にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

タグ:イラク

2019ねん 1がつ 29にち(かよーび、晴れ)

ダイエットと激務の両立は難しい!

見事にリバウンドした!( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


a359



今回紹介する考古学・歴史ニュースは「エジプトで最古のビールの痕跡が見つかったよ!」というものです!


というか、色々見つかり過ぎてます!

さすがエジプト!(羨ましい( -д-)ノ)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓『お酒の考古学』のバックナンバーです(*・ω・)ノ
↑~イラク編~にミスがあったので一部修正を行い、また別のデータを追記として加えました!ヾ(´ω`=´ω`)ノ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・








今回の発見はエジプト南部に位置するテル・エル・ファルカ(Tell el Farkha)が舞台となります。


この地域はエジプト南部で唯一のビール生産施設が発見された場所です。



見つかったのは、ビール醸造施設の基礎部分、ナイフ・土器・まな板といった各種の道具類、ヒトのミイラ、スルーギの骨、ビール作りの様子を表現した土製ミニチュアなどです。


一部の出土品や遺構の様子をさくっと紹介しますね!(*・ω・)ノ


arukemaya_0002



arukemaya_0003








上に挙げた土製のミニチュアが凄い遺物ですね。

共伴して出土した赤い色の土器とは少々形態が異なりますが、左側で2人の人物が土器の中に手を入れて何やら混ぜ混ぜしてますね。

右側では栓のされたボトルが並んでいますが、ビールの瓶詰の作業を行っているのでしょうか(*^・ェ・)ノ



他の事例でも、こういった日常的な作業などの様子を表現したミニチュアはいくつか出土しているようです。

古代エジプトって本当に色々残ってて凄いな~って思います( -д-)ノ



さて、もうひとつ今回検出された特別な発見はスルーギの骨です!


スルーギとは何かと言うと、「イヌ」だそうです。

モロッコ原産のサイトハウンド犬種であり、アラビアン・グレイハウンドとも呼ばれるそうです。


約2000~3000年前から存在していた犬種で、狩猟に使われていたのだとか。


原産地の特定は出来ているものの、その後の現在までの過程についてはよく分かっていないそうです。








さて、古代エジプト人はオシリス神が彼らにビールを作る知識を与えたと信じていたので、ビールは宗教に関連する飲料でした。

そのため古代エジプト人は神へビールを捧げる祭りを催しており、それは「酔いの祭り」と呼ばれていたそうです。



しかしビールは宗教儀礼にのみ関わる特別な飲み物ではなく、2歳程度の子供でさえも飲んでいるくらいビールは古代エジプト人にとって毎日の食事の一部でした。


恐らく一日を通して食事として飲まれたであろう古代エジプトビールは、現在の嗜好品としてのビールよりも低いアルコール含有量であったと推測されます。

古代エジプトビールは高い栄養価を持ち、非常に甘いものだったようです。







イラク編でも書きましたが、古代エジプトでもビールは労働の対価として用いられました。

碑文資料において古代エジプトにおける肉体労働者が毎日の給料の一部としてビールを飲んでいたという証拠があるそうです。


またビールは薬としても使われ、胃の病気、咳、便秘を治療する効果があると考えられていました。

時期は新しくなりますがドイツなどのヨーロッパでは退院時の強壮剤としてビールやアルコール飲料が用いられた事例があります。


病は気からとも言いますし、飲んで元気になれるのかも知れません……病み上がりに無理するなという意見もありそうですが( ・Д・)

古代エジプトの碑文からは原料としてビールを使う100以上の薬用レシピが発見されているそうです。



古代エジプトビールの製造プロセスの一部は何世紀にもわたって比較的同じままでいたようですが、レシピはいくらか変化していることが確認されています。


古代エジプトではホップを発見していなかったそうで、調理したパンを水に浸してから加熱して瓶に入れて発酵させることによってビールを製造していたと考えられています。




このような穀物を水中で発酵させるプロセスは非常に簡単なので、穀物を栽培し始めた世界中の異なる文化によって別々にその技術が発見された可能性があります。

そのためビールは多くの文化によって長い歴史を通して楽しまれてきたのです(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!



arukemaya_0005



古代エジプトのビールは度数が弱いと書きましたが、実際には様々な種類のビールがありました。

もちろんアルコール度数のより強いビールもありましたが、特別な機会に飲まれたようで、日常的なものではなかったようです。



他の古代エジプトビールのレシピには、加熱瓶で発酵させるために残った発酵小麦と大麦が含まれているものがありました。

古代エジプト人は、ビールに香りに甘さと深みを加えるためにハーブを加えたり、醸造期間を延ばしたりと工夫していたようです。



しかしながらビールが多種あれど、階層ごとに飲めるものが決まっていたようですヽ(TдT)ノ

当然ファラオなど王族には最高のビールが提供されていましたが、一般の人は自宅で作っていたようです。



古代エジプト社会がより大きくそしてより複雑になるにつれて、ビールの醸造は女性によって家庭で行われる日常的な活動から、男性によって行われるより大規模な専業的生産へと変化しました。


最初に書いたようにビールは古代エジプトにとって宗教に関わる儀礼品の性格をも有していましたから、裕福な人々のための埋葬品の一部として扱われていました。


例えば、あの有名なツタンカーメンの墓では『ミードに似た蜂蜜ビール』を含んだ水差しが副葬されていました。


・・・・・・蜂蜜ビール、、、さすがファラオ、美味しそうだね!!!( ・Д・)



arukemaya_0006



ちなみに先に述べたビールを神に捧げる「酔いの祭り」の際に提供されるビールの品質は日常的なビールよりも高かったそうです。


またその神聖な祭りが成功したかどうかは、「酔いの祭り」が終わった時にどれだけのビールが消費されたか、そして出席者がどれほど酔っていたかによって判断できたと言われています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私も個人的に古代のビールを再現して「酔いの祭り」したいな!


てか、日本のお祭りのビールは品質変わらんし、量少ないし、そこまで冷たくないし、何より高い!

古代エジプトを見習って欲しいものだよ!( ・Д・)

↓ビールは美味しいよね!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019ねん 1がつ 28にち(げつよーび、雪)

散歩するだけでもいい運動になるかも知れない。

というより、普段があまりに運動不足なのだ( ・Д・)

気分転換にもなるし、てくてく歩くことにする!(*・ω・)ノ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


a354




今回紹介する考古学・歴史ニュースは「イラクで最古のビールの痕跡が見つかったよ!」というものです!


遥か以前、お酒について記事にしました。


↓メソアメリカ地域における古代~現代のお酒のお話


昔過ぎるので、読み返してみると、現在と記事の書き方が違うんですよね……

可能な範囲で加筆・修正しておきました( -д-)ノ


(今のスタイルは最近変えたばかりのものなので、直さなきゃならない記事が100記事くらいあるだろうな~ヽ(TдT)ノ)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、『最古』って言葉が一般的にはとても重要で、これがあるかないかでニュースになるかどうかを左右すると思います。


だから『最古』にこだわる人(研究者すら)も出てくるわけですが、『ビール』も世界的にファンが多いようで、調べると『最古のビール』ってたくさん出てくるんですよ


(おかしい話ですが(TДT)……様々な基準で最古なのだと思います)


というわけで、「最古のビールシリーズ」として色々紹介していきたいなと思っております!ヾ(´ω`=´ω`)ノ


a356

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回紹介するのは「イラク編」ということで、2500年前の古代メソポタミアやバビロニア帝国の時代に遡るイラクの遺跡でビールの痕跡が検出されました。

 
出土したのは土器3点で、上に挙げた状況で確認されました。


共伴する遺物として「発酵飲料」を示すと考えられる回転式スタンプが出土したため(共伴していませんでした。これは最古のビールに関する描写で紀元前4000年のものです( -д-)ノ)



「ガスクロマトグラフィ」という科学的手法を用いて出土土器の分析を行いました。


結果として、出土した土器の中から古代のビールに含まれていたと考えられる大麦の残留物と発酵の痕跡を検出することができたということです。



これまで同地域では4000年前のメソポタミアの醸造所の址といった、ビールの存在を示唆する間接的な証拠としての遺構・遺物が見つかっていました。



しかし今回の「発酵した大麦の化合物」は決定的な痕跡の発見であり、ビールの存在を示す「最古の直接証拠」として重要視されています。



a358
↑回転式のスタンプ。粘土板に押し付けると文様が分かる。壺からストローで何か飲んでる!(「COSMOS」の記事内画像より転載;英文; credit: Courtesy of the Oriental Institute of the University of Chicago)



a357

↑分析対象となった土器、それぞれ先の写真のどこにあるか分かりますか?(・∀・)つ(「Dayly Sabah History」の記事内画像より転載;英文)




中世ドイツではビールは「液体状のパン」とか「飲むパン」と呼ばれ、栄養価の高い特別な飲料物として重宝されていました。



古代より主食のパンは肉体を、赤ワインは血液を象徴する事例は多く見受けられます。マヤでも主食のトウモロコシから人間が作られていますからね。

  

つまり普遍的に主食となる作物は肉体を構成ないし維持する上で重要なものとして捉えられたのですね、例え液体になってもね!( -д-)ノ




・・・・・・まぁ昔からこの手の発見には『付き物』だと思いますが、研究者らは今回検出された残留物の分析結果に一致するビールの醸造を行おうとしています




厳密に古代のビールの味が本来どうであったかは不明なのでいくらでも調整利くし、味がどうあれみんな興味本位で買いますよね。

味がそれなりに良ければ地元の人たちには受け入れられそうだし、観光客にもウケるでしょう!



なんでもお金の話にするのは良くないけどね、いいな~、イラク!( -д-)ノ(←心の声がダダ洩れる)

マヤ文明にも古代のビールあれば、作って売れるのに!!!( ・Д・)





【追記;2019.1.29】
a360


上に述べたピンク文字部が修正箇所です。メソポタミアにおけるビールに関する最古の描写が6000年前(紀元前4000年)の回転式スタンプなのです( -д-)ノ

共伴してなかったですし、ごめんなさい(m´・ω・`)m ゴメン…

うかつに一般の記事の記述を信じてしまいましたが、帰属時期が全然違うということに気付きました( -д-)ノ



さて、上に挙げたのが楔形文字で古代のビールの配分(レシピ)を記録した粘土板です。

紀元前3100-3000年頃のものと推定されています。


シュメール人社会ではビールは中心的な役割を果たしており、ビールという言葉は宗教、医学、神話に関連した多くの文脈で見られることが分かっています。

というのもメソポタミアでは多数の粘土板が見つかっています。調査初期に粘土板の図書館が発見されてます。



その記述によればメソポタミアの労働者に対する賃金がビールで支払われることもあったとのことです。

ちなみに労働の対価をお酒で支払うという行為は古代エジプトや古代ギリシアでも行われていました。




さて、この粘土板は『醸造、繁殖および収穫の女神であるニンカシ(Ninkasi)』に捧げられた詩の一部であり、そこに古代ビールのレシピが書かれていたのです。


さて、先に紹介した古代ビールの他の事例として、このレシピを用いた完全な古代シュメールビール』の再現が行われたそうです。



この古代シュメールビールの再現は販売目的ではないため、非常に強いこだわりをもって作られました。

材料としてレシピにあるコリアンダー、カルダモン、イチジク、デーツ、ザクロなどの古代シュメール人が使用していた食材を使用するだけでなく、イラクで発掘された遺物を模した木のスプーンと粘土の容器のみを使用して同じプロセスに従うことを目指しました。



そのために現代ではあり得ませんが、醸造所の屋根の上で大麦を麦芽化することを試験的に行って成功し、また活性酵母としてレンガのような「ビールパン」を使用しました。


完成した古代シュメールビールは生きたバクテリアでいっぱいの暖かくてやや酸っぱいビールだったそうです( -д-)ノ




・・・・・・というか材料にイチジクとザクロ入ってるからフルーティなビールになりそうですよね!

そしてビールにコリアンダー(パクチー)使うのか!!!

シュメール人とは仲良くなれんかもね( ・Д・)

↓ビールは美味しいよね!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ