2020ねん 7がつ 12にち(にちよーび、晴れ)

栄養ドリンクは友達、怖くないっ!( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


arukemaya917
↑あ~グーグルに何か言われるね( -д-)ノ(「Facebook」の友人の投稿画像より転載)


今回の考古学・歴史ニュースは「これぞ、エロティック考古学!( ・Д・)」ってお話です(*・ω・)ノ

友人がFacebookに挙げた投稿なのですが、印象的だったので紹介します( -д-)ノ



当サイトでは当然ながらこれまで一切の『エロ』は取り扱っていないのですが、先日、Google Adsenceより、不適切な画像を含むページがあるとの報告を受けました。



該当するページを確認したところ、、、

縄文時代の竪穴住居の写真でしたヽ(TдT)ノ




さすがグーグル先生の感性はぶっ飛んでるぜ、と思いました( ・Д・)

その一方で今回の画像はばっちり引っかかると思います。



ただし、先に述べておきます。

『考古学者の公式見解では決してエロではありません!』

↑Google Adsenceの担当者よ、ここを見よ!ヾ(´ω`=´ω`)ノ


ただ……

そう見えるってだけです( ・Д・)







で、早速、問題の投稿画像がこれ・・・・・・



・・・・・・



・・・



arukemaya918
↑問題の遺物(「Facebook」の知人の投稿画像より)


スペイン語の文章を翻訳すると、こう。


(これは)テラコッタのレリーフ。

考古学者の解釈によれば、

「ティグリス川の方へと落ちかけている女性を、男性が女性の頭と腰を掴むことで助けている。【古代バビロニア期(BCE1830-1531)」


……私には、彼らがエッチしているようにしか見えない。

でも私は考古学者ではない。








……考古学者の私にも、確かにそのように見える( ・Д・)







まぁでも専門の考古学者たちが「ティグリス川に落ちかけている女性」として解釈しているところがポイントですね。




ちなみにテラコッタっていうのは粘土で作った素焼きの製品です。

装飾等に用いられます。

なので、このテラコッタのレリーフももっと大きなレリーフの一部でしょう。



そしてこの遺物には「ティグリス川」が表現されていないのに、「ティグリス川に落ちかけている女性」と解釈しています。

つまりもっと保存状態の良い、レリーフの全体が分かる、全体のストーリーが分かる作品が既に見つかっているってことですね。



なので、この部分だけを見ても、そういうことが分かるってことです。

ただ、この部分だけを見ると、変に見えてしまうってだけです( ・Д・)



偶然の産物・・・

これぞ、『古代のラッキースケベ』ですわ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!




おわりに

さて、エロスを扱った芸術品は枚挙にいとまがないわけで、所謂めちゃ古い時代の考古学遺物でもよく見られます。

単なるエロと芸術の違いってなんでしょうね?



「真理を知りたいなら哲学教室に行け」

とインディ・ジョーンズも言ってましたけど、

まぁ難しい問題です。



『これは芸術だ!( ・Д・)』

とGoogle Adsenceに言ってやる・・・・・・つもりはなく、



考古学的に問題ないけど、グーグルに怒られたら消すね!( ・Д・)

↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓