2019ねん 2がつ 17にち(にちよーび、曇り)

食べ合わせが悪かったのか……

何とも言えない不快感に襲われるせっかくの週末2日目( ・Д・)


口にしたのは牛乳と油そばである。

けっこう間隔開けたつもりなのにな~!( ・Д・)ア"-!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


arukemaya_0070


さて、今回はふと思ったことを書いてみます。

「歩け、マヤ」では考古学・歴史ニュースだけではなく、大学院生・研究者向けの専門性を活かしたブログ運営の勧めというテーマも扱っていますので、今回はそちらということで( -д-)ノ


今回のテーマは『1万時間の法則をブログ運営で表現するとこうなるよ!』です!




まず、『1万時間の法則』という言葉を聞いたことがある方も多いのかなと思っておりますが、簡単に説明します。


これはマルコム・グラッドウェルというイギリスの新聞記者(現在、雑誌記者)が書いた本で扱われた言葉です。


日本では、天才! 成功する人々の法則 』として翻訳され、2009年に講談社より出版されています。



内容としては音楽でもスポーツでも企業でも何でも、1万時間を注ぎ込んだらその分野で一流になれるというものです。


arukemaya_0071
↑けっこう時間かかるものですね(*・ω・)ノ(「素晴らしき日々を」さんの画像より転載;現在該当ページが閉鎖中)


「継続は力なり」と言いますが、「1万時間の法則」のいい所は、努力次第で何とかなるよ!って背中を押してくれているところですね(*・ω・)ノ


しかしながら「1万時間」とは膨大な時間なもので、上に挙げた表のようにかなりの年数がかかってしまいます。



この先、AI技術が様々な面で活用されていくと予想される中で、AIプログラミングを子供の内から毎日やらせよう!なんて記事もあります。

つまり早く取り組み始めれば、、、例えば幼少期に始めて、且つ継続出来たならば成人する頃には一流になるという寸法です( -д-)ノ


「歩け、マヤ」で勧めているのは、専門性を活かしたブログ運営ですので、その性質上大学生くらいからしか始められないかも知れないというジレンマがあります。


(確かに早いに越したことはないんでしょうね(´・ω・`)

……将来の夢を決めている人は中学生からでも高校生からでも始めてみてはいかがでしょうか?)


・・・・・・・さて、このサイトも気付けば、始めてから1年になるということで、ぼちぼちPV数も増えてきているのですが、この先どうなるのかなという不安もあるわけですね( ・Д・)



なので、仮に「1万時間の法則」を信じて計算してみることにします。

私は昨年100記事を書きましたので、おおよそ3日に1回記事を書いていることになります。

この1回の記事を書くのに、平均2時間かかるとしましょう。


すると、1万時間を記事作成に費やした場合、5000本の記事が書けることになります。


年数に直すと、50年!( ・Д・)



どうやら一流になる前に寿命が尽きそうですね( ̄▽ ̄;)!!ガーン


実際には記事を書く他にもブログ運営をする上でやっていることはあるのですが、コンスタントに時間を割かなければならないわけではないので、数量化することができていません。



その他の具体的な作業内容は、

①ブログ開始するのに使う時間(アドセンス登録やドメイン取得も含めて諸々)

②デザイン設定

③ブログ運営に関わる他サイトさんから勉強する

とか……でしょうかね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もし毎日1本記事を書くことができたなら、2時間×365日=730時間(365本)です。

これでいくと、14年近くかかる計算になります(記事数は5000本)


・・・・・・当然ですけど、どれだけ頑張って書いても、5000本は減らないわけです( ・Д・)

別に一流になる必要はないのだけれども、、、総記事数5000本かぁ。

記事数100本や200本でスタートと言われるのが分かった気がしますね( ・Д・)ア"-!

↓みんなが1万回押してくれれば私は満足!( ・Д・)ア"-!↓

スポンサードリンク