にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

タグ:アステカ文明

2020ねん 12がつ 14にち(かよーび、晴れ)

12月初旬までだけが忙しいと思ってたのに、さすがは師走( -д-)ノ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今回の考古学・歴史ニュースはアステカの『骸骨の塔』は人骨いっぱいで異様な雰囲気だねっ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


さて、今回の舞台はメキシコ合衆国、メキシコシティです。

上に挙げた絵がアステカ帝国の首都テノチティトランを描いたものです。

テスココ湖に浮かぶ島の上に造られた都市であり、アステカ期においても沼沢地の干拓が進んでいました。

1521年にコルテス率いるスペイン軍の侵略によってテノチティトランは陥落し、1520年代に都市全体が破壊されます。

このテノチティトランの廃墟の上に建設されたのがスペイン植民地ヌエバ・エスパニョーラであり、現在までに湖は完全に干拓され、メキシコ合衆国の首都メキシコシティとして存在しています。


arukemaya1289


上に挙げた写真はユカタン半島北部に位置するチチェン・イツァ遺跡の壁面に見られる「ツォンパントリ」です。

「頭蓋骨の城」や「頭蓋骨の壁」を意味するもので、英語では「スカルラック(頭蓋骨の柵)」と表現されています。

チチェン・イツァ遺跡は古典期(CE3~10世紀)にはおいてマヤ遺跡、後古典期(CE10-16)においてトルテカ-マヤ遺跡として知られています。

時期的に専門外なのですが、、、

トルテカという表現は慣用的にアリだと思いますが、『中央メキシコの影響を強く受けた古代メキシコ-マヤ文化複合遺跡』の方が個人的にはしっくりきます( -д-)ノ

さて、先ほど述べたようにアステカ帝国の首都テノチティトランは徹底的に破壊されていますから基壇部ばかり残っていてツォンパントリの残存事例もとても少ないです。

しかしかつては上に挙げた写真のようなツォンパントリは建築様式としてよく見られたのだと思います。

今回のお話はこのツォンパントリが本当にテノチティトランにあったよ!

しかも彫刻じゃなくて本物の人骨使ってたよ!ってお話ですΣ(・ω・ノ)ノ


arukemaya1292
↑骸骨の塔の様子(「Mail Online」の記事内画像より転載;credit: REUTERS)

arukemaya1294




さて、この発見はテノチティトランにおける中央神殿であるテンプロ・マヨールがあった場所から見つかりました。

アステカの遺跡は現在の都市の地下にあるわけですが、テンプロ・マヨールについては博物館として展示・一般公開されているので現地表面で一部観察できる状態にあります。

さて、発見された遺構を見てみると、上の2枚の写真が人間の頭蓋骨を円筒状に積み上げたものです。

どういう構造になっているのかを示したのが3枚目の図になります。

基壇の上にスカルラックとスカルタワー(「頭蓋骨の塔」)が配置されていて、スカルタワーは両サイドに対として置かれています。

スカルタワーの間とその背後にスカルラックがずらっと並べられている状態です。

このスカルタワーは2015年に発見され、直径が6mに及び、650体以上の人骨が使用されていたと推定されています。


arukemaya1291



で、こちらが今回新たに発見されたヒトの頭蓋骨です。

先ほど示したように、この遺構(建造物)全体が大量の生贄によって構成されているため、まだまだ多量の人骨が発見されることは予測されていました。

それにしても新たに合計119体もの頭蓋骨の発見とは凄まじい数ですねΣ(・ω・ノ)ノ

当時の生贄、特に人身御供を伴う儀礼の規模の大きさを物語るものです。

またこうした「スカルタワー・スカルラック複合」(仮にそう呼ぶことにします( -д-)ノ)は”見せしめ”の意味があったと考えられています。

王権の強さを誇示するものとしても機能したでしょうし、アステカは帝国ですので戦争の捕虜を生贄とする事で他国からの使者や往来者に対する威嚇の意味もあったでしょう。

従来の説ではこの後者の他国に対する威圧が主目的である解釈を考古学者は取っていました。

そのため「これらの骸骨は戦争の捕虜(若い男性)である」と考えられてきたのです。

しかしながら今回の119体の頭蓋骨の中には女性や子どものものが混じっていることが分かりました。

スペイン植民地期における記録によると、アステカ期の周辺国家を含む古代メキシコ文化領域の風習では女性や子どもは戦争にいかないとされていました。

まだまだ調査部分が残っているため、被葬者の総数に対する女性・子供の比率は不明です。

もしかすると例外的な扱いを受けて解釈される可能性も十分にあります。

一方で、現段階において、スカルラックとスカルタワー、そして基壇部では作られた時期が異なる可能性も指摘されています。

であるならば、比較的短期間に風習が変わった可能性もありますが、恐らくは基本的に戦争捕虜を生贄にしていた中でその時々によっては周辺国家から集めたその他の生贄(女性・子供)を捧げていた可能性が高いのではないかと思いますね(*^・ェ・)ノ




おわりに

アステカを征服したスペイン軍の兵士の一人であるアンドレス・デ・タピアが遺した記述によると、『テノチティトランには何万もの頭蓋骨が存在した』とあります。

またアステカの文献(絵文書;コデックス)によれば、『1487年に完成したテノチティトランの大ピラミッド神殿における献納式の際に4日間で8万人を超える生贄を捧げた』と記されています。

歴史記述における誇張の性格も考えると、今後発掘調査等を通して史料批判をあるいは検討を行っていく必要がありますが、

現時点で誇張だと仮定したにしても、テノチティトランを掘ればこの先相当な数の骨が出てくることは間違いなさそうですね( -д-)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうだ、記事の中で少し触れた『テンプロ・マヨール博物館』ですが、、、

すごく綺麗で大きな博物館で、見ごたえは十分にあります。

建造物は破壊されているので「好きな人」じゃなきゃつまらないかも知れませんが、出土品の展示がスゴイですし、暗い館内でイイ感じなムードを作ってるな~と私は感じました。

博物館職員に知り合いはいるものの、いつもながら回し者ではございませんので、メキシコを訪れる際には是非お立ち寄りください(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、どこかで生贄儀礼に関する記事も書いた気もしますが、

検索に引っかからない!( ・Д・)

何だか生贄と聞くと残虐な感じがしますが、それだけではないのです(*・ω・)ノ

せっかくアステカの事例が出てきましたので、マヤ文明も含めて、、、

人身御供の話をしなきゃね!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020ねん 9がつ 20にち(にちよーび、曇り)

最近天気悪いし、一気に秋だ~ι(´Д`υ)さみぃ~



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya984
↑祭壇かな?( ・Д・)(「Game park」の記事内画像より転載)



今回の考古学・歴史ニュースは「シムシティ的な街づくりゲームにアステカ文明バージョンが登場したよ!( ・Д・)」ってお話です(*・ω・)ノ



今回はゲームのお話です。

学問としては人類史のシミュレーションは無理!なんて言われているのに、

こうした歴史シミュレーションゲームはたくさんありますし、根強い人気があるものですヾ(´ω`=´ω`)ノ


実際、私自身もシムシティやったことありますし、

信長の野望も好きです(*^・ェ・)ノ

今回紹介するエンパイア系も昔けっこうやってましたヾ(´ω`=´ω`)ノ





さて、本題に入りましょう!

SteamパブリッシャーのPlay Way S.A.が13~16世紀の中央メキシコを舞台にしたゲームを制作・発表しました!

この時期の中央メキシコにあったのはアステカ文明ですから、このゲームはアステカ文明の中心都市であるテノチティトランをつくるシミュレーションゲームです。


その名も『Aztec Empire』ですヾ(´ω`=´ω`)ノ

マヤ文明とは異なり、アステカは帝国として広範な領域支配を行っていました。






このゲームではプレイヤーはテスココ湖上の島に壮大な首都テノチティトランを建設し、統治者として経済・軍事・宗教に注意を払いながら都市を成長させていくことができるそうです。

上に挙げた写真はもしかすると「チナンパ」かな~と思います(。・ω・)ノ゙


ちなみに「チナンパ」とは、

沼地の表面の厚い水草層を切り取り、敷物のように積み重ねてつくった浮島の上に湖底の泥を盛り上げて作った湖上の畑のようなものを利用する収量の大きい農法である。
                         (wikipediaより転載)




このゲームでは他のエンパイア系ゲームや歴史系シミュレーションと同様に文化に投資し、建物を建て、強力な軍隊を構築していくというシステムになっています。

一方で、これはアステカっぽさを演出しているのでしょうか、神々に生贄を捧げることで、困難が訪れたときに神々が報いてくれるそうですΣ(・ω・ノ)ノ



さて、、、

ゲーム画像を見る限り、非常に精巧に作り込んでいる感があります。

しかし所々、気になる部分があるのです( ・Д・)



上に挙げた図像にカラフルな屋根を持つ小屋が並んでいますが、恐らくこれはマーケット(市場)を示したものでしょう。


マヤ文明では市場があったかどうかは不明なのですが、アステカ文明の場合はスペイン植民地期の民俗誌的記述によって市場があったことが分かっています。


arukemaya982
↑アーチ状構造物が見える(「Game park」の記事内画像より転載)


一つ目の気になった点は上の画像!

マヤ文明には「マヤアーチ(疑似アーチ / 持ち送り式アーチ)」がありますが、彼らは「真のアーチ」構造に気付きませんでした。

上の画像は真のアーチ構造を有する門(?)が見えますが、アステカ期に本当にあったのでしょうか?( ・Д・)



さくっと画像を検索してみましたが、アステカ期の真のアーチを有する構造物は見当たらなかったけども……

アステカのコデックス(絵文書)もさらっと見てみたけど、それらしき建造物はなかったような(*^・ェ・)ノ

概説書か何かに当たった後に、追記しますね( -д-)ノ↓↓↓この辺に




arukemaya980
↑神殿群だが、、、(「Game park」の記事内画像より転載)


そして二つ目がこれ!

神殿と思われる構造物が3種見て取れます。

左側のものと真ん中のやや左上のものは「アステカ」っぽい神殿の形態です。

基壇の上に双子の神殿があるものや、ぽってりとした台形状の神殿は私的にはとても「アステカっぽい」のです( -д-)ノ



でも中央部下部に見られるものは明らかにユカタン半島北部に位置するチチェン・イツァの「エル・カスティーヨ(城塞)」ですね。

歩けマヤのブログのトップ画や、YouTubeチャンネルのトップ画に使ってるアレです!(*^・ェ・)ノ



チチェン・イツァはちょっと複雑な遺跡で、マヤ文明の古典期(3~9世紀)に属するエリアと、マヤ文明がトルテカ文明の影響(少なくともメキシコ系の影響)を受けた後古典期(10~14世紀)エリアに分かれています。

なので遺跡単位で見れば時期的には重なる部分はありますが、エル・カスティーヨ自体は9世紀に建造されたと考えられているのでダメです( -д-)ノ

だからテノチティトランをつくるゲームには合わんのですヽ(TдT)ノ



おわりに

確か海外に複数の考古学者がプランナーになっていて、時代考証がしっかりしているゲーム会社があったような……

代表作品はアサシン・グリードだったかな、よく覚えてない(/TДT)/



私は、映画やドラマだけでなく、ゲームだって時代考証は大事じゃないかなと思います。

特にラテンアメリカ系の古代文明を題材にした作品って意外に多いと思うのだけど、大体何かしら変なとこあるんですよねヽ(TдT)ノ



まぁ結局、何が言いたいかというと、

安くしておくから時代考証させてくれぃ!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018ねん 7がつ 21にち(どよーび、曇り)

暑さには強いはずだが、

最近食欲がない。

そーめん旨い!

やっぱ鰻とか食べないと元気いっぱいにならないのだろうか?

いや、そーめん、ひやむぎが旨いからいいのだ!( ・Д・)

・・・・・・・・・・・・
a194
↑神殿の基壇部。テントが見える部分が調査している箇所(「AFP BB News」の記事内画像より一部加工; Credit: AFP PHOTO / RONALDO SCHEMIDT )

なんだかここ数年、世界的に大きな地震が多いなぁと思うのは私だけでしょうか。メキシコ中部では2017年9月19日の正午過ぎに、マグニチュード7.1の大地震が起きました。この地震と二次被害によりメキシコ市を中心として369人の死亡が確認されました。

マグニチュードはアメリカの地震学者チャールズ・リヒターが考案した、地震が発するエネルギーの大きさを対数で表した指標値のことです。M7レベルの大地震の頻度は、地球全体で1年に15回、内1~2回は日本周辺で起きているそうです。

さて、このメキシコ中部に大きな打撃を与えた地震でしたが、他方で考古学調査の現場では興味深い発見につながったそうです。

首都であるメキシコシティーの南方に位置するモレロス州のクエルナバカは「常春の都」のひとつとして有名です。この街にはテオパンソルコ(Teopanzolco)という遺跡があります。

上に挙げた写真のように遺跡内には古代アステカ文明のピラミッドの基壇があります。本来はピラミッドの最上部には、もともと雨の神であるトラロックの神殿と、太陽と戦争をつかさどる神「ウィツィロポチトリ」の神殿があったのです。


この上部構造である二つの神殿は地震で壊れたわけではありません。スペイン征服期・植民地期に異端として破壊されたケースが多いのです。スペインはカトリック国で当時は布教活動に熱心でしたので。

ということで、残されていた下部構造としての神殿の基壇部分の内部から、雨の神であるトラロックを祭った神殿の遺構が新たに見つかったのです。

この地域にはアステカ人の一派である、トラウイカ(Tlahuica)族が栄えていました。どうやらこの雨の神「トラロック」の神殿を建造したのはそのトラウイカ族のようです。


メキシコ国立人類学歴史学研究所(INAH)の報告によれば、大地震によってピラミッドの中心構造が相当な変容を被ったとのことです。つまり地震の影響で、いずれの神殿も床が沈んで屈曲し、安定性を欠いた状態となったのだとか。

 

このため、INAHがレーダー探知機を用いてピラミッドの構造を調査したところ、外側に見えていた神殿基壇の内部に、トラロックの神殿の遺構が見つかったのです。マヤ文明の神殿もそうですがメソアメリカ地域の神殿は入れ子状の神殿構造になっているのです(マトリョーシカ人形みたいな感じです)。


今回神殿基壇内部で見つかった古い神殿は西暦1150年頃に建造されたものと推定されています。奥行き約6メートル、幅約4メートルのサイズということです。


どこをどの程度掘り進めたかはよく分かりませんが、トラウイカ文化期に相当する土器片や香炉も発見されたそうです。見つかった神殿がトラウイカが造ったと考えているようですから、神殿自体ないしその基壇を多少なりとも掘った結果だと思います。


地震の影響で歪んでいるようですから、ちょっと危ないですね。十分に補強しつつ掘り進めて、データ取って、次の地震に備える意味でもしっかりと遺跡・遺構の保全がなされることを期待します……メキシコという国は観光に力入れているので、遺跡保全にちゃんと資金出るんですよね。うらやましい!( ・Д・)


↓やや悪ふざけしながらも、ここの一言を考えることが密かな楽しみである( -д-)ノ↓
↓ってことで、とりあえず押しといて!( ・Д・)( ・Д・)( ・Д・)↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ