にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

タグ:ミイラ

2020ねん 2がつ 9にち(にちよーび、晴れ)

こちらは調査開始後、ようやく最初の土曜日である。

のんびり寝つつも、しっかりと仕事したよ!ヾ(´ω`=´ω`)ノ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya716
↑声帯が再現されたミイラ、なんか怖いヽ(TдT)ノ(下記の動画の映像より)


今回の考古学・歴史ニュースは「ミイラの声帯を復元して当時の声を再現した研究があるよ!」ってお話です(*・ω・)ノ

上に挙げた写真のミイラが今回の研究の対象になったミイラです。

彼の棺には神聖文字が刻まれており、その名前は「ネシャムン」で、カルナック神殿で書記官や僧侶として働いていたことが分かっています。

ネムシャンは古代エジプト第20代王朝の第10代ファラオ、ラムセス11世(紀元前1098~1070年頃)の時期の人物で、埋葬されたのは紀元前1100年頃、つまりネムシャンのミイラは今から約3000年前のミイラということになります。

また彼の棺には「声の真実」を意味する贈り言葉(称号のようなもの)が記されており、彼は生前、神殿における儀式の際に歌を歌っていたと推測されています。

このことを理由に声帯の復元が行われた……のではなく、研究者側の事情でこのミイラ「ネシャムン」が選ばれたのだろうなと私は思います( -д-)ノ

というのもこの研究を行ったのは、イギリス、ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイのデビッド・ハワード氏らの研究グループだそうです。

一方でこのネムシャンは同じくイギリス、リーズ私立博物館が所蔵するミイラであり、イギリスでも最も保存状態の良好なミイラなのだそうです。

やはり研究の上では許可の関係上、自国や影響力の強いところでやるのが普通です。

変わった研究であればあるほど、どうしてもそうなる傾向が強いですね( ・Д・)




ネムシャンのミイラは医療で用いられるCTスキャンを使用して内部構造が分析され、3Dプリント技術によって復元されました。

これによってミイラの唇から咽頭までのモデルが印刷・復元されたのです。

この復元モデルをコンピューターとスピーカーにつないで人工声道を作り、発声させました。

↓それがこれ↓(*何か怖いので注意!ヽ(TдT)ノ、音量にも注意!( -д-)ノ)






私は怖いの苦手なので、聴いた時はうわぁヽ(TдT)ノってなりましたけども……

面白い研究だとは思うのですが、どんな意味があるのかなってちょっと思ってしまいました。

海外ではこのような一般向けにインパクトのある研究がちらほらと散見されるのですが、日本ではほとんどないですよね。

私がこの研究について知って驚いたのは、「こういう研究にもお金が落ちるんだ!Σ(・ω・ノ)ノ」ってことですね。

世の中歴史好きが多いにも関わらず、人文科学は一体何の役に立つのかと叩かれっぱなしに思えます。

もちろん何の役に立つだろうかと研究者自身が自問することは大事だと思います。

そしてそれは研究の助成金申請時の書類の記述にもやはり現れてきます。

地道な基礎研究も大事ですが、日本でもこうした世間一般にインパクトのある面白い研究に対しても助成金が落ちるようになるといいですね(*^・ェ・)ノ

↓YouTubeのチャンネル登録者数を増やしたい!↓
↓お願い!目指せ1000人!今9人だけ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019ねん 11がつ 29にち(きんよーび、晴れ)

体調不良で月末死んでました……

申し訳ない!(/TДT)/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya622
↑古代エジプトの動物園を描いた壁画(「LAB」の記事内画像より転載)


今回の考古学・歴史ニュースは、「WEB版、ミイラ動物園をオープンしてみたよ!」ってお話です(。・ω・)ノ゙

前回、古代エジプトにおけるライオンの赤ちゃんのミイラについて書きました。





今回はその流れで動物のミイラの画像を集めたら、動物園と言っていいくらいにけっこうな種類が集まるのではないか?という思い付きです(*・ω・)ノ

ちなみに動物園は古代エジプトや古代メソアメリカにおいて約5000年も前に成立しています。

動物園で死亡した動物をミイラとして埋葬したのであれば、けっこうな種類になりそうですよね?

ということでどんどん紹介していきたいなと思いますヾ(´ω`=´ω`)ノ


①ネコのミイラ


②ライオンのミイラ



*シベリア、永久凍土中から発見された約4万4000年前のライオンの赤ちゃんです。


③ワニのミイラ
arukemaya623


④ハヤブサのミイラ
arukemaya627
↑右の黒っぽいのが最もそれらしく見えるかも(「AFP BB NEWS」の記事内画像より転載;credit : Khaled DESOUKI)



⑤ネズミのミイラ
arukemaya628
↑しおしおになってますね( -д-)ノ(「CNN.co.jp」の記事内画像より転載;credit:Egypt Ministry of Antiquities )




⑥イヌのミイラ


⑦ウシのミイラ


⑧ヒヒのミイラ


⑨ヒツジのミイラ


⑩トキのミイラ
arukemaya633
↑素敵な木棺(?)、上部に頭部が見えています(「NACIONAL GEOGRAPHIC」の記事内画像より転載;credit : Richard Barnes, Nat Geo Image Collection)


⑪ガゼルのミイラ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先に述べましたように、古代エジプト等での動物園の歴史は古い物ですが、ミイラとして残っているものの多くは神聖視された動物たち、各種の古代エジプトの神々の眷属、王族のペットだったもののようです。

簡単に調べただけで今回11種類を紹介できましたので、動物のミイラはまだまだありそうです。

ミイラばかり並べるのもどうかと思いますが、これも(主に)古代エジプト人の動物への敬意と愛情を示したものですので、また調べて第2弾として紹介しますね(*・ω・)ノ


↓動物園とか水族館っていくつになっても楽しいよね!↓
↓って思う人、押しましょう!ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ↓



このエントリーをはてなブックマークに追加

2019ねん 11がつ 25にち(げつよーび、雨)

今月あと5日さえ頑張れば、楽になるんだ~!!!

しかし宣言したあと4記事書くことも達成したい(*・ω・)ノ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya610


今回の考古学・歴史ニュースは、『古代エジプトのネコの女神の神殿からライオンの赤ちゃんのミイラが出土したよ!』ってお話です(。・ω・)ノ゙

ライオンはネコ科なわけですが、ライオンの赤ちゃん見てると、「あ~これはネコだわ!カワ(・∀・)イイ!!」ってなるじゃないですか?

まぁそもそも古代エジプト神の中に「ネコの女神」がいることを初めて知りましたが、その神殿でネコの赤ちゃんのミイラが出土するってことは、、、

やはり古代エジプトでも「ライオンの赤ちゃん=ねこ!」って感覚があったのだと思います(・∀・)つ

ということで、とりあえずぬいぐるみのようなライオンの赤ちゃんの動画をどうぞ(*^・ェ・)ノ



↑もふもふ感が良き!カワ(・∀・)イイ!!(先ほど紹介した朝日新聞の動画です)




さて、本題に入りますと、エジプト考古省は首都カイロ南郊の古代都市サッカラ(Saqqara)で、新たに発見された遺物群の公開がなされました。

上に挙げた写真で分かるように、サッカラ遺跡公園の中で特別展として公開されています。

展示された遺物群は、古代エジプト人が崇拝していた猫の女神バステト(Bastet)を祭る神殿の下から出土したものだそうです。

帰属時期は紀元前7世紀頃の古代エジプト第26王朝時代と推測されています。

展示の目玉は、上に挙げたような猫の像75体と、象形文字による装飾が施されたライオンの赤ちゃんのミイラ5体です。


arukemaya612

↑お座りしたネコの像(「AFP BB NEWS」の記事内画像を一部加工;credit by Khaled DESOUKI / AFP)



arukemaya613

↑気になるお顔のネコの像(「AFP BB NEWS」の記事内画像を一部加工;credit by Khaled DESOUKI / AFP)



arukemaya614

↑大小様々なネコの像(「AFP BB NEWS」の記事内画像を一部加工;credit by Khaled DESOUKI / AFP)



arukemaya616
↑ネコ科動物のミイラ(「AFP BB NEWS」の記事内画像を一部加工;credit by Khaled DESOUKI / AFP)



arukemaya617
↑ネコのミイラ①(「AFP BB NEWS」の記事内画像を一部加工;credit by Khaled DESOUKI / AFP)



arukemaya618
↑ネコのミイラ②(「AFP BB NEWS」の記事内画像を一部加工;credit by Khaled DESOUKI / AFP)



写真を見てて、どれがライオンの赤ちゃんのミイラなのか分からないんですけども……


恐らく「ネコのミイラ」と同定できているものは「ネコ」なのでしょう。


で、「ネコ科動物」と同定しているものが恐らく「ライオンの赤ちゃんのミイラ」なのだと思います。


なので展示ケースに8体横たわっている写真の中にライオンの赤ちゃんのミイラがあるはずですが、どの個体がそうなのかは分かりません。


8体中、4体ですし、恐らく小さい個体がそれに相当するのかなと思います( -д-)ノ



arukemaya615

↑ネコ科の動物のミイラらしい(「AFP BB NEWS」の記事内画像を一部加工;credit by Khaled DESOUKI / AFP)



arukemaya621
↑ライオンの赤ちゃんのミイラの全体像(「Yahoo Japanニュース」の記事内画像より転載;credit: エジプト考古省)



で、ライオンの赤ちゃんのミイラは全5体なのですが、残りの1体がこれ!


何かこういう「人面獣」的なマンガを読んだことがあります……


写真の撮り方にしてもなかなかインパクトあるなぁと思いますΣ(・ω・ノ)ノ



arukemaya619

↑バステトの姿(「wikipedia」より画像を転載)



さて、これが古代エジプト神話に登場するネコの女神、バステト神です。


昔から、ライオンはデカいネコ!ライオンの赤ちゃんはもはやネコ!って思ってたのかなと、私はふと思ったわけですが、どうやら違うようですね。


バステト神は上に示したようにネコの頭部を有する女神ですが、本来はライオンの頭を有していたそうです。


そこから他のライオンの頭部を有する神と区別化されて、ネコの頭部を有する穏やかな性格の神様となったという経緯があるそうです。


なのでこのバステト神の神殿で、ネコだけではなく、ライオンの赤ちゃんのミイラが出土するのは不思議なことではないようです。



arukemaya620
↑可愛い画像でPV数を稼ぐ作戦(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!(「SEKAI NO NEWS」の記事内画像より転載;credit: African Saffari Japan)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


普通は古代の儀礼行為等に関して「可哀相」とか、私は思いません。


やはり中立的な立場で過去を見るからでしょう。


ただ、直前に可愛いライオンの赤ちゃんを見たせいか、一瞬ミイラ見た時に可哀相って感覚に襲われてしまいました。


そういう意味ではあまり良い構成の記事ではなかったかなと反省しております。


でもせっかくなので、皆さんもそういう感情に襲われてみて、「何故、自分は可哀相と思うのだろう」、「何故、古代の人々はこういうことをしたのだろう」と考えてみるのも良いのかなと思います。


歴史を学ぶ意義は色々あると思いますが、その内の一つが「他者の理解」ではないでしょうか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


……久々に記事を書いた気がします。


実際に久々だったわけですが、この調子で今月、残り3本書いていきたいなと思います。


けっこう動物のミイラ関連ネタがあるので、ミイラ特集でいこうかな!(・∀・)つ


ぼちぼちと更新していきますので今後ともよろしくお願いいたします( -д-)ノ



↓実は色が綺麗だなって思いでこの順で配置しています( -д-)ノ↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

2019ねん 9がつ 24にち(かよーび、晴れ)

仕事のペースを上げようと思う今日この頃。

新しいモチベーション上げる方法を考案して実践開始してみたよ( -д-)ノ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


arukemaya592


今回の考古学・歴史ニュースは、「古代エジプトのミイラが消毒作業の前に一般公開されたよ!」ってお話です(。・ω・)ノ゙

上に挙げた写真&サムネの画像は同じものですが、これは「宇宙人の解剖」の写真です。

フェイクだと思いますけど、おふざけで載せてみました。

インパクトあるかな~って( -д-)ノ

本記事とは無関係なのであしからず!(*_ _)ペコリ

ではでは、公開されたミイラの様子を見ていきましょう!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!


arukemaya595


arukemaya596


arukemaya597




さて、このミイラが公開されたのはエジプトの首都カイロにある国立エジプト文明博物館National Museum of Egyptian Civilization)です。

このミイラは墓職人であるセンネジェム(Sennedjem)という名の男性のものだそうです。

セティ1世(Seti I)とラムセス2世(Ramesses II)の治世下に使えた人物で、古代エジプト第19王朝(紀元前13~12世紀)の時期のミイラだそうです。

墓職人と言っても、「王墓造営の職人」なので、比較的高い身分だったようです。


そのため下に挙げる画像のような非常に美しい墓に埋葬されました。

住んでいた職人の村の名前も「真理の場」という名称で、彼自身も「真理の場の下僕」という称号を得ていました。

彼の埋葬遺構の発見は1886年なので、詳細は不明ですが、今回行われる消毒作業とは保存処理の一環として定期的に行われるものなのかも知れませんね。

・・・・・・私としては、海外ドラマに出てくる急患の人みたいに、フツーにベッドで運ばれていくミイラの姿が何ともシュールな気がするのですが、私だけでしょうか?( ・Д・)




arukemaya593


最後にまたおふざけ画像を載せておきました。

こういうの考える人いるんだな~と感心してしまいます(*・ω・)ノ

個人的にはふざけてても全然構わないので、考古学系(各種遺物とか神様とかミイラ、土偶とか?)で色々と量産して広く一般の人を惹き付けるような新たな考古学ブームを巻き起こして欲しいなと思いますねヾ(´ω`=´ω`)ノ


↓ダイエットしてるせいか、ミイラってスマートだなとふと感じてしまった( ・Д・)↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019ねん 6がつ 3にち(げつよーび、晴れ)

今日は暑い!

そーめんが美味しい季節になってきた~

ここ最近はつけ麺ばかりだけども、そうめん、ひやむぎの出番かな~( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・



さて、今回の考古学・歴史ニュースは、「2000年前の古代エジプトで犬もペットとして手厚く葬られていたよ!」ってお話です。

ペットの歴史とか、日本の縄文時代における犬の手厚い埋葬例の話も過去にありましたね。

確か渡来人が犬を食べる風習があったけど、縄文系の人々にその風習は根付かず狩りのパートナーであり家族でもあった犬を手厚く葬っていた事例が考古学的に確認されたという紹介だったような。

……うむ、過去の記事が見当たらない!( ・Д・)

ライブドアブログの記事検索は使いにくいからと人のせいにしておきます( -д-)ノ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、今回の発見の舞台は現在のエジプトの中部にあるミニヤ(Minya)県に所在する遺跡、トゥーナ・エル・ガバル(Tunah Al-Gabalです。


遺跡はエジプトの首都カイロの南方およそ260kmに位置しています。


この遺跡は墓地遺跡で、所謂「ネクロポリス」です。


エジプト考古省の発掘調査によって同遺跡の地下に墳墓があることが確認されました。


地下墳墓は、地下およそ9mの位置に造られており、墓室はこれまでに6つ確認されています。


発見されたミイラは全部で40体以上にのぼり、内22体が成人、12体が子供、6体が動物でした(他に保存状態が良好ではないミイラが発見されている)。


これらの大量のミイラはその多くが墓室床面に設置されており、一部の限られたミイラだけが最初に挙げた写真のように棺に納められていました。


この棺は石棺ではなく、粘土由来の陶製棺であり、蓋がないのが特徴です。


陶製棺に納められた人々は、より高い社会階層に属した人々であったと考えられています。



arukemaya349
↑たくさんのミイラが安置されていた(「AFP BB NEWS」の記事内画像を一部加工;Credit: MOHAMED EL-SHAHED / AFP



古代エジプトにおけるミイラ作りの歴史は長いですが、共伴して出土したパピルスの分析から、地下墳墓とこれらのミイラは古代エジプトのプトレマイオス朝(紀元前323~30年)の時期にに帰属すると推定されています。

 

今回発見された6体の動物のミイラのほとんどが「イヌ」であると同定されており、ヒトのミイラと共に安置されていました。


イヌは1万5000年前頃にオオカミと分化し、当時の人々の狩猟生活を支える上で実用面で非常に重要でした。

1万2000年前までには人間には欠かせないパートナーとなっていたと考えられています。

今回の発見からは、2000年前の古代エジプトの人々にとって犬が実用面だけではなくペットとして家族として非常に大切な存在だったことを示しています。

現在の私達のペットを想う気持ちと関係が、既にこの頃には誕生しており、ミイラとして共に埋葬するという形に現れているわけですね(*・ω・)ノ。


arukemaya347

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミイラと言えばやはりエジプトを思い浮かべますが、ミイラは歴史的に世界各地で見られる風習です。

また自然環境の影響を受けて自然にミイラができる地域もありますね。

以前、世界のミイラについてまとめて書いたような気がしますが見つかりませんでした( ・Д・)

何の考古学・歴史ニュースに併せて書いたのだったか……ヽ(TдT)ノ

探しておきますが、ひとまずミイラ関係の記事を紹介しておきます。


↓「ミイラ」関係のバックナンバー
↑良かったら併せてどうぞ!(。・ω・)ノ゙

↓あ、縄文のイヌに関する記事が見つかりました~!
↑こちらも良かったらど~ぞ~ヾ(´ω`=´ω`)ノ

↓SEO対策として「歴史」って無駄に書いてみるぞ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ