にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

タグ:オカルト

2020ねん 1がつ 10にち(きんよーび、晴れ)

連投で真面目な(?)考古学・歴史ブログであることを再度示そうと思うよ!( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・






今回の考古学・歴史ニュースは大航海時代、スペイン征服期以前に白人がアメリカに到達していた!?」というお話です(*・ω・)ノ

当サイトでは「オカルト」ちっくなものは基本的に扱いませんし、扱っても科学的・論理的に批判してしまうのですが、今回のはちょっと毛色が異なります。

たぶん……他サイトでは見たことないテーマなので、日本語の記事としては初めてかな?

きっと楽しんでもらえると思います(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!



「新大陸」への白人の到達時期

メソアメリカ(ざっくり言うとメキシコとかの所謂「中米」域)へのスペイン人の到達は15世紀半ばから始まる大航海時代によってなされます。

ちなみに大航海時代と言えばスペインとポルトガルが有名ですが、だからこそ現在の中南米においてブラジルだけがポルトガル語、残りは全てスペイン語の文化圏となっています。

高校の世界史Bなどでピサロによるインカの征服についてさら~っと習うと思います。

メソアメリカでは、エルナン・コルテスにより1521年にアステカ王国が滅ぼされてしまいました。

それに先立つ1492年にクリストファー・コロンブスが「新大陸を発見」するわけです。

コンキスタドール(征服者)としてのコルテスの非道さは有名なのですが、コロンブスも略奪を繰り返し、男は殺し、女は強姦するというスペイン軍のやり方(遊び方;面白半分に殺し犯していたという記録があります)を最初にアメリカで実行した十分にヤバイ人物です。

さて、ということでメソアメリカへの白人の到達は歴史上1492年ということになります。


arukemaya673
↑ローマ人を模した彫刻(「ABC HISTORIA」の記事内画像より転載;スペイン語)


アステカの「白い神」の神話

最初に挙げた「This is Spartaaaaa!」は正直言って関係ないんですけども、まぁ顔の濃い白人のイメージとして用いました。

上に挙げたのはローマ人を模した彫刻です。

顔立ちとして明らかに彫りが深いですし、少なくとも、「あ~白人の顔立ち」だなって思えますよね。

先に述べましたようにコルテスにより1521年にアステカが陥落するわけですが、簡単に陥落した理由の一つが「アステカの白い神の神話」の存在なのです。



 アステカには、かつてテスカトリポカ(ウィツィロポチトリ)神に追いやられた、白い肌をもつケツァルコアトル神が「一の葦」の年(西暦1519年にあたる)に戻ってくる、という伝説が存在した。

 帰還したケツァルコアトルが、かつてアステカに譲り渡した支配権を回復すると信じられていた。

 「一の葦」の年の10年前には、テノチティトランの上空に突然大きな彗星が現れた。また女神の神殿の一部が焼け落ちてしまった。その後も次々と不吉な出来事が起こった。アステカ人たちは漠然と将来に不安を感じていた。

 そうした折であった「一の葦」の年の2年前(1517年)から東沿岸に現れるようになったスペイン人は、帰還したケツァルコアトル一行ではないかと受け取られ、アステカのスペイン人への対応を迷わせることになった。

(Wikipedeia より一部改変)


この神話の概要は上の参考文の通りです。

ちなみにケツァルコアトルは、マヤではククルカンと呼ばれる重要な神様で「羽毛の生えた蛇神」として顕現する至高神です。

メソアメリカにはこうした白い肌を持つ「コーカソイド(白人)」を神聖視するような伝説が見られるのです。


arukemaya700


白い神の神話は実話を基にしているのか?

この神話のポイントは白い肌の神が追い出されて支配権を譲渡したという点です。

元々は白い神が支配権を有していたということになるわけです。

そこで……『神話になるほど古い時代に、かつて本当に白人がメソアメリカに到達し、珍しいその肌の色から指導者として君臨し、後に在地の有力者によって排除された』なんてことがあったかも知れません。

『こういった手の解釈』はオカルト、疑似科学でよくあることですが、ただの想像であって根拠はありません。

でも今回のお話は当サイトで扱うくらいですからね、そう、根拠あるんですよ( ・Д・)



arukemaya675
↑報告書にある遺物の掲載写真(Garcia-Payón 1993; Figure 1より転載)


スペイン征服期以前のお墓からローマ人の頭が見つかった!?


さて、上に挙げた写真は「本物の発掘調査報告書からの転載写真」になります。

1933年にホセ・ガルシア=パヨン(José Garcia-Payón)によってメキシコの首都、メキシコシティの南西部に位置するトルーカで発掘調査が実施されました。

ここには現在はカリストラウワカ(Calixtlahuaca)と呼ばれている遺跡があります。

調査当時はマタジンカという名の古代都市遺跡として知られていました。

この遺跡は後古典期(c.a. CE1000-1500)に属しており、当時のメキシコ建築様式として代表的な円形基壇を有した建造物が多数見られます。

この遺跡でガルシア=パヨンは埋葬遺構の調査を行ったわけです。




arukemaya702


arukemaya703


発掘された埋葬遺構は上に挙げた写真のような神殿ピラミッドの内部から検出されました。

この埋葬遺構は未盗掘であり、金、ターコイズ、クリスタル、陶器などの副葬品が見られ、それらと共伴して「ローマ人の頭」が見つかったのです。

この人頭像はテラコッタ製、つまり土製小像に分類されるものです。

調査結果として、遺構が未盗掘であることと、共伴する土器等の遺物の分析から、埋葬遺構の帰属時期はCE1476~1510年と推定されました。

記録上、スペイン人らコンキスタドーレスは1519年までメキシコの海岸に到達しなかったため、この遺物はスペインの征服以前の作品でなければならないことになります。





当然と言えば当然のことですが、このガルシア=パヨンによる報告は「あり得ないこと」として無視されました。

そして時は流れて1995年、理化学分析として熱ルミネッセンス法による試験のためにこの『ローマ人頭像』がドイツに送られました。

この分析結果では、なんと紀元前184年から紀元前616年の生産日であり、発見された墓よりもはるかに古く、調査報告における推定よりも古い時代にアメリカに運ばれた可能性があることを証明しました。

古典派の歴史家エルンスト・ベーリンガーは、2世紀および3世紀のローマの芸術作品に照らし合わせてこのローマ人頭像の美術様式を特定したことで、制作の日付をさらに狭めました。

更にローマのドイツ考古学研究所のバーナード・アンドレアによって、2世紀の作品とまでにさらに狭められました。

最終的には『ローマンヘッド』として知られるこの遺物について、「このヘッドは間違いなくローマンであり、研究室の分析によってそれが2世紀頃のローマの作品であり、髪型とひげの形がセビリア皇帝時代(CE193-235)の典型的な特徴を正確に表現している」と評価されたのです。



上に挙げた写真は古代メキシコの美術様式と比較したものです。

考古学調査の結果を信用するのであれば、コロンブスの新大陸発見が1492年ですので、『白い神』と思しき人物の情報がマヤ地域からメキシコまで一気に伝わって非常に写実的に土製小像が作られたとも考えられます。

ただ当時の美術様式と比較すると写実的にも程があるというか、全くの別様式であることが分かりますので、強引過ぎる解釈でしょう。

一方で理化学分析や美術様式との比較研究を信用すると、2世紀の古代ローマの遺物がメキシコに伝わり、その後『伝世品』として1300年もの間大事に保管された上で、16世紀初頭に副葬されたことになります。

まさに『考古学ミステリー』ですね( ・Д・)


arukemaya704


現在の解釈はこう! それでも真偽は謎のまま……


「盗掘者がバレないように細心の注意を払って丁寧に掘って、しかも服装品を盗らずに考古学者を悩ますために遺物を追加した」とはもちろん考えられませんよね( ・Д・)

となると「ローマンヘッド」自体は各種分析・研究結果から本物なのだと思います。

そうすると考えられる可能性は『いたずら』です(/TДT)/

ロミオ・H.・フリストフとサンティアゴ・ジェノベスの1999年の『ローマンヘッド』に関する出版物を出し、続いてメキシコ大学(UNAM)のポール・シュミット(Paul Schmidt)も『真実』について以下のように書いています。

「...この人形はドン・ペペ(ホセ・ガルシア=パヨンの愛称)の調査中に埋められました。ドン・ペペはそれを非常に真剣に受け止めたので、誰も彼にそれが冗談だと​​言う強い心を持っていませんでした。そのようにジョン・パドックから言われたことを覚えています。(歩けマヤ管理人、一部修正)」

しかし問題は調査実施から半世紀以上もの多大な時間が経っていて、発掘中に立ち会った人は誰も生きていませんでした。

また発掘関係者であるパイオンの息子は、父から聞いた話ではパドックやモエダノ(別の証言者)は発掘現場にさえいなかったと述べています。

さらにシュミットはこの暴露話を手紙で知ることとなったとしていますが、その手紙自体は非公開なのです。

したがって、シュミットの結論(あるいは暴露)は最も論理的ですが、それに真実があるという証拠はどこにもないのです。


arukemaya705
↑こんなのあるのね!( ・Д・)(「アマゾン」より転載;回し者ではありませぬ)



この『考古学ミステリー』を再度考えてみよう!( ・Д・)


もしローマンヘッドが現代における攪乱・混入ではないと仮定しましょう。

そうなるとローマンヘッドは埋葬時とヨーロッパ人が本土に到着する前に持ち込まれなければなりません。

先に述べたようにコンキスタドールは1519年までメキシコ本土に到達していませんでしたが、近くのカリブ海の島々は15世紀後半から植民地化されていました。

最初期にコロンブスらがマヤ地域のホンジュラスからパナマまでの沿岸地域に到達していたためです。

そうするとこの遺物はヨーロッパから持ち込まれ、先住民と取引された後、貿易ネットワークを介してカリストラウワカまで移動した可能性があります。

この解釈だと、小さなローマンヘッドがどのようにして埋葬地にたどり着いたのかを説明できます。

しかしスペインの植民地主義者や探検家が、何故2世紀の小さなローマンヘッドを持って取引するのか、何故アステカの貴族が死後の世界に同行させるためにローマンヘッドを選ぶのかが説明できません。

後者については多少の説明ができそうです。

先行するオルメカ文明(BCE1200~CE1)に帰属するサポテカに見られる巨石人頭像ではひげを生やした外国人風の男性像様式が使用されていました。

トルテカ文明(CE700~1200)では彼らの文明はひげを生やした白人であるケツァルコアトルという神によって設立されたという神話があります。

したがって、アステカの貴族が「髭を生やした異国人を神聖視する風習」の下で、ローマンヘッドを副葬する可能性はあるわけです。




おわりに ~考古学研究とは~


最近はあまり見かけませんが、所謂『オーパーツ』が非常にもてはやされた時期がありました。

変わったモノが見つかるとやはり注目はされます。

でも考古学という学問は、何か1つ変わったモノが見つかったからと言って直ちに定説が覆るような学問ではありません。

上に挙げた写真のように、多くの人々の地道な調査・研究によって、多くの証拠が集められてようやく何かが少し言える、そんな学問なのです。

メソアメリカにおける最初期の接触時に、ヨーロッパ勢と現地人の間で「物の交換」が行われた可能性は十分にあります。

基本的に略奪者であるコンキスタドール達の性格からすると恐らく僅かにしかそういった行為は行われていないとは思いますが、タイムマシンがない以上、『新旧大陸の先スペイン期の接触』については今回の事例のような『奇跡的な発見』をもう少し繰り返す必要があるのです( -д-)ノ

今回の記事で取り上げた『カリストラウワカのローマンヘッド(Calixtlahuaca Roman Head)』は現在、メキシコシティの国立人類学博物館で展示されており、ひとまずは植民地時代の作品としてアーカイブされています。

↓たまにはオカルト関連もあって良い(*・ω・)ノ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

20XXねん 4がつ 2にち(げつよーび、晴れ)

ここ数日喉が激しく痛くてつらいヽ(TдT)ノ

・・・・・・・・・・・・
a029

【目次】
  1. 中世ドイツにおける発見
  2. 頭蓋骨変形の文化の分布
  3. 歴史的な差別? -マヤ文明と宇宙人ー


1.中世ドイツにおける発見
写真の頭蓋骨は、ドイツ南部にある1400年前の墓地から見つかったものです。通常の頭蓋骨と比べると明らかに縦長に伸びていることが分かります。

4世紀から7世紀のヨーロッパは、世界史でも有名な「ゲルマン民族の大移動」の真っただ中でした。この頃にゲルマン系のゴート族、バンダル族が、衰退期のローマ帝国領内に侵入し定住していきました。

問題となるドイツ南部では、6世紀頃にバイエルン人が移住してきましたが、彼らに頭蓋骨変形の文化はなかったのです。そのためこの頭蓋骨の女性は一体何者なのかと半世紀以上もの間、研究者の中で一つの謎とされてきました。

近年の化学技術の発展は考古学研究を始めとする歴史研究に新たな分析方法を与えてきました。今回、用いられたのは頭蓋骨のDNAを調べるというものでした。

頭蓋骨は細かく分けると23のパーツから構成されており、頭部形状に流動性を持たせることで出産時の母体への負担を軽減していると考えられます。この頭蓋骨は成長に伴ってすぐに固まっていきますが、成人後の頭蓋骨にも割れ目の痕が残っています。

この頭が柔らかい時期に赤ちゃんの頭部を布などで締め付けることで頭蓋骨を変形させているわけです。つまり後天的に物理的に変形させているため、DNAには変化が現れるわけではありません。

今回の研究では同じ墓地から見つかった通常の頭蓋骨と変形した頭蓋骨のDNAを比較することで、通常の頭蓋骨はバイエルン人男性のもの、変形した頭蓋骨は東アジア由来の遺伝子を最大で2割も有していることが分かりました。

バイエルン人男性は金髪・碧眼だったのに対し、変形頭蓋骨を有する女性は金髪ないしは茶髪で茶色の瞳という似ても似つかない様相だったことが明らかになりました。

頭蓋骨を変形させる風習は、ヨーロッパでは現在のハンガリーなど東方の一部でのみ見られ、さらに東方のアジア圏ではフン族では女性の頭蓋骨変形が多く確認されています。

つまり南部ドイツで発見された変形頭蓋骨を有する女性は異国の花嫁だった可能性が指摘されたのです。


2.頭蓋骨変形の文化の分布
さて、この頭蓋骨を変形させるという風習は世界でどれだけ確認されているのでしょうか。

ヨーロッパでは先ほどのハンガリー周辺の他は、15世紀のドイツ、16世紀にギリシャ、トルコ、17世紀にベルギー、フランス、19世紀にもフランスにて事例が確認されています。

こう見ると非常に一般的にも見えますが、実際には小規模の風習で散発的に発生・消失しています。頭蓋骨を変形させる目的については研究者間でも意見が別れています。

当時の女性の風俗である頭巾を被るため、美的観念から、骨相学からくる優生学的な意味合いなどの解釈が提示されています。

アジアではさきほどのフン族の風習の他、日本の弥生時代にも僅かな事例が存在しています。弥生時代終末期の3世紀頃のもので、鹿児島県に所在する広田遺跡にて出土した人骨に見られます。


3.歴史的な差別? -マヤ文明と宇宙人-
さて、この頭蓋骨変形は中南米でも多く見られる風習です。南米ではインカ文明に関連してチチカカ湖周辺で見られ、また20世紀のアマゾン周辺でも記録が残っています。

中米ではオルメカ文明やマヤ文明に見られます。特にマヤ文明では一般的な風習であり、他の事例で多く見られるように女性だけではなく男性に対しても行われているという特徴があります。

さて、マヤ文明のこの手の話になると出てくるのが、「宇宙人」の存在です。

当時の技術では作り得ないオーパーツとしてのクリスタルスカルとか、パレンケのパカル王の石棺のモチーフが宇宙船を操縦するマヤ人を描いているとか、非常に天文学知識に長けた古代マヤ人は宇宙人によって知識を与えられていたとか、マヤ文明は突如として滅びたのではなく技術が発達し過ぎて宇宙へ他の星へと移住したとか・・・

本当に色々なことが言われています。南米で発見される奇形のミイラも宇宙人か?と騒がれることも多いですよね。

ヨーロッパの話とか自分たちの祖先に関わると途端に現実的な解釈になるような気がします。今回の中世ドイツの花嫁はフン族等の東方の民族由来と言われるわけで、ドイツでは中世から宇宙人と交雑していた!とはならないわけですよね。

オカルトは見ていて楽しいとも思いますし、ある種の期待を持つ気持ちも分かります。しかし自分とは直接関わりがないということは、他者にとっては直接関係する場合があるわけで、あまり好き勝手言っていいわけではないのではと思ったりします。

あなた方、日本人は愚かなので自ら文化を発展させることができず、弥生時代に宇宙人から知識を与えられて今の文化の礎を築いたんだ!って言われたらイラっとしませんか?

そう、古代の知恵とか技術が素晴らしい時に、その根拠を宇宙人とか超古代文明に求めるのは、その地の人々の自発的な発展の可能性を無視していることになるのです。

歴史解釈と無関係な場合、ま、個人的には宇宙人いたら面白いなと思いますけども(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ