ェ・)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今回の考古学・歴史ニュースは「古代ローマの立派な浴場に水入れて文化遺産活用してみたよ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


今回の舞台はイタリア、ローマ市のカラカラ浴場です。

古代ローマの浴場跡はけっこう残っていて、遺跡公園化・観光地化されている場所も多いです。

そのような中でも規模の大きな遺跡がカラカラ浴場です。




イタリアの文化省は同遺跡の活用を目的に、遺跡内のロ・スペッキオ(鏡の意)と呼ばれる巨大なプールに水を入れました。




こんな感じにプールに大量の水を入れたわけです。

「鏡」って意味だけあって、水面に遺跡が映って美しさが増してる気がしますね(*・ω・)ノ




水って汚れるし、管理が大変そうだけれどそこは言わない約束です。

まぁ観光地として収益が増えれば維持費の問題は解決するのでしょう!





arukemaya082
arukemaya083



おわりに

上に挙げた写真は水面に霧のようなモヤがかかった状態で更に幻想的な様子が伺えます。

ただ単に水を入れたわけではなく、ジェット水流とスポットライトを配備することで幻想的な様相を意図的に作り上げているそうです。

イメージとしては当時の浴場の湯煙を再現しようとしたとのことです。



その他にもプールの周りには緑の芝生が茂っていて、遺跡の茶色、芝生の緑、プールの青と色彩も考慮に入れられています。

また噴水の設備も設けています。



更には水面に舞台を設けて、演劇やダンス、音楽コンサートを開催する試みがあるとのこと。

さすがヨーロッパは文化財の活用方法が素敵ですね。



日本はとことんお金出さないから遺跡公園は基本的に放置状態ですよね(おかげで緑は豊か)。

活用せよ!と口は出すがお金は出さない、日本が誇る「文句あるか省」も少しは見習った方がいいと思います( ・Д・)




何はともあれ、

国よ、税金取ることばかり考えんな!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2024ねん 5がつ 25にち(どよーび、晴れ)

時間の制約がキツ過ぎると程良く頑張るって難しいね( -д-)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今回の考古学・歴史ニュースは最新技術でプラトンの墓が見つかるかも!?( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


さて、今回の舞台はイタリア、ヘルクラネウムです!

ヘルクラネウムと言えば、西暦79年のヴェスヴィオ火山の噴火により壊滅した都市としてポンペイと並んで有名な世界遺産の遺跡公園です。

ポンペイはこれまでにたくさん扱ってきましたが、ヘルクラネウムについても記事がいくつかあるので挙げておきますね(*^・ェ・)ノ












さて、このヘルクラネウムで見つかった火山噴火の影響を受けて丸焦げになった巻物がありまして、今回のお話は最新科学技術によってその中身が少し読めたよ!ってことなのです(。・ω・)ノ゙

そして解読内容に出てくるのが、あの哲学者のプラトンです。

紀元前427~347年に活躍した哲学者で、師匠はソクラテス、弟子がアリストテレスとして有名で、歴史や倫理の教科書などでも頻出の人物です。




そんなすごいプラトンですが、実は奴隷として売られてしまったと考えられています。

これまではプラトンはシチリア島滞在中の紀元前387年に売られ奴隷の身になったと考えられてきました。

今回解読できた文章では紀元前399~404年頃に奴隷として売られた状況についての情報が記載されていたそうです。








焼け焦げた巻物の文章は欠損も多く、普通には読めない状態にあります。

そこで同時代の文章をAIに学習させて欠損部を予測で埋めるという手法で解読しています。

これ、まさにマヤ文字でもやりたいなと思ってた手法なので個人的にはとても面白い研究だと思っています。




ところで、プラトンのお墓の位置ってミステリーなんだそうです。

どこに埋葬されたか分からず、これまでは学園内のどこかという曖昧な情報のみだったのです。

ところが今回の解読内容ではどうやらアテネの学園「アカデメイア」内に設けられた詩神の祭壇付近の秘密の庭にプラトンが埋葬されたらしいのです。

この学園は紀元前86年にローマの将軍スラによって破壊されましたが、まぁ恐らくは地上の上部構造だけでしょうから『プラトンの墓発見!』なんて日がやってきてもおかしくないですね!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!




arukemaya078
↑アトランティスっぽい絵( ・Д・)


おわりに

プラトンと言えば哲学者ですけれど、アトランティス伝説でも有名ですよね。

彼が書いた「ティマイオス」と「クリティアス」、洪水で一夜にして沈んだアトランティスの様子が描かれています。




実は私は昔、アトランティスに憧れていて、ヨーロッパ研究やりたいなぁって思ってたんですよね。

まぁさすがに現代文明を凌ぐほどの所謂「超古代文明」だったとは思っていないですが、

プラトンによる完全な架空の産物と考えるよりはモチーフがあったと考えた方が浪漫があるかな~ってな考え方をしていました。




まぁ実際に浪漫はある、というか浪漫しかない!

今行っている考古学の社会科学化を目指す全人類史対象の研究の中で、いつかヨーロッパも研究できるといいな~なんて思いますね。


何はともあれ、

オリハルコン見つけたいね!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人突破!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ