にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

タグ:ティカル遺跡

2020ねん 2がつ 20にち(すいよーび、晴れ)

3月~5月もガチ乾季に向けて、もうすでに暑くなり始めたよ。

体力奪われる~( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だんご大発見
↑ようやく見つかった!(「歩け、マヤ」管理人、撮影)


今回の考古学・歴史ニュースは「ティカル遺跡の一般住居址でお墓を見つけたよ!」ってお話です(*・ω・)ノ

王墓や貴族の墓じゃないので大したことないかも知れませんが、個人的に人生初の墓の検出なのでテンション上がりました!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

さて、色々とあった第2週目ですが、成果の報告をしますね!

これまでの経過とかよく分からんよって人は是非前回の記事をまず初めにご覧ください( -д-)ノ


↓これです(*^・ェ・)ノ

↑ティカルの位置とか、ティカルにおける発掘区の位置についても説明しています(*^・ェ・)ノ


arukemaya759
↑発掘前の様子(「歩け、マヤ」管理人、撮影)


前回掘っていたのは『L字状の建造物グループ』の西側の住居です。

今回掘ったのはより大きな北側の住居、『建造物4F-20』です。

上に挙げたように掘る前はこんな感じで何の変哲もありません( -д-)ノ


arukemaya760
↑表土層を剥いだ時の様子(「歩け、マヤ」管理人、撮影)


でもちょっと掘り始めただけで、長い切り石が出てきました。

しかし写真の手前側に続かず、なんでかなと思ってました。



arukemaya761
↑倒壊した壁が見えます(「歩け、マヤ」管理人、撮影)


少し深く掘ってみると、倒壊した壁らしきものがどんどん出てきました。

最初に見えてた奥の長い切り石はやはり壁の一番下の基礎部分であることが分かりました。

でもはやり写真手前側に続かない。

倒壊した壁の一部達も写真の手前側(東側)には見当たらないので、植物といっても主に大樹の根の影響で破壊されてしまったのかなとひとまず考えていました。

最終居住面である床面もはっきりしませんからね( -д-)ノ


arukemaya762
↑床面の様子(「歩け、マヤ」管理人、撮影)


どんどん掘っていくと前回の住居同様に複数の床面が見えてきました。

上層の方の床面は保存状態が悪く、不明瞭でした。

特に東側は。

上の写真は2番目の床面です。

1番目の床面よりはマシですが、非常にボロボロとした薄い漆喰層です。



arukemaya763
↑表土層近くから出てきた動物骨たち(「歩け、マヤ」管理人、撮影)


そんな折に、骨が出てきました。

古代マヤ人が食べた動物骨ですね。

しかし上の写真で1点だけ新しい綺麗な骨ありますよね?

これは牛の肋骨です。

ネズミ等の小動物が齧った痕跡があるので、けっこう深い部分まで攪乱(土が遺物ごと混ぜられてしまっている状態)が見られるのだなと思ってました。

だから、「あ~、この住居はヤラレ(攪乱のこと)がひどいから、層位資料は期待できないな~」とか思ってたら……



arukemaya764
↑指の骨!(「歩け、マヤ」管理人、撮影)


もう何も出ることもなく、最下層面である母岩面に辿り着いちゃうなヽ(TдT)ノ

って時に、骨がぽろぽろと出てきました。

しかし上の写真のように焼けているんですよ。

大体の骨がしっかりと焼けていて、すっかり炭化しているものも少なくなかったのです。

古典期(CE250-1000)のマヤ地域では土葬が一般的であり、火葬は後古典期(CE1000-1500)に一般的になるのです。

古代都市ティカルは古典期の終わりに放棄されていて、ティカルを中心とするマヤ地域中部低地の人々も次々と都市国家を放棄して南北に大移動します。

つまり後古典期のマヤ文化は時代も地域も大きく異なるです。

当然、火葬の文化の時間的位置や分布域も異なるわけです(TДT)

だから、『焼けている骨=食べるために焼いた=動物骨』って図式が頭の中にあって、動物骨の集中かなって思ってたら、、、

上の写真の通り、人の指の骨があったのです!!!(TДT)

(指の上に載せてるやつです。ちなみに一番手前の骨は歯)


arukemaya765
↑お墓の様子(「歩け、マヤ」管理人、撮影)
 

お墓かも知れない!!?ということになり、テンションアゲアゲで掘り進んでいったら、上の写真のような状態になりました。

上の方の茶色いのが『頭蓋骨』です(*^・ェ・)ノ

で、下の方にあるのが『捧げもの』ですヾ(´ω`=´ω`)ノ

いや~嬉しいものですね(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

最大の疑問は、なぜ古典期後期(CE500-900)に帰属する一般層マヤ人の住居に埋葬された人骨が焼けていたのか?

続く調査でおおよそ、その状況が解明されていきます。

第2週目のお墓に関する発掘の詳しい様子については下記のYouTubeに上げた動画を見て下さい。

調査5日目からが、お墓(?)の出た「建造物4F-20」に関する動画です。

↓面白そうなのはこの辺り(7日目)かな?(。・ω・)ノ゙
チャンネル登録よろしくお願いします!ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ

↑他にも色々あるので見てみてくださいな(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まぁYouTubeに挙げてる動画はただの『動画による記録』なので、帰国したら編集して少しはマシな動画を作りたいな~と思っています。

カメラの能力で画質も良くないですし、回線速度の問題でアップも大変ですが、ひとまず今回はこんな感じで頑張って行きます。

調査はまだ続きますので、是非、応援よろしくお願いします!ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ

↓YouTubeのチャンネル登録者数を増やしたい!↓
↓お願い!目指せ1000人!現在14人!↓
↓1名増えました!ありがたい!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓
↓下の赤いバナーをぽちっとするだけ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020ねん 2がつ 13にち(もくよーび、晴れ)

日本時間で日記書いてると混乱してくるので、現地時間に変更したよ( -д-)ノ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya732
↑建造物4F-19、3層上面の様子(
柳田康雄氏提供
「歩け、マヤ」管理人、撮影)


今回の考古学・歴史ニュースは「2020年度ティカル遺跡発掘調査、第1週目の成果をまとめるよ」ってお話です(*・ω・)ノ

「歩け、マヤ」では既に何度か紹介したことがあると思いますが、マヤ文明で最も重要な遺跡の一つであるティカル遺跡で発掘調査を実施しています。

ティカル遺跡はグアテマラ共和国の北部、ペテン県フローレス市にあります。

ティカル遺跡は、ティカル国立公園として世界複合遺産に登録されており、世界中から大勢の観光客が訪れる著名な大遺跡の一つです(*・ω・)ノ




arukemaya735

arukemaya733a
↑ティカル遺跡中心部の図(Carr and Hazard 1961のTikal Mapを加工)


上の3番目の図に示したように、紫色の四角部分が2016年に調査したエリアになります。

今回の調査エリアは赤色の四角部分です。

これまでにい古代マヤの土器焼成址(窯)は発見されていないのですが、それと思しき遺構を2017年の資料調査の際に検出しました。

それが赤色四角部分のすぐ東になります。

この古代の窯と思しき遺構に最寄りの一般層住居を発掘し、窯と思しき遺構との関係性について明らかにし、当該エリアが土器工人集団の工房エリアと言えるかどうかをチェックすることが今回の調査の主要な目的となります(・∀・)つ

国内最古級となる弥生時代後期(1~2世紀ごろ)のすずりが福岡県糸島市の三雲・井原遺跡で見つかり、市教育委員会が1日、発表した。この遺跡は中国の史書「魏志倭人伝」に登場する「伊都国」の都とされ、邪馬台国時代の倭(わ)国(日本)が文字を用いて外交した裏づけとなる。

 出土したすずりは石製で、長さ6・0センチ、幅4・3センチ、厚さ6ミリの破片。薄く裏面の粗い加工など中国・漢代の板石すずりと特徴が一致し、復元すると長さ10~17センチのほぼ長方形とみられる。弥生土器や朝鮮半島製の楽浪(らくろう)系土器が集積した「土器だまり」で見つかった。弥生時代のすずりは田和山遺跡松江市)に続き国内2例目。

 中国や朝鮮半島に近いこの一帯は日本列島と海外をつなぐ外交窓口だった。倭人伝は、伊都国には女王卑弥呼が派遣したともいわれる役人や海外からの使いがおり、文書類も点検したと記す。市教委は、すずりは倭人伝の記述を裏づけ贈答品の返礼書作成など外交文書のやりとりが行われていた、とみる。

 西谷正・九州大名誉教授(東アジア考古学)は「文字文化や外交文書行政の始まりを知る資料だ。先進文化は外交拠点のここに入り、国内に広がったのではないか。すずりの時期は(紀元前の)弥生中期にさかのぼる可能性もある」と話す。



arukemaya736
↑今回の調査エリアの拡大図(Carr and Hazard 1961の図を加工)


調査エリアの名称は『4F』です。

上に挙げた図がエリア4Fの拡大図になります。

「Op.~(オペレーション・ナンバー)」は窯と思しき遺構群の位置で、特にOp.14が重要な遺構になります。

このOp.14に近い住居として、青色の網掛け部分を調査対象にしています。

今回の調査対象である建造物グループは2つの建造物から成り、西側が建造物4F-19、北側が建造物4F-20になります。

調査第1週目はこの内の、『建造物4F-19』を対象に発掘を実施しました(*^・ェ・)ノ



arukemaya737
↑調査開始前の様子(「歩け、マヤ」管理人、撮影)


調査開始前はこんな感じです。

ティカル国立公園で最も高級なホテルの裏手の従業員宿舎の更に裏に位置しています。

ホテルの拡大は禁止なのですが、実際には拡張しちゃってるので、いずれこの住居も無くなりそうですね( -д-)ノ



arukemaya739
↑石の列が見えます(「歩け、マヤ」管理人、撮影)


arukemaya740
↑横から撮ってみました(「歩け、マヤ」管理人、撮影)


地表面の土をどかしていくとすぐに石の列が出てきました。

2枚目の横から撮った写真が分かり易いのですが、一番左の一列は綺麗に直線的に並んでますよね。

それが住居の壁の一番下の切り石に当たります。

それより右にあるのは全て元々壁として上に積んであったもので、右側に倒壊した状態になっています(*^・ェ・)ノ



arukemaya741
↑倒れた壁をどかした状態(「歩け、マヤ」管理人、撮影)


一番下の礎石だけを残して、倒壊した壁を取り除きました。

そうすると上の写真のように一面真っ白になりました。

これが『床面』です。

漆喰でコーティングされているので白いのです。

これが最終居住面になり、出土した遺物から古典期後期(ac.CE500-800)から終末期(ac.CE800-1000)頃に使用されたものと考えられます


arukemaya742
↑(「歩け、マヤ」管理人、撮影)

どんどん掘っていくと2番目の床、3番目の床が出てきました。

上の写真の左側、壁の礎石の下側に階段状に、帯状に残してあるのがそれぞれの床面です。

第1週目ではこの先も掘り進めて、母岩である石灰岩層まで到達しています。


【簡単なまとめ】

第1週目の成果は、

① 3回の床面の張替えを行っていることが分かった。

② 建造物4F-19における居住時期は全体的に古典期後期(CE500-800)だと分かった。

以上の2点です。

遺物の分析が進めば、土器焼成址(窯)との関係も分かるかも知れませんが、残念ながらこれまでのところ分かり易い明瞭な土器生産の証拠は見つかっていませんヽ(TдT)ノ


↓動画もアップして解説してますので、ぽちっとチャンネル登録と共に是非視聴してみて下さい。











・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一番下の動画、「くるくるシリーズ」は現地の人には大好評だったのですが、、、

実は『リコーシータV』がエラー起こして使えなくなりました。

よくあること(!?)らしく、問い合わせたところ、交換しないとダメらしいんですよねヽ(TдT)ノ

悲しいけど仕方ないので、また次の調査で「くるくるシリーズ」やりたいなと思いますヾ(´ω`=´ω`)ノ

ネット環境があまり良くないのでアップも難しいのですが、何とか頑張ります。

どうか下のボタン(赤色のYouTube)をぽちっとしてチャンネル登録お願い致します(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

↓マヤ遺跡での調査速報などをアップしてます!↓
↓YouTubeのチャンネル登録者数を増やしたい!↓
↓お願い!目指せ1000人!今12人!↓
↓またお一人様増えました、ありがたい~!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020ねん 2がつ 4にち(かよーび、曇り)

足の裏の痛みが抜けません( -д-)ノ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

集合写真①
↑調査メンバーですヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ


今回の考古学・歴史ニュースは「2020年、ティカル調査を始めたよ!&チャンネル登録してね!」ってお話です(*・ω・)ノ


昨日調査開始しまして、本日二日目も終了しているのですが、やや遅れながら調査速報をお届けしたいなと思います。

ところで、、、

以前にもお話していた通りYouTuberになりますわ!( ・Д・)

元々家族・友人に調査している遺跡や国のことをビデオで教えようかなと思ってたのがきっかけなのです。

しかしながら調査の記録の一環として動画撮影を行っているのでそれをYouTubeにアップすることにしました。



↑調査区の周辺環境の説明①です(*・ω・)ノ



↑調査区の周辺環境の説明②です(*・ω・)ノ



↑調査区を設定しました!(*・ω・)ノ



↑発掘始めたよ!(*・ω・)ノ


本来は編集とか必要なのでしょうが、回線速度の問題もあって今回上げるような1分程度の動画でもめちゃくちゃ時間かかるんですよヽ(TдT)ノ

なのでちゃんと編集したダイジェスト版は日本に帰ってからになると思います。

どれも短い動画ですので、気軽に見て頂ければなと思ってます。

あと……私滑舌悪いですし、緊張と恥ずかしさで声出てませんがご了承ください。

滑舌以外は、その内慣れるのではないかと思います( -д-)ノ


arukemaya709
↑ティカルの敷地内にある雨季に現れる川と橋、今は枯れてます。


収益は調査・研究資金になりますヾ(´ω`=´ω`)ノ

まぁ収益化なんてできるのかも分かりませんが、一応チャンネル登録をお願いしたく思います。

大きく稼げれば調査・研究資金として使用できます(*・ω・)ノ

小さくとも、例えば100円~200円でも現地スタッフにコーラ買ってあげることくらいはできます。

現地の人にとってはジュースも高級品ですのでね(*^・ェ・)ノ

ちなみにグアテマラの平均月収は3万円程度です。

実際には仕事を探している人で溢れていますし、年中働ける人はそんなに多くありません。

まぁ基本的な調査資金は科研費等で賄うとして、プラス8万円程度あれば調査員を2人雇って調査範囲が2倍になります。

遺物の出土量も2倍になりますので調査期間が伸びて、私の仕事量も2倍になりますけど、

研究活動の広報を兼ねつつ、収益を研究助成金のように使えれば一石二鳥!( ・Д・)

だなと甘く考えております。

どうぞご支援宜しくお願い致します(*・ω・)ノ

↓チャンネル登録してね!↓
↓大事なことだから繰り返すよ!↓
↓チャンネル登録してね~!( ・Д・)↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020ねん 2がつ 4にち(かよーび、晴れ)

YouTuberになれるよう、色々動画撮りますね。

編集できるか不明だけどね( ・Д・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


arukemaya711


今回の考古学・歴史ニュースは古代マヤ文明の中心地、ティカル遺跡で新たな大きな発見があったよ!」ってお話です(。・ω・)ノ゙

私も昨日聞いたばかりの話なので、きっとまだ日本には伝わってないかなと思います。

ということで、本邦初公開!

ティカル遺跡で、テオティワカン様式建造物群が見つかりました!

説明なしでは全然、凄さが伝わらないので簡単に説明していきます(*^・ェ・)ノ


arukemaya710
↑ティカルの位置(「グーグルマップ」より一部加工)


古代マヤ文明とティカル遺跡

ティカル遺跡と言えば、古典期マヤ(CE250~1000)を代表する一大遺跡です。

古代マヤ文明を語る上で欠かせない中心的な存在です。

上の図は「ティカルの位置」と検索した時に出たグーグルマップです。

何故かティカルがたくさんあるのですが、、、

丸で囲んだ箇所が正確なティカル遺跡の位置になります。

一方で四角で囲んだ部分がマヤ文明のエリアになります。

ざっくり言えば、マヤ文明とは『マヤ諸語』を扱う人々がかつて築いた文明です。





arukemaya713


テオティワカン文明と「テオティワカンの影響」

一方でテオティワカン文明とは、メキシコ中央源のテオティワカンを中心とした文明です。

帰属遺跡としてはテオティワカンだけが突出して有名ですね。

上に挙げた地図で分かるように、先ほどのマヤ文明がユカタン半島に広がっていたのに対して、テオティワカンは遥か北西方向にあります。

このテオティワカン文明は正確には何語を話していたかは不明なのですが、古代メキシコ文化に属する文明です。

つまりマヤ人とは使用する言語が異なる、異言語集団の文明なのです。

地図で見て分かるようにテオティワカンとマヤ地域は非常に離れています。

例えばティカルの距離は直線距離でおよそ1000km程度離れていて非常に遠いのです。

それにも関わらず古典期前期後半(CE350~500)頃にはマヤ地域にて広くテオティワカン文明に由来する遺物・遺構がたくさん見られます。

これを『テオティワカンの影響』と呼んでいます。


arukemaya714
↑ティカルの5号神殿


今回の発見について

この「テオティワカンの影響」の原因はテオティワカン人によるマヤ地域の征服ではないかと碑文学研究等で言われてきました。

しかしテオティワカン人がマヤ地域に居住した明確な証拠は現在までに発見されていなかったのです。

最近の小型航空機等を使ったレーザー測量技術の発達により、森林で覆われているマヤ地域の高精度マッピングが可能になっています。

そのデータを活かして新たに発見されティカルの5号神殿の裏手の居住区を発掘したところ、テオティワカン様式の建造物、及び4つの墓を発見したそうです!

ティカルとテオティワカンの関係が今後より詳細に分かるかも知れませんね!



arukemaya715
↑最新の技術によるティカルのマッピング


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今でも私は地道にトータルステーションで測量調査してますけどね。

時代はどんどん移り行き、考古学もどんどん変わっていくなと感じる今日この頃です。

私の主要研究テーマに直結するのでまた進展がありましたら報告しますね!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

↓私の調査の成功も願いたい!(*^・ェ・)ノ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019ねん 12がつ 25にち(すいよーび、晴れ)

クリスマスか。

とりあえず、鳥モモとケーキを食べておくか!( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya639


今回の考古学・歴史ニュースは、「科研費獲れたよ!&来年2回調査するよ!&これまでの研究報告するよ!」です!(*・ω・)ノ

真面目に報告するとめちゃ長くなるのでさくっとお伝えする予定です。

これまでなぜ報告しなかったかと言うと、論文・調査報告に掲載している関係上、あまり早くかつ正確に情報流すとマズイかなと思ったからです。

日本の学会はその辺、緩い気がするけど、アメリカ考古学会とか海外は厳しいですからね。

……怒られたくありません!( -д-)ノ

ということで、まずは科研費報告から!



arukemaya641



科研費獲ったど~!

応募したのは「研究スタート支援」で、諸先輩方からすると少額でしょうが何とか頂くことができました。

いや~、海外調査やるとお金かかるんですよ。

マヤ文明で最も有名なティカル遺跡(上に挙げた写真のところ)が所在するグアテマラでは、法律上、現地考古学者をサブディレクターとして雇用する義務があります。

私は月1000米ドル(12万円くらい?)払ってます。

今年はお金ないのでトータル30万円くらいの契約です

トータルってのは事前の調査許可取得、実際の調査指揮補助、ラボ作業、報告書作成含めてってことです。

発掘作業員と発掘補助員も雇うのでこっちは合わせて600米ドルくらいかな。

地球の裏側なので、私の航空券だけで25~30万円するし、なかなか大変なのです。

今回は確か120万円×2年頂きまして、内20万円を間接経費として所属大学にきっちり納めております。

なので私が使えるのは100万円/年度なわけです。

でもほんと獲れて良かったです。

これで今やりたい基礎研究は半分完了の予定です(。・ω・)ノ゙


arukemaya640


今年の調査は2回!

上に挙げた写真のように、実際にティカル遺跡の建造物群は亜熱帯ジャングルの中にあるんですよね。

最初に挙げた写真はティカル国立公園の考古学ゾーンの中心部である「北のアクロポリス」&「1号神殿」ですけど、まぁもちろん私はそんなとこ掘りません( -д-)ノ

ところどころで書いてますけど、私の専門は土器です。

なので今研究しているのは、

①ティカルにおける土器生産体制の解明

②ティカルを中心とした土器の生産と流通の解明

といった内容です。

マヤの碑文には経済に関する情報が欠如していますので、ゆくゆくは古典期マヤにおける土器経済の解明」を目標にしたいなと思っております(。・ω・)ノ゙

来年の一回目の調査は2020年1月末より3月半ばを予定しています。

調査対象は、

①ティカル国立公園、管理エリアのホテル・ジャングルロッジの裏手にある住居マウンド

②同エリア、ペンシルヴァニア大学調査時代の旧滑走路北東端における旧ピット

です。


①に関しては、また別の機会に詳しく書こうかと思いますが、、、

たぶんですよ???

古典期マヤに帰属するものとしてはこれまでに検出されていない、「土器焼成址」の検出ができちゃったかな~みたいな地点です。

今回の調査を通して、もう少し証拠が見つかり、かついくつかの証明するための論文を書けば、、、

簡単に言えば、

世界初、古代マヤの窯址を発見したよ!ってことになる……ハズですヾ(´ω`=´ω`)ノ

乞う、ご期待!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

②に関してはティカルに堆積している2種類の粘土の堆積状況の確認と、粘土サンプルの取得が目的です。

また2020年、2回目の調査は10月~11月頃を予定しており、ティカル周辺の湖沼、雨季に生じる河川や湿地帯、またその周辺にある主要遺跡における粘土及び砂のサンプル取得と主要土器の鉱物組成分析を実施予定でおります。

楽しい報告ができればいいなと思いつつ、地味な分析を頑張りたいと思います( -д-)ノ


arukemaya642
↑ティカル調査の拠点、フローレス島(「wikipedia」より転載)


これまでの調査報告?


先ほど、「世界初の発見だよ!」って書いてしまったので、特に他に言うことはないんですけどね( -д-)ノ

まぁこれまでは先行研究において、土器製作工房エリアと考えられていた地点のすぐ南を調査していました。

目的はもちろん、「ティカルにおける土器生産体制の解明」です。

すごいジャングルの中だったので、体力的に本当に辛い調査でした。

初めての調査(ホンジュラス、コパン遺跡を入れると二回目)だったのであんまりよく分かってないんですよ。

予備調査みたいなものだったので……

もう一回助成金を獲って、追加調査しないと面白くならないな~と感じています。

まぁただ、これまで多くの研究者が、貴族層を相手に、デカい神殿や豪華な宮殿を対象として調査してきたのに対し、

一般層の住居グループを対象として、しかも何もない広場の中心部やゴミ捨て場を掘って、堆積状況の確認をまず行ったよってのが、日本人らしい地道な掘り方だったかなと思ってます。

個人的には十分な知見を得られましたが、成果としてはインパクトが少なくて……継続的にお金獲りにくい状況になったのは反省しておりますヽ(TдT)ノ

一般層工人集団のことも明らかにしていかねばと思ってますので、今後何とかしますね!



おわりに

ところで先日、リコーの360度カメラ買ったんですよ。

家族とか友人にもティカルの様子を伝えたいなと思いましてね。

でもせっかくなので、youtubeにも乗っけてみようかなと思います。

御朱印集めの際にも撮ってみようかなとは思いますが、ティカル等のマヤ遺跡に関しては2020年2月以降となりますのでご了承ください。

でも今から事前にチャンネル登録して頂けると幸いです。

せっかくなので、研究者が許可ありでなければ入れないようなところも、撮影してみんなに見てもらおうかなとも思っています。

時間あったら、簡単な解説も付けちゃいますよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

ということで、チャンネル登録&今後もよろしくお願いします!ヾ(´ω`=´ω`)ノ



↑今度、Youtubeにティカル遺跡とかの動画upするからチャンネル登録してね!↑
↑今は、ほんと何もないけどね!!!( ・Д・)↑

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ