2020ねん 10がつ 26にち(げつよーび、やや雨)

やっぱつまらんぽいので(PV伸びないので)、反省して通常の記事を後ほど追加しようかと思います(´・ω・`)ショボン


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


a002b
↑世界一になるぜ!( ・Д・)(昔、スマホアプリで作ったやつ( -д-)ノ)



今回は「考古学で未来を予測するよ!( ・Д・)ってお話の続きです(*・ω・)ノ

普段はなるべく写真を使うようにしていますけど、文字ばっかりですし、良く分からん話かも知れないですが、今回で終わりにしますのでお付き合い下さいヽ(TдT)ノ

前回のまでは、けっこう夢見がちなことを書いていましたが、今回は後半においてやや具体的な内容になります。

おさらいとなりますが、全ての科学は繋がっていると考える私にとって、人間活動も法則性をもっていて然るべきと考えているわけです。

ただし、それは決して個人レベルではなく、古代においてはコミュニティ、マヤ文明で言えば都市国家、現代で言えば日本、アメリカ、中国といった国家というような「集団」として捉えた際に法則性が見えてくるのではないかということです(*^・ェ・)ノ



マヤ文明研究は文明崩壊の研究には最適

さて、世界史を取った方には良く分かると思いますが古今東西数多の文明、文化があったわけで幾度となく滅び去っています。

でも実際の文明崩壊というのは戦争を代表とする武力闘争に敗北した結果、支配者層が入れ替わっているだけです。

単独の都市国家規模であったり、あるいはイースター島のような地理的に大きな制限のある場合を除くと、文明が崩壊してその地域に人がいなくなるケースというのはほとんどないように思います。

その点、マヤ文明における『古典期マヤの崩壊』では文化の中心地であったマヤ中部低地から完全に文化が消失し、かつての何十万もの人々は離散し、明らかに希薄な人口のみが残りました。

古典期マヤの歴史は、初期国家形成から都市国家の成長、都市国家同盟の成立、対立の激化、文明の崩壊と『一直線に』進んだかに見えるのです。


マヤ地域あるいはメソアメリカ地域をひとつのコスモ(小宇宙;小さな世界)と捉えた際に、当時の都市国家群は現在の国家、当時の都市国家同盟とその対立は現在の日米同盟や米朝対立とそれぞれの支援国として反映して考えることができるのではないかと思うのです。


考古学で未来予測できるのか?

地震の確率の出し方知ってます?

過去1000年間に10回地震があった痕跡を地層等で発見した場合、単純に割り算して約100年に1回のペース、最後の地震から50年だから確率は低いとか、最後の地震から120年経過しているのでいつ来てもおかしくないとかそんな感じです。

だったら戦争の回数とかもざっくり計算しても良いのでは?とか思ってしまいます。

地震は良くて、戦争はダメ、天気なら良くて、文明崩壊はダメ。

これは自然現象か人為的な問題かどうかに起因しているわけですが、ヒトが絡むと法則性がなくなると根本的に考えていることを端的に示していると思います。

実際には天気予報外れるし、誤差は認められている。

地震なんて数十年単位で外れる。

なのにOK。

でも戦争や文明崩壊はダメ。

私は違和感を感じます。

どうせどんな予測でも最初はズブズブなんだから、堂々と法則性定立的な研究を行って、少しずつ改善していけば良いのではと考えています( ・Д・)

だから考古学で何が何でも、穴だらけでも未来予測しちゃえばいいのです。



考古学の基本は分類・分布(空間)・編年(時間 / 変遷)だと思います。

分類の結果、私たちはモノを数としてカウントしますし、それらのモノの変遷を捉えるのも得意です。

なんやかんや考古学は数値データを扱うことが多いので、統計等の手法とも組み合わせること出来ますし、予測グラフを比較的描きやすい学問かなと思うのです(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!


じゃあ具体的に何をやるのか?( ・Д・)

ここから急に毛色が変わります。

色々述べてきましたが、実際に考古学で未来を予測しても大した結果になりません。

適当に「それらしく」第三次世界大戦の勃発や文明崩壊を予測することはできますが、中身が薄いでしょうね。

なので、これまで書いてきたような内容は、個人的にはとても面白いのですが、ここでの特集記事として書くくらいが丁度いいかなと思ってます。

「マヤ考古学データを使って人類滅亡を予測してみた!( ・Д・)」みたいな感じで。


残念ながらこういったものは一般ウケはしますが(当記事はウケてませんが(/TДT)/ギャー)、研究費は獲れません。

そこまで甘くないのです( -д-)ノ



マヤの歴史を用いつつ、未来を予測する上で

・都市間関係
・戦争
・文明崩壊

がキーワードになってきます。

この内、文明崩壊はある意味「ゴール」なのでそっとしておき、戦争は考古学では良く分からないデータなのでそっとしておくと、、、

正直、都市間関係しかわかりません。


最も多量に出土する土器はタイムスケールとして有効ですし、土器データを用いてこの都市間関係を明らかにしていく必要があります。

土器を用いると、威信材であれば都市間の上下関係が分かるかも知れませんし、原産地同定がしっかりしていれば経済関係が分かります。


つまり最終目標として未来を予測するためには、まず考古学らしく地道な調査研究が必要であり、まずは1都市における土器を中心とした物質文化を明らかにし、次に都市間の関係を分析していく必要があるのです。

それも通時的に、変化を意識しながら。

ここまで来ると一気に普通の考古学の世界になったと思います( -д-)ノ



おわりに

もっと書きたいことはありますが、これ以上は複雑になるかなと思い、一度筆を置くことにしました。

考古学における数学・統計学の導入と法則定立的研究の推進が今後私のテーマのひとつとなります。

今回は興味を持って頂ければとかなりふわっとした感じで思い思いに書きましたが、どうだったでしょうか?

向こう3年間の中で、私のやりたい法則定立的研究は十分に芽吹くと考えていますので、今後チラホラと近況報告をするやも知れません(*^・ェ・)ノ


応援、支援してくれるかはともかく、『普通の考古学研究』以外に私が大きな野望を抱いて密かに研究を進めていることを知って頂ければなと思います。


最後まで読んでくれた方、本当にありがとうっ!( ・Д・)

↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

スポンサードリンク