2019ねん 3がつ 20にち(すいよーび、晴れ)

……あ、頭が痛い。

こ、これが知恵熱か!?( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya_0130


今回の考古学・歴史ニュースは『地中海、アレクサンドリア沖で過去2000年に及ぶ様々な錨(いかり)が見つかったよ!』ってことです(。・ω・)ノ゙

調査者はアレクサンドリア大学の海洋考古学センターのチームで、2015年からアレクサンドリア沖での調査を実施しています。

これまでの発見として、過去2000年間に及ぶ船のたくさんの錨(いかり)を発見してきました。

錨は時代や国、船舶の種類によって石製、鉛製、鉄製というように材質が異なるそうですが、どれも大きな塊ですから古くても良好に残存するようです。




発見された錨は様々な形や大きさがあることが分かっています。

これも時代や国、船舶の種類によって異なるわけですが、錨の形態とサイズとこれらの関係を明らかにすることが調査チームの目的です。

例えば、イメージしやすいのは縄文土器でしょうか。

ある土器群を分類して、それぞれの時期と地域を特徴づける一連の土器群を認定していく作業を編年を組むと言いますが、この事例ではそれを錨でやるということのようです。

時代が新しくなると船舶と錨の関係に関する歴史情報も増えていきますが、調査チームは錨の他に土器、陶器も海中で発見しています。






発見した土器、陶器群は北アフリカ、エジプト、ギリシャ、イタリア、スペイン、そしてパレスチナに帰属する資料であり、錨の時間性を特定する上で重要な情報源となります。

地中海は古代より海上交易の場として非常に重要でした。

今後の更なる調査と研究によって、錨と船舶の関係で見たタイムスケールが分かり易く図化されるといいですね!(・∀・)つ

↓ダイビングしたいな~、ライセンスないけどね!( -д-)ノ↓

スポンサードリンク