2021ねん 1がつ 11にち(すいよーび、くもり)

今年は寒いよね、冬眠したいよね(´・ω・`)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya1324
↑クマと一緒に仲良く冬眠する人類!( ・Д・)(「歩け、マヤ」でテキトーに作成)


今回の考古学・歴史ニュースは「人類はかつて冬眠していたらしいよ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


さて、今回の舞台はスペイン、シマ・デ・ロス・ウエソス洞窟です。

この洞窟はスペイン北部のアタプエルカにあるもので、洞窟遺跡として有名です。

意味は「骨の割れ目」です。

名前の由来は分かりませんが、とっても古くから「骨がたくさんある洞窟」として認識されていたのでしょう。

実際、歴史史料からこの洞窟が古くから共同墓地として利用されていたことが分かっており、これまでにたくさんの人骨が発見されています。

さて、今回はそんなシマ・デ・ロス・ウエソス洞窟でネアンデルタール人の化石人骨が発見されましたよってお話です!

ネアンデルタール人は所謂「旧人」で、およそ40万年前~4万年前まで生存していたと考えられており、私たち「新人(現生人類)」と生存期間が重なるヒト属として有名です。

日本でも洞窟遺跡は多数ありますが、やはりイイ感じの立地の洞窟は歴史時代を遥かに遡って、旧人世代にも利用されていたのだなと思いますね(*・ω・)ノ

今回発見されたのは約40万年のネアンデルタール人の化石人骨なので、ネアンデルタール人として最古級の発見になります。

しかしこれまでにも多数の化石人骨が見つかっているわけですから、古いネアンデルタール人の骨が見つかったくらいでは大きなニュースにはなりません( -д-)ノ

今回のニュースのポイントは、発見されたネアンデルタール人の化石人骨を観察した結果、「もしかして人類って冬眠してたかも?」という可能性が指摘された点にありますヾ(´ω`=´ω`)ノ




冬眠って何でしょう?

冬眠って、上に挙げたようなクマやリスのイメージがあります。

実際には哺乳類だけでも183種が冬眠するそうです。


 冬眠とは、狭義には恒温動物である哺乳類と鳥類の一部が活動を停止し、体温を低下させて食料の少ない冬季間を過ごす生態のことである。広義では変温性の魚類、両生類、爬虫類、昆虫などの節足動物や陸生貝などの無脊椎動物が冬季に極めて不活発な状態で過ごす「冬越し」のことも指す。

(wikipediaより転載、リンク等筆者により一部改変)


こうしてみると、哺乳類以外にもたくさんの種類の動物たちが、頑張って厳しい冬を乗り越えていることが分かりますね。

ちなみに哺乳類は4000~4600種くらいあるそうなのですが、冬眠するのは全体の4.0~4.5%なのです。

けっこう多いのかな?( -д-)ノ

もちろんこの冬眠する哺乳類の中に我々「ヒト」は入っていません。

もし入ってたら、個々人で見てもなかなかに『面白い人生』だった、そして冬眠人類に適応した『特殊な社会』を形成していたでしょうね(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!




今回の発見では、見つかったネアンデルタール人の化石人骨に毎年数カ月の間、成長が阻害されたような痕跡が見つかったそうです。

年輪とか貝の成長線みたいな痕跡が人骨に見られたということです(*・ω・)ノ

何故このような痕跡が生じるかというと、冬の厳しい寒さで食糧が手に入らない状況下で、蓄えた体脂肪だけで生き延びた代謝状態だったからなのです。

あくまで可能性ですが、冬眠のような活動の休止状態が骨の成長の阻害という形で記録されているのです。

しかし先に挙げた冬眠の図にあるように、冬眠をする哺乳類でも小型動物と大型動物ではその代謝は大きく異なります。


リスやハムスターだと外気温まで体温が下がるのに対して、クマのように身体が大きい場合はちょっと下がるくらいです。


なので「冬眠」というよりは「休眠」と呼ばれる状態で、代謝をなるべく落として耐えている状態です。

ヒト属はクマほどではないですが、ネズミサイズと比べると大きい部類に入る上に、ネアンデルタール人の脳容量は私たち現生人類よりも大きいのです。

私たち現生人類の脳容量(平均)が1450㎤なのに対し、ネアンデルタール人のそれは1600㎤だったことが知られています。

人類は最初の猿人段階では草食であり、アフリカの乾燥化に伴い、根茎類を探し求めたり、死肉漁りや肉食動物の獲物を奪い取るなどしてタンパク質を含む高カロリーな食べ物を摂取したりしました。

この食べ物の選択によりヒトは様々に分化していくのですが、特にこの後者の高カロリーな食料の摂取がその後のヒトの脳容量の拡大に貢献した可能性が考えられています。

つまり高カロリー食が可能になったことで脳の発達が促されたわけで、脳みそはそもそもエネルギーをたくさん使うのです。

そのためクマより小さいサイズのネアンデルタール人であっても、その脳容量からすると休眠しても生き延びることが出来なかった可能性も指摘されています。

この研究は、ヒト属がもしかしたら冬眠していたかも知れないということに気付かせてくれる上で重要なものだと思います。

既に冬眠や休眠に関わる遺伝子については研究がなされていますが、今後遺伝子の特定がしっかりと確認され、またこれまでに見つかった多数のヒト属の化石人骨に対するDNA分析がなされることで、「ヒトと冬の戦いの歴史」が明らかになることでしょう。


もちろん今回見つかったような、骨の成長阻害の痕跡に着目して、これまでの資料を見直していくことも大事なことだと思いますし、その方が人類が冬眠していた説をより早く支持することになるでしょう。

今後の続報に期待です(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!




おわりに

「冬眠人類」とか小説、漫画にありそう……

もし人類がそもそも冬眠できる生き物だったら、SFに出てくるようなコールドスリープとか簡単にできそうな気がするんですけどね。

そしたら、宇宙の遥か彼方にも飛び出せる気がしますね

その前に、全てのお金持ちは死ぬ前に、あるいはある程度若い状態でコールドスリープして医療などが発達した未来で目覚める社会になるのだろうか……

やはり結局、どんな世の中でも金なのか!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓