にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

お金にならない考古学をお金にしよう╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ ! 考古学・歴史ニュースの決定版╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

2018ねん 5がつ 30にち(すいよーび、晴れ)

「忙しい」という言葉は使わないように心掛けている

「充実している」と言うようにしている。

「時間がない」というフレーズも使わないようにしている。

「時間は作るもの」であると思っているからだ。

……しかしながら物理的な限界は超えれないのであった( ・Д・)

・・・・・・・・・・・・

さて今回紹介するのは島根県根県出雲市の京田(きょうでん)遺跡で出土した土器破片についてです。写真を見て分かるように小さな破片なのですが、これが実は大きな発見なのです。

京田遺跡は出雲市の上西湖の南側に位置し、これまでに行われた発掘調査によって縄文時代後期中葉(約3500年前)の集落跡が確認されています。

この遺跡の周辺では他にもいくつかの縄文時代の遺跡が知られていますが、縄文時代の出雲平野における集落・人々の様相については明らかになっていませんでした。

最新の調査によって竪穴建造物址や多量の土器や石器が検出・出土されており、お守りのような土器や水銀朱をすり潰した「磨石(すりいし)」など特殊な出土品も多数見つかりました。どうやら同遺跡はたくさんの人々が居住した大きな集落であったようです。また出土した土器を分析したところ、関東地方(異形土器)や九州地方(西平式土器)といった他の地域から持ち込まれた外来系土器が出土していることが分かりました。

つまり縄文後期に出雲平野で暮らした人々は非常に遠く離れた地域と盛んに交流していた文化的に豊かな地域であったことが分かったのです(。・ω・)ノ゙

これらの外来系の土器の中でも最もユニークなのが写真に挙げた「異形台付土器」です。土器表面に施された曲線的な隆線文の装飾部分の一部が赤くなっているのは、水銀朱で塗られているためです。現在、出雲市の「出雲弥生の森博物館」で公開されています。

写真の土器破片の右側を見てみると、環状の窓のような部分があります。このような変わった形の土器は主に東日本で出土するタイプの特殊な土器とみられ、山陰地方で見つかったのはこれが初めての事例になります。西日本でも出土例はほとんど確認されていない本当に特殊な事例なのです!

さらに調査成果として、人為的に掘った穴に土器を壊して埋め、その上に石を置く「配石土坑」でこの特殊な土器が見つかったことから、祭祀の場で使われた「異形土器」の一種ではないかと推定しているそうです。このような「異形土器」は東日本の事例では中心的な役割を持つ集落から出土することがあるとのことです。


つまり京田遺跡は遠隔地と盛んに交流する、出雲平野における中心的な一大集落だったのかも知れませんね(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

↓ここを押すと更なる興味深い新発見に繋がる可能性があります。可能性は常に捨てきれません(≧ヘ≦) ムゥ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018ねん 5がつ 30にち(すいよーび、晴れ)

お菓子作りは苦手である。

きっちりと分量を守らねばならない。

しかし私はアレンジが好きである。

「プリンの黄金比」とか言われると、

自分で挑戦したくなる。

……結果、プリンが固まらなかったことがあるヽ(TдT)ノ

・・・・・・・・・・・・
a115
↑土偶の形の縄文クッキー(「どぐぽた。」さんの記事内画像より転載)

”縄文×クッキー”といえば、縄文マニアは土器文様を模した「お菓子考古学者ヤミラ」氏の土器片クッキー「ドッキー」を思い浮かべる方も多い…らしい!


ヤミラさん(@yamiramira)自体はTwitterでフォローしているので、それとなく活動は知ってはいたが、「ドッキー」は知りませんでした。名前がすでに可愛いわ!カワ(・∀・)イイ!!


私個人としては「縄文クッキー」というと、埋蔵文化財関係のイベントとかで食べられる縄文時代の食事の再現メニューのイメージでした。クリ、クルミ、ドングリなどの堅果類やヒエ、アワといった穀物

から作るんですけどね、まぁあまり美味しくはないよね!(/TДT)/


ここでの縄文クッキーは材料どうこうではなく「形状」ですね。ヤミラさんの土器片状クッキー「ドッキー」づくりには多少の造形的センスと器用さが必要だそうです。

a117
↑左がクッキー、右が土器片(「クックパッド」より転載)


これが「ドッキー」なんですけども、まぁこんなの日常的に食べてたら、疲労してる時とか間違って土器資料を口に入れてしまいそうですよ!!!ヽ(TдT)ノ


さて新作のsacsacのクッキー型は、生地に型を押すだけで気軽に土偶や縄文土器を再現できるそうです。しかもなんとうっかり割ってしまっても、割れた土偶をアイシングペンで修復すれば、お菓子で修復ごっこが楽しめるのだそうです。発想が凄すぎるわ!「お菓子考古学者」は伊達じゃないですね。

a116
↑アイシングペンでデコレーションしたようです。土偶がコスプレしておる(「どぐぽた。」さんより転載)


あえて割って、チョコシリアルに埋め、発掘ごっこも楽しめるとか。それはやってみたい!子供にもウケるのではないでしょうか。まぁでも土器とか石器とか外で拾えちゃいますからね。誤飲だけは怖いですけど。専門の人は、やはり仕事中のうっかり誤飲が怖い!そんなんで資料破壊の記録が永久に残るなんて嫌だ。公式文書記録:土器破片の損壊、原因:食べたΣ(・ω・ノ)ノ……ネタにしもて辛過ぎる。・゚・(ノД`)


京都府東山区にある実店舗の前には「土偶みくじ」ガチャも設置中で、縄文関連のクッキー型もまだまだ増える予定だそうです。楽しみですね。


またWebサイトでは「Cookie Cutter Museum」を展開しており、縄文シリーズ以外にも古墳や埴輪、国内外の民俗文化歴史を3Dプリンタでクッキー型に起こし、クッキー型でさまざまな”博物”について学べる内容になっています。


レプリカのみ展示する博物館も話題になっている昨今、クッキーのみの博物館も悪くないと思う。食べれるし!(・∀・)つ


↓押してくれぃ!ほいっ!押してくれぃ!ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018ねん 5がつ 26にち(どよーび、晴れ)

今日は眠い!

そのため今日は3回も、

「冷たい水でこじ開けて」みた!!!(・◇・)ゞ

カフェインに頼らないのは健康的かも知れない。

あぁ水が旨い.+.(・∀・)゚+.゚

・・・・・・・・・・・・
a111

【目次】
  1. この船、めちゃくちゃ保存状態がいいよ!
  2. 国際プロジェクトによる色々な発見のお話
  3. ”モノ”で発見するという重要性について
  4. おわりに

1.この船、めちゃくちゃ保存状態がいいよ!
今回紹介するのは黒海で発見された20隻もの古代・中世の船についてです。最も古いものは約2000年前で古代ローマの時代の船だそうです。

この発見の凄さは数もありますが、何といっても保存状態の良さ!上に挙げた画像(古代ローマ船)の
ように、マストはまだ立っていて、舵柄(かじづか;舵を操作するレバー)を備えたクォーター・ラダー(後甲板舵;後ろの方に付けられた”かじ”のこと)がまだ取り付けられたままになっています。

またヤード(帆桁;帆を張るための用材、マストに対して直角になってる長い木の棒!)は落ちて、デッキの上に未だ横たわっています。深海2000mにあるため特殊な無酸素状態下において、ロープすら保存され、船体のフレームにまだ残っています。

2000年経っているのに、この保存状態!すごいですよね。船の構造に全然詳しくない私ですら、上の画像から船の形が容易に想像できますもの.。゚+.(・∀・)゚+.゚

この発見は、国際黒海海洋考古学プロジェクト(Black Sea MAP)によるもので、昨年2017年に3回目となる最終的な調査の中での発見であり、プロジェクトの中で最も重要な発見となりました。

まぁこのように、考古学調査って何故か、もう調査終わる、時間ない!って時に限って重大な何かが見つかるものです。考古学あるあるですね。幸運の女神様もいたずら好きなんですね~( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

さて、この古代船の一群は黒海の中でもブルガリアの海岸近く、水深2000mで発見されました。黒海の水は150メートル(500フィート)以下で無酸素で、木や肉などの有機物を餌とする生物の成長と発育を妨げるそうです。

なので、保存状態がすこぶる良いのですね。水中考古学にとっては最高ですね。水中考古学については別の記事を設けたいと思いますが、一般的にはどうしてもトレジャーハンター感があります。黒海の事例のようにそれほどまでに保存状態もよく、位置も変わってないなら、歴史的な研究だけではなく「本来の」考古学的な分析や理論面との連携について推し進めて欲しいなと私は期待しています。


2.国際プロジェクトによる色々な発見のお話
2015年9月に始まった黒海海洋考古​​学プロジェクト(Black Sea MAP)は、ブルガリア、スウェーデン、アメリカ、ギリシャなど多国籍の大学研究機関が参加した国際的な調査団です。

彼らの発見のひとつは黒海の塩水化の時期についてです。黒海ってそもそも淡水湖だったそうです。従来言われていたのは紀元前6000-5000年に「旧約聖書のノア箱舟の洪水」によって塩水に変わったという説でしたが、実際にはより古い約18,000-12,000年前の最終氷河期の終わりに変化したことが科学的に判明したそうです。

全3回のフィールドシーズンの間に非常に良好な状態で保存された計60隻の難破船を発表し、約2,500年間に渡る黒海における航海伝統の歴史を書けるほどの発見だそうです。

彼らはまた、現代の海底の水深2.5メートル地点において沈没した青銅器時代の居留地を発見し、発掘したとのこと。私としてはこっちの方が面白い!( ・Д・)論文・報告書探してみます。専門じゃないけども……まぁ船も好きなんですけどね。この発掘調査事例だと考古学と水中考古学の対比が素直にできて面白いだろうなと思っています。

また2017年度の調査では古代ローマ船、ビザンチン時代の商船、ヘレニズム時代、オスマン時代の船とかなり古い難破船が発見されています。これらの発見は、最新のロボットレーザースキャニング、音響および写真測量技術を使用してなされたとのことです。これらの一連の発見により、黒海における貿易と交換、戦争とコミュニケーションに関する具体的なパターンの解明が期待されますね。



3.”モノ”で発見するという重要性について
彼らによって発見された船の中には第1ブルガリア帝国(632 / 680-1018年)とブルガリア第2帝国(1185-1396 / 1422年)の時代の船が含まれます。しかし中世のブルガリア帝国のでは14世紀のひとつの事例を除いて、有形の軍艦または商業艦隊を実際に開発したことはなかったことが文字記録により分かっていました。

実際に見つかったブルガリア帝国の船からは、中国で作られたモンゴル(タタール)のモチーフを用いた14世紀のネフライト(魔除けバックル)が発見されたそうです。つまり船舶を購入していたのでしょうか、当該時期には自国で造船していなかったという史実の内容が”モノ”の発見によってより具体的に明らかとなったわけです。

3シーズンの調査によって全部で60種類に及ぶ古代・中世の難破船が発見され、これまで船舶については象徴的な描写や書かれた記述でしか知られていなかったことが多かった中で、これまで見たことのない構造的特徴や装備を有していることが分かったとのことです。

時代が新しければ、船の設計図等の正確な記述や模式図が残っている場合もあるでしょう。しかし記述には残りにくい、装飾や船内の備品といった実際に発見されなければ分からないこともたくさんあるのです。



4.おわりに
水中考古学いいな~!興味ある!近い内に調べて記事にすると約束します!(。・ω・)ノ゙

古代マヤのお話だと、グアテマラ北部ペテン県にあるペテン・イツァ湖に、スペイン人たちがもたらした馬を模倣した石造の馬が沈んでいるという伝説があります。これについても次回触れますかね。透明度あんまりない湖だし、ワニいるから危険だけど、この石の馬見つけたい!リタイアしたらまさに命かけて潜りまくるかな!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

↓彼らは黒海深くまで潜って、隠れた「歴史」に触れました↓
↓記事ページのこんなに深くまで潜ったなら、↓
↓ネットの海に深く埋もれた「このサイト」に光を…ヽ(TдT)ノ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ