にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

タグ:エロティック

2021ねん 6がつ 10にち(もくよーび、晴れ)

仕事が進む1週間であったが、記事を書かない1週間でもあった( -д-)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya1549

↑モザイクもっと強くかけなきゃ、ひっかかるかな?( ・Д・)(アダルトグッズ販売ページの画像よりテキトーに作成( -д-)ノ*アダルト系なんでリンク貼りません。あしからず。)


今回の考古学・歴史ニュースは密かにファンが多いらしいよ!?石棒のデータが公開されたよ! & 本当にあったらしい都市伝説的な考古学エロ論文を紹介するよ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


さて、今回の舞台は岐阜県、飛騨市です。

飛騨市はたくさん石棒が見つかっており、「飛騨みやがわ考古民俗館」に多くが所蔵されています。

この飛騨みやがわ考古民俗館を拠点として「石棒クラブ」という団体が発足しており、関係人口の増加と小規模ミュージアムの在り方についての考察・実践を目的として活動しています。

石棒という飛騨市で特徴的な出土遺物を有効活用した「地方創生」チャレンジを行っています。


↓気になる方は是非!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

↑綺麗な見やすいページです(*・ω・)ノ(*例によって回し者ではございません( -д-)ノ)


さて、この石棒クラブは考古資料の3Dモデル化、つまり『石棒』を3Dモデリングしています。

現在までに20点の資料をモデル化していて、オープンソースとして使えるそうです。

以下に一例を紹介しますね。

是非、石棒をぐりぐりしてみてください( -д-)ノ



arukemaya1552



なんでこんなことをしているのかというと、、、

私も最初は、飛騨市は石棒で有名な町だから、町おこしの一環とか、文化財活用の一環として注目を集めるためにやってるんだろうな~なんて思っていましたが、実態はより深刻なようです(´・ω・`)

現在の埋蔵文化財法では出土した遺物はその市町村で管理するのが普通なのです。

詳しい事情は分かりませんが、恐らく飛騨市は飛騨市でも出土した遺跡が飛騨市宮川町に所在するのだと思います。

だから多量の石棒を所蔵しているのは飛騨市宮川町の博物館「飛騨みやがわ考古民俗館」であり、そしてこの博物館が飛騨市の市街地ではなく、宮川町の山の中にあるということが問題のようです。

アクセスが悪いので当然、集客が難しく、結果として常駐の学芸員等を雇用できず、年間30日しか開館できないそうですΣ(・ω・ノ)ノ

大学で学芸員資格取る時に博物館学を受けるとよく聞く話なのですが、日本って一時期にブーム的に多量に博物館を設置したのです。

でも現在、国から補助金がもらえるのはごく一部の博物館のみとなり、結果、博物館は維持が難しいレベルで経営困難なのです。

かつて何でも民営化した政権がありましたが、博物館も民営化されて久しく、現在でも様々な問題を抱えています。

この飛騨みやがわ考古民俗館の抱える諸問題の経緯は分かりませんが、飛騨市がしっかりと支えて上手に運営していけるといいですね(。・ω・)ノ゙

さて、上に挙げたのは石棒クラブで紹介しているオープンデータの使用例なのですが、石棒型のろうそくにフィギュア・・・

心の汚れた私には卑猥な使用法しか思いつきません( ・Д・)


arukemaya1554


そもそも石棒とは何か?

石棒は縄文時代に作られた石製の遺物です。

一般的には「男根」を模したものと考えられています。

磨製石器の一種に分類されるので、たくさん『こすって』作ります。

また石棒は被熱を受けたり、破損した状態で見つかることも多いのです。

なので、


石棒の祭祀では、「勃起→性行為→射精→その後の萎縮」という男性器の一連の状態が「摩擦→叩打→被熱→破壊」として疑似的に見立てていたとされる
(wikiより転載;山田 2019:204)

*参考文献
山田康弘 2019『縄文時代の歴史』講談社現代新書


なんて言われたりもします。

でもこれまでに紹介してきたように、祭祀に使う品って被熱を受けたり、破壊されたりすることは世界的にみてよくあることなのですよね(*・ω・)ノ


↓土偶はなんでバラバラの状態で見つかるの?ってお話(*^・ェ・)ノ






先に挙げた画像や上に挙げた画像をよく見てもらうと分かるように、石棒といっても色んな種類・形態があります。

広義には石刀や石剣も含むのです。

上に挙げた画像では仏具と形態が似ていることから名付けられた「独鈷石(どっこいし;写真右上)」も入っています。

これは木製の柄に装着されて使用されたと考えられる祭具です。

具体的にどのような儀礼行為であったのかは正直分かりませんが、世界的に見られる豊穣や子宝を祈願しての男根信仰はあったでしょうし、そのための石棒もあったと思います。

しかし縄文時代という長い期間、日本列島という広い地域において、石棒といっても様々な形態があって、様々な使用法や儀礼行為があったことも想像に難くないのです。

ま、古代の儀礼の話になると、やけにリアルなエロイこと書く論文が多いのも事実!( ・Д・)


≫ 次ページは「ほんとにあったどエロの考古学」( ・Д・) ≫



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加




先のページでは石棒の3Dデータが公開されたこと、そもそも石棒って何?ってことについて紹介しました。

ここでは本当にあったらしい都市伝説的な考古学エロ論文を紹介するよ!( ・Д・)ってお話をします(*・ω・)ノ

さて、これたぶん実話です。

私が学生の頃、飲み会の席で博士課程の先輩から聞いたお話です。

石棒というと一般的なのは男根を模したものです。

上に挙げた写真も立派なサイズ・形態ですが、パッと見て男根のように思えます。

前回は石棒と言っても色々あるよとお話しましたが、ここで述べる石棒は男根信仰と関わりがある明らかにソレの形のものを指しますのでご注意ください( -д-)ノ

さて、男根信仰は現在の日本でも残っていて、巨大な男根の石彫が観光スポットになっていたり、祭られている土地でお祭りがあったりします。

近年というかもう長いこと、晩婚化、少子化、人口減少が止まらない日本社会においては特にこうした子宝祈願が重要視されるのかも知れませんが、古代の石棒に対するファンもけっこういるのだそうです。

こうしたファンだけに留まりませんが、やはり気になるのは、「石棒がいかに使われたか?」です。

これを研究した考古学論文があるんだ!というお話なのですが、、、

ところで考古学には「実験考古学」という分野があります。

オーソドックスな例は石器の使用痕実験です。

方法論は単純です。


①実際に黒曜石など、対象資料と同じ素材で石器を作る。

②対象資料の予想される機能ごとに、実験的に作られたその石器を用いて、なめし革をなめす作業、肉を切る作業、木を切る作業などを行う。

③各工程において、10回、100回、1000回、3000回などと一定回数の使用行為を行った後に、刃部を顕微鏡観察することで、使用した際に付いた傷(使用痕)の様子を明らかにする。

④対象資料の刃部を観察し、比較することで、対象資料が何の作業にどれくらいの回数使われたものなのかを推定する。


これが一連の流れを簡単に説明したものです。

要は、レプリカを作って実際に使ってみて、どんな痕跡が残るかチェック&比較してみたよってお話です(*^・ェ・)ノ


arukemaya1557
↑ハガレン大好きヾ(´ω`=´ω`)ノ(*拾ってきて加工しました( -д-)ノ)


ここまで書くともう勘のいい読者の方はお気付きでしょう。

そう、『石棒のレプリカを作り、実際に使用してみたという論文が存在する』そうです(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?


かなり昔の論文ですから、少なくとも今から20年前くらい?

その時聞いた話だともっと古いので、1960年代後半だったような・・・

所謂プロセス考古学が流行した時期で、日本考古学においてもこの時期を境に理化学的な分析の利用が活発化しました。

先の「実験考古学」という手法もそうした流れで登場したものなので、まぁ時期的には合っている・・・


でも、現在みたいに3Dプリンターとかないんですよ?

作るとしたら、本当に石材で石棒作るしかない。

ってか方法論的には石材で作るしかない・・・



誰に使ったの?( ・Д・)

風俗で謝金払って、100回~1000回と突っ込んだの?( ・Д・)

身体大丈夫なの?( ・Д・)

いくら払ったの?( ・Д・)

そのお金、科研費(科学研究費補助金)から出てるの?( ・Д・)


とまぁ疑問は次から次へと出て来るし、男所帯の飲み会の席だから先輩方も大いに盛り上がっていたのを記憶しています( -д-)ノ

「ひぼう」?

なんだっけな、雑誌名・・・

「豹」みたいな感じがつくような・・・

当時は雑誌名や著者名も覚えていて、修士の先輩と翌日に研究室でインターネット検索したりしたのです。

現在みたいにスマホありませんからね、その場で検索とはいきませんでした( -д-)ノ

その時調べた結果としては本当にその雑誌(学会誌などの論文集)が存在することまでは突き止めたのですが、問題の論文までたどり着けなかったのです。

当時の大学に所蔵されていませんでしたので( -д-)ノ



……ん~、恥を忍んで、あるいは昔を偲んで、先輩に聞いてみようかな。

来年の資料調査時に、一緒に検索した先輩に会うので、ちょこっと聞いてみようと思います。

できたらコロナ明けてて、お酒飲めたら尚訊きやすいのに( ・Д・)

何か分かりましたらまた記事にしますし、何か情報ある方はコメント欄にお願いしますね!ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ




おわりに

今回は内容が無駄に長いのと、話が大きく変わってしまうので、ページ変えました。

こういうのは特例なので、またいつものようにライブドアブログの設定上の限界がきて(多くの場合写真の枚数?)勝手にページが切り替わるまでは1ページに書き続けます(*・ω・)ノ

・・・・・・まぁインパクトって大事ですよね。

論文でも、特に世界で戦うとなるとインパクトファクターがどうかは重要になるのですが、、、

石棒の3Dデータのオープンソース化か・・・( ・Д・)

私は心が汚れているので、絶対誰かふざけて「デ。〇ド」や「バ〇ブ」作ると思うんだよな~。

YouTubeで「作ってみた!」ってやったら私も一躍有名(炎上系?)になれるかな?( ・Д・)

冗談はさておき、、、普通なら土器などをオープンソース化しても大したことないニュースなのですが、それに比べると確かにインパクトのあるニュースだったと思います。

でも厳しいことを言うと、これが地元博物館の今後の運営にどれだけつながるでしょうか?

この熱が冷めない内に、石棒クラブの方々を中心として『精力的に』更なる発信をしてもらいたいものです。

・・・石棒だけに!( ・Д・)


*馬鹿にしてません、ふざけているだけです( -д-)ノ



≪ 前ページは「そもそも石棒って何?」(*^・ェ・)ノ ≪



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020ねん 7がつ 12にち(にちよーび、晴れ)

栄養ドリンクは友達、怖くないっ!( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


arukemaya917
↑あ~グーグルに何か言われるね( -д-)ノ(「Facebook」の友人の投稿画像より転載)


今回の考古学・歴史ニュースは「これぞ、エロティック考古学!( ・Д・)」ってお話です(*・ω・)ノ

友人がFacebookに挙げた投稿なのですが、印象的だったので紹介します( -д-)ノ



当サイトでは当然ながらこれまで一切の『エロ』は取り扱っていないのですが、先日、Google Adsenceより、不適切な画像を含むページがあるとの報告を受けました。



該当するページを確認したところ、、、

縄文時代の竪穴住居の写真でしたヽ(TдT)ノ




さすがグーグル先生の感性はぶっ飛んでるぜ、と思いました( ・Д・)

その一方で今回の画像はばっちり引っかかると思います。



ただし、先に述べておきます。

『考古学者の公式見解では決してエロではありません!』

↑Google Adsenceの担当者よ、ここを見よ!ヾ(´ω`=´ω`)ノ


ただ……

そう見えるってだけです( ・Д・)







で、早速、問題の投稿画像がこれ・・・・・・



・・・・・・



・・・



arukemaya918
↑問題の遺物(「Facebook」の知人の投稿画像より)


スペイン語の文章を翻訳すると、こう。


(これは)テラコッタのレリーフ。

考古学者の解釈によれば、

「ティグリス川の方へと落ちかけている女性を、男性が女性の頭と腰を掴むことで助けている。【古代バビロニア期(BCE1830-1531)」


……私には、彼らがエッチしているようにしか見えない。

でも私は考古学者ではない。








……考古学者の私にも、確かにそのように見える( ・Д・)







まぁでも専門の考古学者たちが「ティグリス川に落ちかけている女性」として解釈しているところがポイントですね。




ちなみにテラコッタっていうのは粘土で作った素焼きの製品です。

装飾等に用いられます。

なので、このテラコッタのレリーフももっと大きなレリーフの一部でしょう。



そしてこの遺物には「ティグリス川」が表現されていないのに、「ティグリス川に落ちかけている女性」と解釈しています。

つまりもっと保存状態の良い、レリーフの全体が分かる、全体のストーリーが分かる作品が既に見つかっているってことですね。



なので、この部分だけを見ても、そういうことが分かるってことです。

ただ、この部分だけを見ると、変に見えてしまうってだけです( ・Д・)



偶然の産物・・・

これぞ、『古代のラッキースケベ』ですわ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!




おわりに

さて、エロスを扱った芸術品は枚挙にいとまがないわけで、所謂めちゃ古い時代の考古学遺物でもよく見られます。

単なるエロと芸術の違いってなんでしょうね?



「真理を知りたいなら哲学教室に行け」

とインディ・ジョーンズも言ってましたけど、

まぁ難しい問題です。



『これは芸術だ!( ・Д・)』

とGoogle Adsenceに言ってやる・・・・・・つもりはなく、



考古学的に問題ないけど、グーグルに怒られたら消すね!( ・Д・)

↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ