2019ねん 1がつ 9にち(すいよーび、晴れ)

頂き物の甘い物を食べてみた。

甘い物はずーっと食べてこなかった。

久々に食べると幸せな気持ちになった。

やっぱ糖分大事だね!元気になる!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・




今回、紹介する考古学・歴史ニュースは、「インディ・ジョーンズ5」についてです!


インディ・ジョーンズと言えば、考古学者であるインディアナ・ジョーンズによる世界を股にかけた冒険活劇です。


ディズニーシーのロストリバーデルタのエリアもインディ・ジョーンズの世界観、あるいは中南米の古代文明を模した世界観ですし、世代によっては映画よりもそうしたディズニーの影響が強いかも知れません。


インディ・ジョーンズのシリーズはこれまで4作公開されています。

  • 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』エピソード24(1981年公開)
  • 『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』エピソード23(1984年公開)
  • 『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』エピソード25(1989年公開)
  • 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』エピソード26(2008年公開)

この内の4作目がまさにディズニーシーにある人気アトラクション、「クリスタルスカルの魔宮」のモデルですね。アトラクション内ではインディ・ジョーンズが出てきますし、たま~にインディに扮したキャストさんが出現します。

ちなみにアトラクションの最後の写真を撮るシーンで巨大な岩がゴロゴロするやつは1作目の「レイダース/失われたアーク」の序盤のシーンに出てくるトラップです。



また上に挙げた4作の映画ではエピソードが24~26になっていますが、これはテレビシリーズとして「ヤング・インディ・ジョーンズ(邦題:インディ・ジョーンズ/若き日の冒険)」があるからなのです。


インディ・ジョーンズの生い立ちについては年表化できますからね。時間ある時に記事にしてみますね……忘れない内に早くやるかな( -д-)ノ


a290
↑インディの年代記!(「INDY JONES. JP」の画像より転載;このサイト、インディ・ファンなら面白い!見てみて!)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、そんなこんなで世界的に考古学ブームを巻き起こした名作映画ですが、新作である「インディアナ・ジョーンズ5」が2021年夏に公開されるそうです。


世界的名監督のスティーブン・スピルバーグ監督が「インディ・ジョーズ5(仮題)」を2019年4月にクランクイン、2020年7月に劇場公開すると発表していましたが製作活動が遅延しているようです。


気になる主役はやはりハリソン・フォード!前回のクリスタル・スカルの王国が最後の出演と言われていましたが、今度こそ最後の出演になると思われます。スピルバーグ監督とのタッグも次回作で見納めとなりそうです。





個人的には「クリスタル・スカルの王国」はあまり好きじゃなかったんですけどね。まぁでもファンを意識した最終作品(当時はハリソン主演ではそう考えていた)としての小技は随所で光っていたな~と思います。新作の脚本はこの「クリスタル・スカルの王国」を手掛けたデビッド・コープが執筆しているとのことで期待が高まります。



製作遅延の理由はこのデビッド・コープの降板が一つの理由だそうで「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」を共同執筆したジョナサン・カスダンが脚本を担当することになったようです。



ハリソン・フォードとスピルバーグ監督との最後の作品と思うと嫌でも過剰な期待を持たれますから、プレッシャーでしょうね( ・Д・)

・・・・・・そう言えば、インディアナ・ジョーンズ・シリーズと言えば、製作総指揮がジョージ・ルーカスという豪華製作陣でしたが、新作もきっとそうでしょう……ね?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで新作のインディ・ジョーンズは2020年公開!

一ファンとしてワクワクしますヾ(´ω`=´ω`)ノ



あと新作からディズニー配給だそうです!ディズニーシーにも更なる変化が起きるかもね!

なにはともあれ、この映画公開を機に再び考古学ブームないし考古学熱が興ってくれることを期待しております(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

↓インディ・ジョーンズのファンの方~?ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ↓