にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

タグ:アメリカ先住民

2020ねん 12がつ 19にち(にちよーび、晴れ)

今週が山場だな( ・Д・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今回の考古学・歴史ニュースはおよそ400年前に実際に使用された幻覚作用のある植物が見つかったよ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


さて、今回の舞台はアメリカ合衆国、カリフォルニア州のウィンドウルブス保護区です。

この保護区内に「風車洞窟」という洞窟があり、その天井部からアメリカ先住民のチュマシュ族がおよそ400年前に噛んだと考えられるチョウセンアサガオの塊が多数見つかりました。

さて、ひとつずつ見ていきましょう(*^・ェ・)ノ




さて、まずは位置とチュマシュ族についてです。

アメリカ西海岸にカリフォルニア州が広がっており、最初に挙げた写真のような広大な自然が特徴のひとつである地域です。

その中で「サンタクルス島」と呼ばれる島と有名な都市であるロサンゼルスの一帯に居住していたのがチュマシュ族です。

彼らは北アメリカ先住民の一グループであり、沿岸部での漁労活動や内陸部における狩猟採集活動を生業として生活していました。

スペイン人が侵入した16世紀の人口は8000~2万人と考えられており、メキシコ中央高原以北の後古典期文化に共通して見られるような円形・ドーム状の住居や蒸し風呂を特徴とした社会を形成していました。

ちなみに上の地図の、ロサンゼルスの北西に位置するベーカーズフィールドという場所の南部が今回のお話の舞台です(*・ω・)ノ




さて、次はチョウセンアサガオについてです。

上に挙げた写真のように可愛らしい花が咲くことから現在も園芸用に販売されています。

アサガオの名を冠していますが、花が似ているだけで、実際にはナス科の植物です。

別名が「キチガイなすび」であるように有毒植物であり、花やつぼみ、根などを摂取すると30分程度で口が渇く感覚に襲われ、その後、体のふらつきや、幻覚、妄想、悪寒などの覚醒剤と似た症状が現れる危険なものです。

チョウセンアサガオの原産地は南アジアであり、麻酔薬や鎮痙薬としての効用を有するとして明の時代(1368-1644年)から知られていました。

ところで、世界初の全身麻酔手術に成功したのは日本人だそうですΣ(・ω・ノ)ノ

その人物は江戸時代の医学者である華岡青洲なのですが、このチョウセンアサガオの成分を精製した麻酔薬「通仙散」を使用していたそうです。

このことから日本麻酔科学会のシンボルマークにチョウセンアサガオの花が採用されているのだそうです(・∀・)つ


arukemaya1303




さて、今回の発見のお話に戻ると、カリフォルニア州の風車洞窟の天井の隙間に詰め込まれたチョウセンアサガオが見つかったということです。

この地域に住んでいたチュマシュ族がチョウセンアサガオを実際に噛んで使用した後、天井部に詰め込んだと考えられています。

また分析からおよそ400年前の儀礼行為の痕跡と考えられています。

400年前に実際に使用された植物が残っていたということもレアなケースなわけですが、、、

今回の発見はどうして重要なのでしょうか?( ・Д・)


↑岩絵関係の記事(*・ω・)ノ


世界中に「岩絵」は数多く報告されています。

時期もとても古いものから新しいものまで多岐に渡っています。

こうした数ある岩絵が何故描かれたかについては諸説あるわけです。

上に挙げた過去記事のように、ラスコーやアルタミラなどの動物を描いた古代の壁画は『狩猟の様子を描くことで豊漁を願った』と考えられています。

超古代文明的なオカルトでよく取り上げられるあたかも「宇宙人」を描いたかのようなモチーフたちは『神話のワンシーン』を描いたと考えられています。

一方で何を描いたのか現代の我々には簡単には理解の及ばない不明瞭な変わった図像も多数あります。

そういった奇抜な風変りなモチーフは、『古代シャーマンが儀礼の一環としてトランス状態で描いた』と考えられています。

考古学では行動の結果としてそれがモノや痕跡として残った物を対象として扱いますが、行動の理由についてはなかなか上手く説明できません。

岩絵に「~~作、(職業:シャーマン)、作品名『トランス状態で見た不思議な光景』(紀元前35000年、フランス)」なんて情報は書いてませんからね( ・Д・)

なので、今回の洞窟の天井から実際に使用された幻覚作用のある植物が見つかったということは、記録に残るようにチュマシュ族は実際にチョウセンアサガオを摂取してトランス状態になり儀礼行為の一過程で不思議な絵を描いたという解釈を支持する発見としてとても重要なのです(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!




おわりに

上に挙げた写真で見られるように、チョウセンアサガオは渦を巻くように開花するそうです。

朝顔とは異なる植物なので、夜頃から朝方にかけて花開くようですね。

先に紹介した洞窟壁画は渦巻文様でしたが、まさにこの状態のチョウセンアサガオを描いたものだと考えられています。

発見当初は渦巻文様の洞窟壁画から「風車」をイメージしたのです。

まぁ「風車洞窟」ってネーミングも風情あっていいなと思いますけどね(*・ω・)ノ

うん、、、

「薬物洞窟」よりはいい!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018ねん 10がつ 19にち(きんよーび、雨)

週末更新のつもりがここ数日は頑張っている。

ライブドアブログランキングも一時的に☆2になった。

ありがたいことだ!

三日坊主にならないようにしよう。

うむ、一週間坊主になりたい( -д-)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回紹介する考古学・歴史ニュースは、「カナダ考古学、アメリカ先住民スコ―ミッシュ族の儀礼用の石製碗がう〇こっぽい!」です( -д-)ノ

たまたまそう見えてしまった!というだけで、当該記事に関するカナダ考古学やアメリカ先住民、スコ―ミッシュ族等々に対して全く悪気はないのでご容赦下さいヽ(TдT)ノ

さて、カナダ考古学はもちろんですが、そもそもカナダの地理に疎いので地図を用意しました。

a237


さて、今回のテーマに関する発見は、カナダのブリティッシュコロンビア州に所在する「スコ―ミッシュ(Squamish)」が舞台です。

上図に示したようにスコ―ミッシュは同州で最大の港湾都市バンクーバーの北方の山地に位置します。ちなみにバンクーバーの地名は18世紀後半、カナダ西海岸地域の測量を行ったイギリスの探検家、ジョージ・バンクーバーに由来するそうです。

この地域はスコ―ミッシュ-リロエット地域として知られ、南部のスコーミッシュ川周辺は伝統的にスコーミッシュ族の地域であり、北部はリロエット族の地域です。


写真からも分かるように、スコ―ミッシュは大自然を満喫できる観光スポットとして有名なのだそうです。ほんと綺麗ですよね~(まぁ私は高い所ダメなので行っても楽しめないかも知れないですが( -д-)ノ)

さて、スコ―ミッシュ族とはどのような人々かですが、

そもそもアメリカ大陸における先住民の総称であるアメリカンインディアンは非常に多くの部族に分かれています。カナダだけでも197部族が登録されています。

その中でスコ―ミッシュ族は北西海岸インディアンに分類されており、古くより独自の紋章を持たず、またトーテムポールも建造しないという特徴を有します。

一方で、独自の伝統的な彫刻技術によって写実的な木彫りの動物や人型のウェルカムポールを製作したことで有名です。

今回の記事のテーマに関する発見物は、彼らスコ―ミッシュ族が約1600年前に使用していた儀礼用の石製の碗なのです。

↓↓↓それがこれ!↓↓↓



この遺物、洗い立てなんですよね。しかも泥がまだ付着していて洗いが不十分です。恐らく出土して、すぐにその場でささっと洗って撮影したものなのでしょう。

なのでとても新鮮な「とぐろう〇こ」に見え……ました、ごめんなさい。まぁもしそうなら素手で掴んで写真撮ってる方は凄いですよね( ・Д・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このスコーミッシュ族が使用していたと考えられる古代の石鉢は火山岩を加工して製作されたものです。同形態の石鉢はカリフォルニア州とアメリカ南西部における初期の先住民文化において非常に類似したものが出土しています。こういった形態の石鉢は伝統的な儀礼行為と密接に結びついているようです。

その儀礼行為とは、スコーミッシュ川にサーモン(鮭)が遡上することを予知(経験的予測か?)して、その予言そのものや、鮭の遡上、そして豊漁に対して敬意を表する古代の儀式の一部であったとのことです。

この石製碗は単純な碗形態ではなく、動物を表象している場合があり、フクロウをデザインしていたようです。フクロウは空の生態系における頂点ですから、世界的に見ても「強者」、「知恵者」、「夜の支配者」などといった象徴的な意味合いを以て、様々な物質文化に現れます。

この石鉢の場合はかなりデフォルメ化されているようですが、正面には丸い顔、後ろには2つの羽と尾の羽があるように見えるそうです。 写実的に製作されているのではなく、フクロウ(あるいは他種の鳥類)の要素が表現されているようですね。

このような石製の碗は、スコ―ミッシュ川沿いの主要な漁場で出土するとのことで、およそ2000年前にはすでに何百人もの人口を有する集落がかつてこの川岸沿いに点在していただろうと推測されています。

スコ―ミッシュ族との関連を示唆する最古の考古学的文化は同地域にて少なくともおよそ9000年前に遡るだそうで、そのような痕跡の残る遺跡からは当時のゴミ捨て場(貝塚に類する遺構)において広範囲の哺乳類や魚の骨だけでなく、多くの狩猟・漁労用の矢頭や切削工具が出土しているとのことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カナダの誇る大自然の中でキャンプしながらの発掘調査……あこがれるな~(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

……もし参加する場合は、周辺での「野〇」は禁止ですね。間違って掘り出して、嬉々として写真を撮ってしまいそうなのでヽ(TдT)ノ

↓「う〇こ」に見えた人は正直に言うように( -д-)ノ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ