にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

タグ:カナダ

2020ねん 3がつ 15にち(どよーび、晴れ)

やぁみんな!盛大に愚痴って元気になったから少し真面目に書くよ!ハハッ!ヽ(TдT)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


arukemaya830


今回の考古学・歴史ニュースは「カナダの考古学者が犬の散歩中にめちゃ古い遺物を発見したよ!」ってお話です(*・ω・)ノ



カムループスってどこ?


今回の発見があったのはカナダのカムループスです。

上に挙げた写真に見られるように、カナダというか世界的に絶景として有名な場所らしいです。

全然知りませんでしたが、確かに綺麗ですよね(*・ω・)ノ

(コーヒーのCMに出てきそう、知らんけど( -д-)ノ)




このカムループス、夏は最高気温が40度にもなり、最低気温は-37度を記録しているそうです。

この数値は特別暑い場所と、山頂のような特別寒いところを比較した数値ではなくて、、、

「カムループス空港」で記録した値だそうです。

とんでもない寒暖差のある地域ですねΣ(・ω・ノ)ノ

まぁでも基本的には過ごしやすいらしいですよ……


arukemaya828


arukemaya831





散歩中に古い石槍を発見


カムループスの考古学者であるジョアンヌ・ハモンドは先日、愛犬と共にトンプソン川のほとりを散歩している際に、6000年~9,000年前の石槍を発見しました!Σ(・ω・ノ)ノ

彼女はこのカムループスのトムソン河北岸地域を考古学遺跡エリアとして登録・保存しようと活動しているそうです。

街の中心部から10km以内に256もの遺跡が点在しているそうで、散歩していると毎年1、2点の遺物を発見するそうです。

彼女の言う通り、未開発地域では踏査によって遺物を発見する確率は高いと思います。

しかし彼女は考古学者ですし、このエリアが大事!って主張したいこともあり、下向いて探しながら歩いてる感がありますね( -д-)ノ






さて、彼女が発見した槍先はこのカムループス地域で最も古い遺物の1つだそうですです。

彼女は、これまでの研究と炭素年代測定により、この槍先が使用された期間を推定したそうです。

この槍先はカムループス地域で独特の形態を有しており、当該地域では一般的に大きくて堅牢な形態をしているものは古い傾向があるそうです。

使用方法としては「アトラトル」、つまり「テコの原理を利用した投槍器」を使って槍の先端として投げたようです。

この地域では狩猟対象はヘラジカ、シカ、ヒツジなどの大型動物だったと推定しています。





このアトラトル、古代メキシコ、アステカでも使われていました!

というか、アトラトルってそもそもアステカの言語、ナワトル語です。

マヤでもテオティワカンとの接触後に使用されていたと考えられています。

一般的ではなかったようですけどね。

だってジャングル内だとより遠くに投げても樹にぶつかるだけやん?( ・Д・)





最後に……

このハモンドさんは、『このエリアでは簡単に遺物が拾えちゃうけど、考古学的価値(地点などの一次情報)が失われるからやめて!放っておいて!』と言ってるそうです。

ん? この記事見たら、みんな明日から下向いて散歩するやん!( ・Д・)



・・・・・・てか、型式分類で帰属時期を推定するのは良いとして、、、

表面採集なのに、どうやってカーボン・デイティング(炭素年代測定)したの???(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

ってか9000年前の遺物が地表面でぽろぽろ拾えるって、既に一次情報怪しくない!?( ・Д・)

↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!現在17人!↓
↓最近、全然増えないよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018ねん 10がつ 19にち(きんよーび、雨)

週末更新のつもりがここ数日は頑張っている。

ライブドアブログランキングも一時的に☆2になった。

ありがたいことだ!

三日坊主にならないようにしよう。

うむ、一週間坊主になりたい( -д-)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回紹介する考古学・歴史ニュースは、「カナダ考古学、アメリカ先住民スコ―ミッシュ族の儀礼用の石製碗がう〇こっぽい!」です( -д-)ノ

たまたまそう見えてしまった!というだけで、当該記事に関するカナダ考古学やアメリカ先住民、スコ―ミッシュ族等々に対して全く悪気はないのでご容赦下さいヽ(TдT)ノ

さて、カナダ考古学はもちろんですが、そもそもカナダの地理に疎いので地図を用意しました。

a237


さて、今回のテーマに関する発見は、カナダのブリティッシュコロンビア州に所在する「スコ―ミッシュ(Squamish)」が舞台です。

上図に示したようにスコ―ミッシュは同州で最大の港湾都市バンクーバーの北方の山地に位置します。ちなみにバンクーバーの地名は18世紀後半、カナダ西海岸地域の測量を行ったイギリスの探検家、ジョージ・バンクーバーに由来するそうです。

この地域はスコ―ミッシュ-リロエット地域として知られ、南部のスコーミッシュ川周辺は伝統的にスコーミッシュ族の地域であり、北部はリロエット族の地域です。


写真からも分かるように、スコ―ミッシュは大自然を満喫できる観光スポットとして有名なのだそうです。ほんと綺麗ですよね~(まぁ私は高い所ダメなので行っても楽しめないかも知れないですが( -д-)ノ)

さて、スコ―ミッシュ族とはどのような人々かですが、

そもそもアメリカ大陸における先住民の総称であるアメリカンインディアンは非常に多くの部族に分かれています。カナダだけでも197部族が登録されています。

その中でスコ―ミッシュ族は北西海岸インディアンに分類されており、古くより独自の紋章を持たず、またトーテムポールも建造しないという特徴を有します。

一方で、独自の伝統的な彫刻技術によって写実的な木彫りの動物や人型のウェルカムポールを製作したことで有名です。

今回の記事のテーマに関する発見物は、彼らスコ―ミッシュ族が約1600年前に使用していた儀礼用の石製の碗なのです。

↓↓↓それがこれ!↓↓↓



この遺物、洗い立てなんですよね。しかも泥がまだ付着していて洗いが不十分です。恐らく出土して、すぐにその場でささっと洗って撮影したものなのでしょう。

なのでとても新鮮な「とぐろう〇こ」に見え……ました、ごめんなさい。まぁもしそうなら素手で掴んで写真撮ってる方は凄いですよね( ・Д・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このスコーミッシュ族が使用していたと考えられる古代の石鉢は火山岩を加工して製作されたものです。同形態の石鉢はカリフォルニア州とアメリカ南西部における初期の先住民文化において非常に類似したものが出土しています。こういった形態の石鉢は伝統的な儀礼行為と密接に結びついているようです。

その儀礼行為とは、スコーミッシュ川にサーモン(鮭)が遡上することを予知(経験的予測か?)して、その予言そのものや、鮭の遡上、そして豊漁に対して敬意を表する古代の儀式の一部であったとのことです。

この石製碗は単純な碗形態ではなく、動物を表象している場合があり、フクロウをデザインしていたようです。フクロウは空の生態系における頂点ですから、世界的に見ても「強者」、「知恵者」、「夜の支配者」などといった象徴的な意味合いを以て、様々な物質文化に現れます。

この石鉢の場合はかなりデフォルメ化されているようですが、正面には丸い顔、後ろには2つの羽と尾の羽があるように見えるそうです。 写実的に製作されているのではなく、フクロウ(あるいは他種の鳥類)の要素が表現されているようですね。

このような石製の碗は、スコ―ミッシュ川沿いの主要な漁場で出土するとのことで、およそ2000年前にはすでに何百人もの人口を有する集落がかつてこの川岸沿いに点在していただろうと推測されています。

スコ―ミッシュ族との関連を示唆する最古の考古学的文化は同地域にて少なくともおよそ9000年前に遡るだそうで、そのような痕跡の残る遺跡からは当時のゴミ捨て場(貝塚に類する遺構)において広範囲の哺乳類や魚の骨だけでなく、多くの狩猟・漁労用の矢頭や切削工具が出土しているとのことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カナダの誇る大自然の中でキャンプしながらの発掘調査……あこがれるな~(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

……もし参加する場合は、周辺での「野〇」は禁止ですね。間違って掘り出して、嬉々として写真を撮ってしまいそうなのでヽ(TдT)ノ

↓「う〇こ」に見えた人は正直に言うように( -д-)ノ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ