にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

タグ:京都

2019ねん 6がつ 13にち(もくよーび、ちょい雨)

明日は3週間ぶりの資料調査。

資料調査に1ヶ月なら短いなと感じていた頃が懐かしい。

今では最大でも月に2日、計12時間程度しか資料を見れないのだから( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya391


今回の考古学・歴史ニュースは、「京都の遺跡で14世紀の居館と巨大な堀が発見されたよ!」というお話です(*・ω・)ノ


発見の舞台は犬飼遺跡で、京都府の亀岡市曽我部町犬飼に所在しています。


上に挙げた写真で分かるように、かなり大きな範囲が調査されています。


それもそのはず、国営農地の整備を目的として約1400㎡もの範囲を調査したのですΣ(・ω・ノ)ノ


発見されたものは大きく3つです。


  1. 居館
  2. 各種遺物


それでは、ひとつずつ見ていきましょう(。・ω・)ノ゙




1.堀で区画された方形居館


まず検出された居館は「方形居館」と呼ばれるもので、中世の時代に武士や有力者が居住したと考えられる建造物です。


出土遺物から帰属時期は13世紀後半~14世紀前半と推定されています。


つまり鎌倉時代の終わり頃から室町時代の前半期、南北朝時代の頃のものと考えられます。


方形居館が立地する敷地の周囲は堀で囲まれており、その堀によって敷地は明瞭に2つに区画されています。


大きな区画は約500㎡、小さな区画は約350㎡のサイズだそうです。


この2つの区画内からそれぞれ1棟ずつの建造物が検出されました。


検出された柱の跡(柱穴遺構)から、大きい区画に存在した大きな建造物は居住用の板張りの建物(母屋)であったと考えられます。


一方で小さい区画に存在したより小さな建物は太い柱が使用されており、用途の異なる建物であったと推定されています。


下に挙げる写真のように、柱穴の保存状態は極めて良好であり、希少な発見と言えます。



2.近畿最大級の巨大な堀


さて、堀は全部で3本確認されました。


最大幅が約8m、深さ約2mのV字形で、当該時期としては最大級の規模です。


当時、この堀には1m程度の深さで水が張られていた跡も確認されました。


検出された3本の堀の内、2本はL字型のもので、前述の大小2棟の建造物を囲んでいたものです。

区画している堀の内、大きい堀は南北27m、東西約30mで、小さい堀は南北27m、東西約20mの規模でした。

当該時期は鎌倉幕府の力が弱まる一方、楠木正成ら地方の武士が力をつけ始めた時代でもあります。

また犬飼遺跡の東約7kmには、室町幕府・初代将軍の足利尊氏(1305~1358年)が、鎌倉幕府を倒すため挙兵した篠村八幡宮があるそうです。

よってこの方形居館の帰属時期は南北朝時代への移行期に当たること、最大級の巨大な堀は戦乱に備えた防御用だったと考えられます。




3.様々な遺物、当時の高級品が出土した!


堀の中からは多数の遺物が出土しました。


詳しいことは分かりませんが、堀が埋まらない程度に簡易のゴミ捨て場としても機能していたのかも知れませんね。


堀埋まっちゃうからダメ!って言われても楽して近場に捨てたくなるのが昔も今も人の心でしょうかΣ(・ω・ノ)ノ


この堀の中からは口径12~13cm程度の瓦器椀(がきわん)やわらじといった日常品が多く出土しました。


更には漆器や中国製の白磁や緑釉(りょくゆう)陶器といった高級品も出土しました。


このように中国産の天目茶碗を始めとする高級品が出土したことから、犬飼遺跡で検出されたこの方形居館は中世の武士などの有力者の住まいであったと推定されています。



arukemaya397


4.犬飼遺跡と方形居館の歴史的位置付け

今回の事例のように、堀と建物の遺構が両者共に良好な状態で検出されることは珍しいことです。

特に方形居館内部の全体構造が分かる点で重要な意義を有しています。

また丹波と摂津を結ぶ交通の要所に地元の有力者が居館を構えていたが、堀の規模と建造物の造りから、当該時期が動乱期であったことを具体的に示す事例となるでしょう。

当時の時代背景から、有力な武将が一時的に設けた陣の可能性もあるようです。

方形居館遺構の居住者が、足利方か南朝方、鎌倉幕府なのかも含めて、課題は多いですが成果が楽しみな調査研究ですね(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

↓フォロワー1000名目指しております、RTしてくだされ!( ・Д・)↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019ねん 6がつ 5にち(すいよーび、雨)

今日は激しく雨!

激しい雨音を聞いて、わざわざ外を見に行った。

何故か「最後の雨」のMVみたいに土砂降りの中、外に立って雨に打たれていたい気分になった( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya359


今回の考古学・歴史ニュースは、「京都の六波羅で、平家一門が築いた堀の跡と石垣が発見されたよ!初めての発見なんだよ!」というお話です(*・ω・)ノ

さて、舞台は京都の六波羅です。

歴史の勉強で習った「六波羅探題」をぱっと思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?

「六波羅探題」とは鎌倉時代の職名の一つであり、執権や連署に次ぐ重職でした。

1221年の承久の乱の後に六波羅の南北に設置され、六波羅探題北方・南方のそれぞれに北条氏一族の優秀な人材が就いていました。

実は今回の発見は、この六波羅探題と無関係ではないのです。


arukemaya350


さて、発掘現場は有名な「清水寺」から西に約1kmの地点です。

検出された堀の跡は幅が約3m、深さ約1.3mでした。

断面形態は逆さ台形状で、堀は東西方向に伸び、その全長は約15mの規模でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで上に挙げた写真は現場説明会の際のものです。

ぱっと見で、説明会に参加している人の数が多い!

さすが所謂「歴史」は日本人に人気あるなと思います。

特に戦国史とか人気は衰えることを知らないですもんね。

「歴史」時代の考古学には疎いですが、今後なるべく取り上げるようにしますね(*・ω・)ノ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と言うことで話を戻しますと、写真の左下に様々な遺構(たくさんの穴ぽこがそれです)が検出されているのが分かるかと思います。

そしてその中央部から下部に向かって2本の白線が伸びているのが分かるでしょうか?

それがかつて掘られた溝の跡になっています。

このようにこの遺跡では複数の時期の複数の遺構が複雑に重なっている状態なのです。




上に挙げた写真が検出された堀の跡の写真になります。

写真の手前の深い落ち込みが堀です。

この堀の南側で堤防状の土塁跡が検出され、また堀の西側の約5mが土で埋められており、倒壊防止用の石垣が組まれていることが分かりました。

上の写真で見えているのがその石垣の一部です。

最初に挙げた写真はこの裏側から撮影したものです(下部に再掲)。




上の写真に見られる、この石垣の建造技術としての石材の積み方は、ほぼ同時期の白河天皇陵の石垣のものと類似しているそうです。

城郭考古学なるものを見聞きしたことがありますが、石垣の組み方を分類・類型化して編年を組んでいるということですよね。

そう思うと、お城巡りして石垣見るのも楽しくなりますよね。

今度調べて紹介しますね(*・ω・)ノ

さて、以下に出土した遺物を紹介します。


先に述べましたように、複数の時期の遺構が重なっていますから、様々な出土品が見られます。


*写真は全て『京観心々』(きょうみしんしん)、京都検定1級合格、才蔵ガイドのほっこりしましょ。(管理人:才蔵さん)の記事内画像より転載しております。



arukemaya352








arukemaya356
↑石製の笠塔婆①(「『京観心々』(きょうみしんしん)、京都検定1級合格、才蔵ガイドのほっこりしましょ。」さんの記事内画像より転載)




以上の様々な遺物の内、出土した土器や瓦の同定作業によって、今回見つかった堀は有名な「平清盛」の祖父に当たる「平正盛」が邸宅を構えるなど六波羅に拠点を置いた12世紀前半に建造されたものと推定されています。

この当時は世情が不安定で、平家一門を守る目的として設置されたものと考えられています。

このような平家と関係のある遺構が京都、六波羅で発見されるのは初めての事例であり、希少な発見なのです。

その後、1156年の保元の乱や1160年の平治の乱を経て平清盛が政治の実権を握ったことで戦乱が治まりました。

この平正盛によって設置されたと考えられる堀は、承久の乱を経て13世紀前半に鎌倉幕府が朝廷の監視や西国の支配を目的に「六波羅探題」を設けた頃には全て埋め戻されたと推定されています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya358
↑残りの良い方形周溝墓(「『京観心々』(きょうみしんしん)、京都検定1級合格、才蔵ガイドのほっこりしましょ。」さんの記事内画像より転載)


さて、最後に、今回の発見の場である六波羅政庁跡は、音羽・五条坂窯跡でもあります。

古くは上の写真に見られるような弥生時代の方形周溝墓が検出されています。

上の写真の事例では発掘調査で方形周溝墓を半裁して断面が見える状態になっています。

また江戸時代には清水焼の生産地として登り窯が設置されていました。

このように複数の時期に帰属する遺構がいくつも重なり、六波羅は今も昔も重要な区域であったと考えられるのです(*・ω・)ノ

・・・・・・あ、そうだ、京都へ行こう!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

↓目指せフォロワー1000人!応援よろしく!ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ