にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

お金にならない考古学をお金にしよう╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ ! 考古学・歴史ニュースの決定版╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

2018ねん 7がつ 26にち(もくよーび、晴れ)

天気いいね!暑い割に最近元気!

食欲はもっぱら冷たい麺類だけども!

あ、たくさんあったはずのそーめんを食べ切った!( ・Д・)

よし、次はひやむぎだぁ~!!!( -д-)ノ


・・・・・・・・・・・・


  1. 秦野市菩提で発見された重要文化財クラスの土偶
  2. 神奈川県で見られる3つの事例
  3. 土偶とバラバラ殺人的神話
  4. おわりに

1.秦野市菩提で発見された重要文化財クラスの土偶

今回紹介するのは、神奈川県、秦野市菩提(はだのし ぼだい)にある菩提横手遺跡から出土した土偶です。帰属年代は縄文時代後期と推測されています。

新東名高速道路建設に伴う発掘調査によって、約3500年前に相当する縄文時代後期の住居址の覆土からこの土偶が出土しました。

この土偶は、頭部から胴体と腰、脚のそれぞれの部分がやや離れた場所で出土しました。左腕部と左脚部の一部が失われていましたが、全体の形状が分かる形に復元することができました。

復元された土偶は全高約25cm、最大幅は推定約12cmです。胴部と脚部の中が空洞で、浮文と沈線文、縄文による装飾が見られます。

さて、何故この土偶が国指定の重要文化財クラスとされるような高い評価を受けたのでしょうか?理由は大きく以下の3点です。

  1. 大型で自立する形態であること
  2. 内部が空洞の中空土偶であること
  3. ほぼ完形品であること
こういった事例は神奈川県内では3例目なのですが、各パーツを接合することでほぼ完全な姿まで復元できたのはこの一例だけなのです。完形資料であることが最も重要な要件なのです!(*・ω・)ノ


2.神奈川県で見られる3つの事例
神奈川の中空土偶
↑神奈川県出土の大型自立中空土偶群(a: 秦野市 菩提横手遺跡出土、b:綾瀬市 上土棚南遺跡出土、c:平塚市 王子ノ台遺跡出土; 管理人theDANGOsan作成)

上の3例が神奈川県で出土した大型で自立する中空土偶になります。内部が空洞になっているのが「中空土偶」で、土偶は人や精霊を模したと考えられる縄文時代の土製品で、祭祀や呪術に用いられたと推定されています。

今回出土した中空土偶(a)は筒形の胴部に怒り肩、外向きに腕が付き、乳房を表現したと考えられる2つのこぶがあります。乳房の表現は他の2例(b,c)にも共通することが見て取れると思います。

怒り肩で外向きに腕が付くという腕の形態や全体性として、aとbは類似性が強く感じられますね。一方でcは作りが特異ですね。またcでは両脚が失われているのに「自立する土偶」という判定がよく分かりませんが、きっと割れ口に大型の脚が付いていた痕跡が認められるのでしょう。あるいはこの時期の大型土偶は全て自立できるくらい脚が大型である特徴を有するのでしょう。


3.土偶とバラバラ殺人的神話

さて、今回出土した土偶ってバラバラの破片をくっつけたわけですが、土偶って多くの場合、バラバラに出土する傾向があります。

山梨県釈迦堂遺跡で出土した縄文中期の土偶片は1000点以上になりますし、岩手県立石遺跡の土偶も188点の破片として出土しています(個体数は分かりません!きっとたくさん!( -д-)ノ)。

長野県茅野市の中ッ原遺跡では完形土偶も出土していますが、基本的に土偶の多くは壊れた状態で出土しており、わざと壊すことで災厄を土偶に転嫁するような儀礼的行為の結果だと考えられています。

つまり一説として土偶は魔除けの儀礼として意図的に破壊された可能性があるわけです。一方で他の説として、食物の起源と豊穣の神話に由来する儀礼行為という解釈があります。

日本には古事記、日本書紀において食物の起源に関する神話が記載されています。ここで紹介するのは古事記の記述です。


古事記においては、岩戸隠れの後に高天原を追放された速須佐之男命(スサノオノミコト)が、食物神である大気都比売神(オオゲツヒメノカミ)に食物を求めた話があります。


大気都比売は、鼻や口、尻から様々な食材を取り出して調理して須佐之男命に差し出したそうです。しかし、その様子を覗き見た須佐之男命は食物を汚して差し出したと思って、大気都比売を殺してしまいます。


結果、大気都比売の屍体から様々な食物の種などが生まれ、頭に蚕、目に稲、耳に粟、鼻に小豆、陰部に麦、尻に大豆が生じました。神皇産霊尊(カミムスビ)はこれらを取って五穀の種としたそうです(wikiより参考・引用)。


以上がハイヌウェレ型神話に分類される日本の食物起源神話のひとつなのです。ハイヌウェレ型神話とは、世界各地に見られる食物起源に関する神話の一型式ので、殺された神の死体から作物が生まれたとするものです。

オリジナルのヴェマーレ族のハイヌウェレの神話では、ココヤシの花から生まれたハイヌウェレという少女は、様々な宝物を大便として排出することができました。

あるとき、踊りを舞いながらその宝物を村人に配ったところ、村人たちは気味悪がって彼女を生き埋めにして殺してしまいます。ハイヌウェレの父親は、掘り出した死体を切り刻んであちこちに埋めると、彼女の死体からは様々な種類の芋が発生し、人々の主食となったという神話です。

この女神を殺してバラバラにすることが食物の起源となるタイプの神話は世界各地に見られ、日本で土偶がバラバラで見つかることも、このタイプの神話に由来した豊穣を願う行為の現れなのかも知れませんね。


4.おわりに

ちょいと話は変わって、今回発見された土偶って斜め上を向いていますよね。土偶って世界的にやや上向きである傾向も見られるのです。

古来より月には神秘的なパワーが宿ると考えられていたようで、そうした「月の雫」を飲み込むために土偶は上向きに作られているとする説もあるのです。

考古学的な現象や神話体系が世界各地で似通っている事例ってけっこうあるのですが、面白いなぁと思います。現在世界は細やかに分裂し対立し合っていますが、やはり人間ってなんだかんだ似たようなことを考えるものなのかも知れませんね。人類皆兄弟!?……仲良くいきたいものです( -д-)ノ


↓押す度に、バラバラだった考古・歴史好きな人の魂が集まっていく……はずです( -д-)ノ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018ねん 7がつ 25にち(すいよーび、晴れ)

昨日は元気いっぱいに働いた。

今日はそうでもない。

暑いのだ。

さて、陽も落ちてきてやや涼しくなってきたことだし、

頑張りますかーい!(。・ω・)ノ゙

・・・・・・・・・・・・

a198

今回紹介するのは、16世紀に北米大陸で起こった集団失踪についてです。「ロアノーク島集団失踪事件」として有名なものです。一種の神話的な存在として現在まで400年もの間語り継がれ、現在でもロアノーク島では屋外劇場の演し物として多くの観光客を集めています。

劇のタイトルは『失われた植民地』、アメリカで2番目に長く続いている劇です。そしてこの一大ミステリーを、今世紀に入っても尚、多くの考古学者、歴史家、科学者らが解決しようと試みています。

a200



上に挙げた2枚の地図から分かるように、舞台は現在のアメリカ合衆国、ノースカロライナ州にあるロアノーク島です。ちっちゃい島です。近くにアリゲーターって名前の土地や、アリゲーター川とかあって、なんだか当時は恐ろしい川だったんだろうなぁって思います。

最初に挙げた古い地図を見てみると、ロアノーク島周辺の内海は静かな様子で漁業を営んでいる状況が表現されている一方で、外海は波が激しく、沈んだ船が複数描かれています。

・・・・・・・・・・・・

さて、英国人であるウォルター・ローリーは1584年にエリザベス1世より北米大陸に植民地を築く特許を与えられました。そして翌年1585年と1587年に彼は北米大陸で最初の人開拓地を設立しました。この内の一つであり、重要な拠点であったのがロアノーク植民地だったのです。

このロアノーク植民地の指揮官であるジョン・ホワイト総督は1585年から3年間、自ら率先して開拓に励んでいたものの、重大な食糧危機に遭います。そこでホワイト総督は一度英国に帰還し、物資の補給を行うことにしました。これが1587年です。

この時点で、男性90名、女性17名、子供9名の合計115名(先住民との争いにより1名死亡)が暮らしていました(なんだかバランスがひどく悪いですけどもΣ(・ω・ノ)ノ)。ホワイトは総督は必要物資を積み次第すぐに戻るつもりだったが、スペインとの戦争が勃発したため、帰還が遅れていました。

結局ホワイト総督がロアノーク島に帰ったのは3年後の1590年8月の夕方でした。英国船ホープウェル号から見えたのは、ロアノーク島から上る一筋の煙でした。船上にいたホワイト総督は入植地にまだ誰かいて、私たちの帰りを待っていてくれたと思ったそうです。

ところがホワイト総督らが上陸してみると誰もやってきませんでした。入植地内にも誰もおらず、代わりに木に刻まれた文字を見つけました。それは事前に決めていた約束事で、万が一「島を去るときには行き先を木か柱に刻んでいく」、さらに「緊急事態の場合には十字も彫っていく」というものでした。

 

「十字」など災難を意味するものは見つからなかったけれど、「CRO」刻まれた木と「CROATOAN」と刻まれた防御柵の一部の柱を見つけました。この防御柵はホワイトが発った3年前にはなかったものだったそうで、入植者たちが敵の襲来に備えていた可能性が指摘されています。


a199
↑樹に刻まれた「CROATOAN」の文字を発見した英国人たち(「NAVERまとめ」の記事内画像より転載)

ホワイト総督は物資と、植民地事業主であるウォルター・ローリーの意向によって、115名の入植者を捜索することができませんでした。そうして「失われた植民地」、「消えた115名」はひとつの歴史ミステリーとして400年もの間語り継がれてきたのです。


さて、クロアトアン(CROATOAN)とは、ロアノーク島の南にある細長い島と、そこに住む先住民の両方を指すとのことです。クロアトアン族はカロライナ・アルゴンキン語を話し、英国からの入植者と良好な関係を築いていたようです。


この「ロアノーク島の南にある細長い島(クロアトアン島)」というのが曲者で現在の地図上では確認できませんでした。地名が異なるんですよね。なので古地図を紹介している画像あったので紹介します。


真ん中あたりに「人物」が描かれていて、その下に「クロアトン(Croaton Land)」って書いてますよね。あと左下に「クロアトアン(Croatoan)」と「クロアトアン村(Croatoan Villages)」って書いてますね。この後者の方が実際にロアノーク島の南に位置する細長い島なので、クロアトアン島なのでしょう。

しかしながら「CRO」の謎と、私が思うに似た地名の「クロアトン(Croaton Land)」が気になります。このクロアトンは現在の「アリゲーターリバー国立野生動物保護区」になっていて、半島状の地形の台地です(途中に挙げたグーグルマップを参照下さい)。

・・・・・・・・・・・・

このロアノーク島のミステリーは様々な人々によってその答えを、消えた彼らの行方を探求されてきたわけですが、2011年にノースカロライナ大学の経済学の教授が(彼はこのミステリーが幼少期から大好きだった)、ホワイトが描いた地図の復刻版を眺めていて2カ所に小さな紙片が原画の上から貼られていることに気付きました。

 

彼は大英博物館に要請し、原画に光を当ててみたところ、「砦を意味する星形」が1カ所の紙片の下から浮かび上がってきたのです!


意外だったのはその場所であり、ロアノーク島やクロアトアン島ではなく、80キロほど離れたアルベマール湾の西端に面する陸地でした。実際にホワイト総督の記述の中に、入植者たちがロアノーク島から西に約80キロ離れた本土に移転を計画していたというものがあり、これが地図の星の位置と一致するのです。


さらに紙片を詳しく調べると、尿をインク代わりにして描いたのか砦の輪郭がほとんど見えないほどの薄さで描かれていることが判明しました。つまり紙片は何らかの誤りを修正するというより、知られてはいけないことを隠す意図で貼られた可能性が指摘されています。


この砦の地点、「サイトX」の調査は近年開始されたとのことで、新しい発見に期待できそうです!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!


roanoke-1
↑ホワイトの古地図に貼られた紙片とその下部に隠された砦を意味する星形状マーク(「UBIQUE」の記事内画像より転載)


a203
↑現在の地図で見た各ポイントの位置関係(「Google マップ」の該当位置の画像を一部加工)

さて、どうでしょう。古地図の段階と現在の地図はかなり変わってますよね。方角を揃えたとしても、かなりの認識差があることが分かります。

右の赤ポイントがロアノーク島で、本当の「クロアトアン島」は南にありまして、この図には載っていません。ロアノーク島の左の紫丸部分が「クロアトン・ランド」と記載されていたもので、現在は太いアリゲーター川によって半島状に見えますけど、古地図の段階では本土として捉えられていたようですよね。

左のオレンジ丸部分が「砦」の位置になります。こう見てみると、木に刻まれた「CROATOAN」ってミスなんじゃないかなって思いますけどね。本土の「COROATON」に行くつもりで書いたけど、似過ぎててミスしたのかなって……あっちの人のスペルって母国語なのにめちゃくちゃだしあり得るかなって……入植者たちって裕福な家庭でもないですし、教養レベルは低いと思われますし( ・Д・)

ただ古地図段階での実際の地理に対して認識差がかなりあります。100人以上を乗せる船あるいはたくさんの船があったようにも思えないし、陸路だときっと道に迷う上に先住民の方々とのバトルもあるでしょう。果たして無事に辿り着き、砦を造ることができたのでしょうか。

できたなら、もっと早くにその痕跡が見つかっていてもいいようなものだと思いますけど、まぁ調査に期待しましょう!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

あ、ちなみに1998年に、「クロアトアン島(本当の方)」で発掘調査があって、当時の指輪や金貨が見つかったそうです。その内の指輪は検証の結果、入植者の一人、マスター・ケンドールの所有物だった可能性が高いと結論づけたのです。

この指輪の出土状況が不明なのが問題なんですけども、彼がそこで死んだのか、どこかで殺された何かで物品だけ持ち込まれたのか、よく分かりません。入植者1人が、先住民との争いで殺害されるという事件もあったそうですから、基本的に良好な関係を築いていたとは言え、本当に安全だったわけではないのでしょう。

さて、食糧難の中、115名という多くの人が遥か遠くまで砦を造りに行ったのでしょうか。ほんとにどこに行ってしまったのでしょうね~(´・ω・`) 久々に心からワクワクするストーリーで、今後の展開が本当に楽しみです(。・ω・)ノ゙

↓ここを押しても消えたりしませんよ、だから押してみなさいよ( ・Д・)↓
↓あ、フォロワーさん消えるのナシね!!!ヽ(TдT)ノ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018ねん 7がつ 24にち(かよーび、晴れ)

いい天気である。

綺麗な青空を見るは何日ぶりだろうか。

だがこうなると、蒸し暑さではなく、ふつーに暑い!

結果、やはり、そーめんばっか食べておる( ・Д・)

・・・・・・・・・・・・

今回のタイトルで使用した「指輪物語」とは、J・R・R・トールキンの『指輪物語』のことです。2001年に映画化されて2003年まで三部作として公開され、日本でもとても話題になった作品だと思います。

さてこの指輪物語に登場するのが「力の指輪」です。全部で20個ある指輪の総称です。魔王みたいな存在のサウロンの持つ指輪が「一つの指輪」、エルフが持つのが「三つの指輪」、ドワーフが持つのが「七つの指輪」、人間の王が持つのが「九つの指輪」で、合計20個になります。

RPGみたいにちょっと力が強くなるというわけではなく、この作品中の「力の指輪」自体は所有者を極めて長寿するといった神秘的な力を有しています。しかし指輪の所有者はサウロンの支配下に陥ってしまうという「呪いの指輪」でもあるんですね。

・・・・・・・・・・・・

さて、ここで本題に入りましょう。ジークムント・フロイト(Sigmund Freud)はユダヤ系のオーストリアの精神医学者で、19世紀後半~20世紀前半に活躍し、精神分析学の創始者と言われています。その弟子であるユングと共に、倫理や世界史の勉強の中で聞いたことがあるかも知れません。

このフロイトは、実は「精神分析学の秘密結社」を結成していたのです! その際に愛弟子たちに授けたという印章指輪の内の6点が、中東エルサレムのイスラエル博物館で開かれる展覧会にて初めて一堂に会し、公開されることになりました。

展覧会の名前は「フロイト・オブ・ザ・リングス(Freud of the Rings)」で、まさにロード・オブ・ザ・リングとかけているわけですね( ・Д・)

フロイトは神経学、心理学、分析精神学の専門ですが、神話学や人類学、考古学にも非常に深い造形を示していたことで知られています。特に世界中の古代文明の遺物を収集しており、彼の膨大な考古学コレクションは現在、ロンドンにあるフロイト博物館で見ることができます。

さて、今回の展覧会の発端は、イスラエル博物館の学芸員助手が、「Freud Nike(フロイト・ニケ)」と書かれた小さな段ボール箱の中から金の指輪1個を見つけたことでした。この辺りも「指輪物語」の最初のシーンを彷彿とさせますよね。

さて、指輪に刻まれた「ニケ」はギリシャの勝利の女神の名です。学芸員らの調査の結果、その指輪はフロイトが弟子のエバ・ローゼンフェルド(Eva Rosenfeld)に贈り、後にローゼンフェルドがイスラエル博物館に寄贈したものだと分かったそうです。

さらなる調査で、フロイトが最も身近に置き後継者とみなしていたスイス生まれの弟子カール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung)と1912年に決別した(ユングはその後、分析心理学を創始する)ことが、このフロイトの「指輪物語」の背景にあると推測できるとのこと。

どういうことかと言うと、最愛弟子であるユングとの関係断絶をきっかけに、フロイトは精神分析学者の秘密結社を設立したのです。そしてフロイトの学説を信奉し、フロイト自身に対しても献身的だった創設メンバー5人に印章指輪を1個ずつ贈ったのだそうです。


指輪にはめ込まれた石はフロイトが世界中から直接収集した膨大な古代遺物から選ばれており、それぞれに神話の主題が彫りこまれているというかなりの作り込みようです。各指輪の刻印は、フロイトの学説の要素と、指輪を贈られた相手とフロイトとの関係を示唆している可能性があるようです。

最終的にフロイトはこのような印章指輪を少なくとも20個は贈っていたようです。贈られた人の中には、フロイトが恩義を感じていた精神分析学者たちや、フロイトが精神分析を行い好意を抱いた人々らも含まれていたのだとか。

さて、J・R・R・トールキンの『指輪物語』でサウロンが造った指輪の数は20個です(サウロンの技術でエルフが造ったものを含む)。そしてサウロンが指輪の所有者を支配下に置いたように、フロイトの印章指輪を受け取った人たちもフロイトを信奉し、献身的だったということで・・・・・・


とまぁ、ほんとに面白い一致だなぁと思います。まぁ全ての指輪が見つかっているわけではありませんので、「少なくとも20個」というあたりがどこまで信憑性があるのかは分かりませんね。展覧会として「指輪物語」にかけてますから、学芸員たちも敢えて「20」という数字を選択している可能性も否めないかな~とも思います( -д-)ノ

↓ここを押すとサウロンの支配下に入るよ~ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ