にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

あるけまや -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

タグ:初の事例

2021ねん 10がつ 2にち(どよーび、だいたい晴れ)

生まれ変わるぅ~( ・Д・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今回の考古学・歴史ニュースはお墓251基出ただけでスゴイのに、三種の神器も出たってさ!( ・Д・)ってお話です(*・ω・)ノ


さて、今回の舞台は佐賀県、大和町の七ヶ瀬遺跡です。

弥生時代後期(1~2世紀頃)に属する遺跡で長軸61m、短軸25mの大規模な墓域遺構が見つかっています。

これまでの調査で251基の墓がまとめて見つかりました。

私が調査者なら嬉し涙半分、哀し涙半分ってくらい、231基の墓ってめちゃくちゃ多いんですけど、、、

これでも九州北部域では有数ってくらいで最多記録ではないのですΣ(・ω・ノ)ノ

縄文時代は土壙墓(どこうぼ)っていう単純に穴掘って埋葬する方式が一般的でした。

縄文時代でも後期や晩期になると所謂「甕棺(墓)」(かめかん(ぼ))のような土器棺墓が一部見られるようになります。

弥生時代になると集団としての規模も多くなるので、自然と墓の数も増えるのはなんとなく分かるでしょう?

それだけではなく、弥生時代の葬制が変わることで考古学的に墓が発見しやすい状況になるのです(*・ω・)ノ


arukemaya1633
↑弥生時代の埋葬方法(赤穂市立有年考古館 2015の画像を一部加工)


上に挙げたようにまず弥生時代には埋葬方法が少し変わります。

土壙墓と土器棺墓は継続的に見られますが、弥生時代になると被葬者の身分によって異なる埋葬方法が取られるようになると考えられているのです。

縄文時代から見られる最も一般的な土壙墓は相変わらず一般的に見られる一方で、特に新たに見られる木棺墓や石槨墓は有力者と思われる人物に用いられるのです(*^・ェ・)ノ


arukemaya1634
↑弥生時代の埋葬方法2(赤穂市立有年考古館 2015の画像を一部加工)


弥生時代には墓域を形成しますが、上に挙げたように一般向けの墓(左)と有力者向けの墓(右)に分けられる傾向が見られるようになります。

時期差もありますし、本当に『一般向け』なのかは問題ですが、こういった方形周溝墓や円形周溝墓は考古学的に検出しやすいのです。

更にこの(恐らく家族のためのお墓だから)複数のお墓を有する方形周溝墓は墓域において集中する傾向が見られます。

単独で立地するわけではなく、すぐ隣接した他の方形周溝墓が見られるのです。

なので結果として弥生時代の遺跡において一つの墓域を検出した際に非常に多くのお墓が見つかることがけっこうあるものなのです(*・ω・)ノ


arukemaya1630
arukemaya1631




さて、話を戻しますと、七ヶ瀬遺跡では多数の墓が見つかっているわけですが、その中の墓から三種の神器が見つかりました。

三種の神器は天皇一族の伝世品として有名なもので、日本神話において天孫降臨の際に天照大御神が瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)に授けた三種の宝物、つまり八咫鏡(やたのかがみ)・天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ;草薙剣)・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を指します。

三種の神器がセットで見つかる事例としてはこれが佐賀県で初の事例となります。

勾玉は翡翠製、剣は鉄製、鏡は銅製でした。

鏡は4面いずれも中国製であり、前漢に作られたものと後漢に作られたものを含んでいます。

一つの墓に鏡が複数面伴う事例は全国的にはけっこうあるのですが、佐賀県では4面も出ることは珍しく、同県の二塚山遺跡に並んで最多の事例となります。

こういう発見を見ていると、邪馬台国論争、九州説の論者の気持ちも分かる気がしますね(*^・ェ・)ノ




↑天叢雲剣(草薙剣)について触れてます(*・ω・)ノ


おわりに

「三種の神器発見!」ってだけで私は『お~!』ってなったのですが、「佐賀県で初」ってだけあって全国的にはけっこう出土例があるようですね。

私はそっちの方に驚きました、全然知らなかった!Σ(・ω・ノ)ノ

次回は国内出土の三種の神器の事例について調べて記事にしてみようかなと思います!

あ、今日誕生日だから生まれ変わって記事もYoutubeも頑張るよ!( ・Д・)



↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018ねん 10がつ 16にち(かよーび)

眠りの質を向上したいと強く思う。

悪夢ばかり見るし、

眠りが浅いのか短い間隔で起きてしまう。

何だか寝た気がしないのだ(ρ゚∩゚) グスン

いい枕でも買ってみようかな!( -д-)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a231
↑大仙陵古墳の鳥瞰写真(「コトバンク」より画像を転載)

さて、今回の考古学・歴史ニュースは、宮内庁と大阪府堺市との協力体制で、仁徳天皇陵とされている大仙陵古墳の発掘調査を行うことになった!ということです。

ところで先に宣言しておきますが、私は別に宮内庁が嫌いとかそういうことはありませんので( -д-)ノ国と歴史、考古学って密接に結びついているな~と一部関心し、一部悲しんでいるだけです!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前に【考古学】モモの種で邪馬台国論争が終結!?ほんとかな?って考えてみたよ( -д-)ノ【炭素年代測定】というテーマの際に少し触れましたが、宮内庁が陵墓として指定している古墳の発掘は認められていません。

宮内庁曰く、「皇室の祖先の墓であり、静安と尊厳が必要」という立場から、陵墓への部外者による立ち入りや発掘調査をして厳しく制限してきた経緯があります。一方で最低限の調査が必要な場合は、宮内庁書陵部に属する専門家が担当し、その現場説明会にも限られた僅かな人間にしか公開されてきませんでした。

まぁ当然ですが、日本における神聖な領域ですから、保護することが重要なので、陵墓の調査というのは超閉鎖的なものだったのです。もちろん陵墓に指定されていない『普通の』古墳の発掘調査等々に関しては許可を取れば実施可能です。

a230

俯瞰した写真からわかるように、この大仙陵古墳は 墳丘長525m、高さ35.8mの日本最大規模の古墳であり、非常に大きいわけです。今回宮内庁が堺市と協力して発掘調査に臨む箇所は上図の通りで僅かな範囲になります。墳丘を二重に取り囲む堤のうち、内側の第1堤の一部を掘ることになります。

縮尺の関係もあり僅かな範囲に見えますが、図中に見える3本のトレンチ(発掘調査や遺跡の性質を判断するために掘られる溝)は幅約2m、長さ約30mということでかなり大きなものになります。

私の経験では幅2mってけっこう大変!30mという長さも未経験ですね。掘る深さにもよるでしょうがかなりの労力のいる規模の大木な調査になりそうです。
宮内庁と堺市は15日、同市堺区にある日本最大の前方後円墳「大山(だいせん)古墳」(仁徳天皇陵)について、今月下旬から共同で発掘すると発表した。古墳保存のための基礎調査だが、歴代天皇や皇族の陵墓の発掘に宮内庁が外部機関を受け入れるのは初めて。宮内庁は「周辺遺跡の知見を持つ堺市との連携は適切な保存につながる。天皇陵の保全管理に地元の協力は不可欠」とする。

2018年10月下旬から発掘調査は開始されるそうで、本当にもうすぐですね。期間は12月上旬までだそうです。

それにしても何故、第16代仁徳天皇の陵に治定されているこの大仙陵古墳を掘ることにしたのか、しかも堺市と協力体制で……?

大仙陵古墳は「百舌鳥・古市(もず・ふるいち)古墳群」の一つです。実はこの百舌鳥・古市古墳群は来年の世界文化遺産登録を目指している遺跡群であり、 登録されるには歴史的な意味付けも重要なポイントになりますし、もし登録されれば今後大仙陵古墳も含めて観光地としてたくさんの人々が来ますから保全が重要になってきます。

宮内庁書陵部の担当者によれば「堺市には周辺の古墳・遺跡の発掘調査などで知見がある。陵墓を一層適切に管理していくには、そうした地元の協力が欠かせないと判断した」とのことで、まぁ世界文化遺産登録後の管理の関係上、協力していきたいということでしょうね。

実際にはこれまで堺市と宮内庁が同じ古墳で同時に調査を行った事例は、平成20年10月~21年3月の御廟山(ごびょうやま)古墳、24年9月~25年3月のニサンザイ古墳と過去2回あるのです。

しかしこの2例では墳丘が宮内庁所管、濠と堤の部分が堺市などの所管だったのです。『いい所』掘るのはやはり宮内庁だったわけですね。

世界文化遺産登録という国を代表する遺跡として登録し、基本的な管理は任せるわけですから、これまでのように『掘るのは私達!保全はあなたがた!』みたいには言えないとの判断でしょう。

このような陵墓の発掘調査に同庁以外の関係者が参加するのは初めての事例なんですが、堺市側の参加人数は市職員の学芸員1人です。


大山古墳は全長約500メートルで、三重の濠(ほり)が巡る。宮内庁は仁徳天皇の墓として管理するが、学術的には未確定。調査は10月下旬~12月上旬、埴輪(はにわ)列などがあったと考えられる最も内側の堤(幅約30メートル)に幅2メートルの調査区を3カ所設け、堺市の学芸員1人も発掘や報告書作成に加わる。宮内庁陵墓課は、今後も堤の別の部分や墳丘の裾などを発掘し、濠の水で浸食されている古墳の保存計画を作る。

 宮内庁は全国の陵墓への立ち入りを「静安と尊厳を保持するため」として原則認めず、単独で調査してきた。考古学界は陵墓の公開と保全を訴えており、宮内庁は2008年から、日本考古学協会など考古・歴史学の16団体に限定的な立ち入り観察を認めた。16年3月には地元自治体や研究者に協力を求める方針に転換し、徐々に公開度を高めてきた。今回、一般向けの現地説明会はないが、速報展や講演会の開催を検討しているという。

 宮内庁の陵墓管理委員会で委員を務める白石太一郎・大阪府立近つ飛鳥博物館名誉館長は「古墳全体を保存活用する上で地元や研究者の協力は欠かせず、今回の共同発掘は重要な一歩だ。陵墓の公開に向けても歓迎できる」と評価した。堺市は大山古墳を含む百舌鳥・古市古墳群の来年の世界文化遺産登録を目指している。【矢追健介】

宮内庁と堺市は15日、同市堺区にある日本最大の前方後円墳「大山(だいせん)古墳」(仁徳天皇陵)について、今月下旬から共同で発掘すると発表した。古墳保存のための基礎調査だが、歴代天皇や皇族の陵墓の発掘に宮内庁が外部機関を受け入れるのは初めて。宮内庁は「周辺遺跡の知見を持つ堺市との連携は適切な保存につながる。天皇陵の保全管理に地元の協力は不可欠」とする。
宮内庁と堺市は15日、同市堺区にある日本最大の前方後円墳「大山(だいせん)古墳」(仁徳天皇陵)について、今月下旬から共同で発掘すると発表した。古墳保存のための基礎調査だが、歴代天皇や皇族の陵墓の発掘に宮内庁が外部機関を受け入れるのは初めて。宮内庁は「周辺遺跡の知見を持つ堺市との連携は適切な保存につながる。天皇陵の保全管理に地元の協力は不可欠」とする。
宮内庁と堺市は15日、同市堺区にある日本最大の前方後円墳「大山(だいせん)古墳」(仁徳天皇陵)について、今月下旬から共同で発掘すると発表した。古墳保存のための基礎調査だが、歴代天皇や皇族の陵墓の発掘に宮内庁が外部機関を受け入れるのは初めて。宮内庁は「周辺遺跡の知見を持つ堺市との連携は適切な保存につながる。天皇陵の保全管理に地元の協力は不可欠」とする。
宮内庁と堺市は15日、同市堺区にある日本最大の前方後円墳「大山(だいせん)古墳」(仁徳天皇陵)について、今月下旬から共同で発掘すると発表した。古墳保存のための基礎調査だが、歴代天皇や皇族の陵墓の発掘に宮内庁が外部機関を受け入れるのは初めて。宮内庁は「周辺遺跡の知見を持つ堺市との連携は適切な保存につながる。天皇陵の保全管理に地元の協力は不可欠」とする。
まぁ結局、『形だけ』ってことでしょうね。確かに前例のない試みで、あたかも宮内庁の歩み寄りがあったかに見えますけど、きっとそんなことはなく一時的なことと思います。「世界文化遺産」というブランドの力ですね。

ちなみに堺市側として参加する担当者は「調査の成果を共有できることはもちろん、陵墓の劣化がどのように進み、どのように保全していったらいいのかといった宮内庁のノウハウを知られることの意義は大きい」と述べているそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、これまでなかなか明るみに出なかった宮内庁書陵部の実力、是非公開してもらいたいものですね!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

……実際そんなことしたら村八分にされてしまうでしょうけど。1人だから即バレるし!一方で黙ってれば専門家として出世コースでしょうね。近い将来、気付けばこの職員さんも宮内庁書陵部に所属になっていたりして( -д-)ノなんてね……

まぁ、面白い成果が出ることを一ファンとして期待しております(*・ω・)ノ

↓最近思う……日本って意外と怖い国ですね~ヽ(TдT)ノ↓
↓ぽちっと押すとその恐怖、やわらぎます!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ