にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

タグ:博物館

2019ねん 7がつ 19にち(きんよーび、雨)

トイレって大事だよね!

でもトイレ我慢してる時が一番仕事に集中出来る気がする!( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今回の考古学・歴史ニュースは、「佐賀県の名護屋城博物館でトイレの歴史に関する特別展が開催されるよ!」というお話です(*・ω・)ノ

佐賀県、唐津市鎮西町にある名護屋城博物館は2019年7月19日から、戦国時代のトイレ遺構を中心としたトイレに関する特別展を実施するそうです。

その名もトイレのナゾを追え!! 肥前名護屋城の厠と雪隠」です。


使わない!見るだけのトイレがある!

さて、企画展のタイトルにある文字ですが、ゆきがくれと書いて雪隠(せっちん)と読むそうで、トイレの別名称だそうです。

何でもここ名護屋城跡周辺では、前田利家ら4人の陣跡から、茶庭に置かれて実際には使わずに外観だけを楽しむ「荘雪隠(かざりせっちん)」とみられるトイレの遺構が見つかっているそうです。

そんなトイレがあることを知りませんでしたが、全国でも数例見つかっているそうで、その中でもここ名護屋城跡周辺の荘雪隠の遺構は最も古い発見例なのだとか。

昔からトイレの問題は衛生面と関係してけっこう大きな問題なのですが、どうやら佐賀県の武将達は陣の中にも「見るだけのトイレ」を作っていたようで、なんだか余裕ですねΣ(・ω・ノ)ノ




上に挙げた写真は肥前名護屋城にある木村重隆陣屋跡の一部で、これが荘雪隠なのだそうです。

想像と違いましたけど、展示ではこのトイレ遺構の実物大フロアパネルが紹介されるそうです。

他にも全国のトイレに関連する発掘資料を取り寄せるそうで、福井県鳥浜貝塚から出土した縄文時代の「糞石」(排せつ物が化石化したもの)や、日本で初めて「トイレ」と確認された佐賀県一乗谷朝倉氏遺跡の「金隠し」などが見られます。

開催期間中は毎週土曜日の午後1時から「トイレの自由研究」として学芸員が展示内容を解説するコースがある他、7月28日午前9時半から、トイレ遺構が発見された前田利家陣跡などを巡る「ミステリートイレツアー」(事前申し込み必要、先着40人程度)もあるそうです。



arukemaya529


昔のトイレットペーパーは痛い!

さて、縄文時代のトイレ遺構からは糞石と共に土器片が出土しているそうで、何でもトイレットペーパー代わりに土器片でお尻を拭いていたと考えられているそうです。

ケガしそうですね( ・Д・)

まぁ葉っぱとかも使っていたのでしょうが、「あ、紙がない!」みたいな時は割れた土器片をある意味で再利用したのかも知れません。

こういったリサイクル文化は江戸時代まで連綿と続くわけですが、平安時代でも籌木(ちゅうぎ/ちゅうぼく)という木の棒状の板を使っており、上に挙げた写真のように戦国時代でもトイレットペーパーの代わりに木簡を再利用して使っていたそうです。

この「木のトイレットペーパー(?)」は一部の農村などでは江戸時代後期まで使われていたそうで、他に藁(わら)も使用されていたそうです。

まぁ痛いよね( ・Д・)

江戸時代には都市部で再生紙を用いたトイレットペーパーが使用され始め、一般に普及するのは明治時代だそうです。

一方で中世から近代にかけて人の糞尿を肥料として利用してきたリサイクルの歴史もあり、これについても今回の企画展で紹介するそうです。

ちなみに江戸時代には人の糞尿は売り物でした。

ランク分けされていて大名とか良い物食べてる人の糞尿の方が高かったそうです。

ちなみに中ランクの糞尿樽一杯で500円、船一艘分で10万円の価値があったのだとか( ・Д・)




おわりに

個人的にはトイレの遺構って面白いなと思っています。

古代マヤでも建造物の配置は分かっているけども、トイレの位置は分からないんですよね。

あと糞石も面白いなと思います。

最近は様々な科学技術が発達していますから、糞石から分かることも多いのです(・∀・)つ

せっかくなので「ウェブ内、糞石ミュージアム」を開催しようかな。

糞石を見慣れて、発掘調査の際に糞石を検出できるようにさ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

↓昔も今もトイレって大事!ヾ(´ω`=´ω`)ノ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019ねん 7がつ 13にち(どよーび、曇り)

本を買いたい欲が凄い。

自分が本当にやりたい研究のために、様々な勉強が必要だと実感した今日この頃。

今年は有意義な一年になりそうだ( -д-)ノ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya464


さて、今回の考古学・歴史ニュースは『古代ローマ、ポンペイで出土した「最後の晩餐」はまだ食べれますよ?』ってお話です(*・ω・)ノ

【目次】
  1. 世界最古の博物館と、イベントの紹介
  2. 驚きの保存状態の食べ物を見よ!
  3. おわりに

arukemaya466




arukemaya468
↑ハリー・ポッターでお馴染みのグレートホール(「Google」の画像検索結果より;*元ページが存在しないようです)


1.世界最古の博物館と、イベントの紹介

ということで、まず上に挙げた画像たちはイギリスにある超名門大学、「オックスフォード大学」の様子です。

オックスフォード大学は英語圏で最古の大学であり、記録では11世紀の終わりには講義を行っていたそうです。

当時の学生は弓矢等の武器類を携えて受講したのだとかΣ(・ω・ノ)ノ

そんな世界一の大学が有する博物館はぱっと数えたところ、5つもあるようです。

特に考古学博物館を二つも有しており、その所蔵数も莫大な量を誇ります。

今回紹介するアシュモレアン博物館(Ashmolean Museum of Art and Archeology)はその内のひとつなのです。

今回新たに開催される特別展、「Last Supper in Ponpeii(ポンペイにおける最後の晩餐)」は、2019年7月25日より2020年1月12日までの日程で行われます。

イギリスなので気軽に行けるわけではありませんが、よろしければどうぞ!

今回の記事では日本在住の方はなかなか気軽には行けないので、特別展と展示物の一部を紹介したいと思います。





2.驚きの保存状態の食べ物を見よ!





先にも述べたように、この特別展のタイトルは「Last Supper in Ponpeii」です。

レオナルド・ダ・ヴィンチの名画で有名な「最後の晩餐」にかけて訳してみましたが、実際に「Supper」は「晩餐」という意味の他に、「軽食」の意味があるそうです。

昼に正餐(しっかりとした夕食)を取った場合に軽く夕食を取ることをサパーというようです。

昼に夕食というのは何だか妙な感じがしますが、中世ヨーロッパではそれが普通だったようです。

当時は一日2食が一般的で昼と夜に食べていました。

(朝ごはん抜きの文化は古いんですね( -д-)ノ)

そして一番エネルギーの必要な昼に正餐を取り、夕食はサパーで軽く済ましていたようです。

なんだか健康的な食習慣ですよね?Σ(・ω・ノ)ノ

ということで、ポンペイから出土した今でも食べれそうな遺物はこちらです!


arukemaya470



arukemaya469


arukemaya471






arukemaya474




arukemaya473


一気に紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

パンはたくさん出土しています。

丁度、サパーを取る時間帯に噴火したのでしょうね(/TДT)/

一番最初に挙げたパンが本当に、その辺で売ってそうなパンですよね。

実際に古代ローマのフレスコ画に残るパンも形状が一致していますし、驚きの保存状態です。

色調だけは変わってしまっていると思いますが、チョコレートパンにしか見えませんね。

触れることのできる展示なら、私は間違えて食べます( ・Д・)

たくさんパンが出土する中で、やはりヒビが入っていたり、押しつぶされているものも実際には多数ありました。

そのような中で、半分に切ってある状態のパンは上に挙げた写真しかありませんでした。

まさに夕食を取っていた際に起こった悲劇なんだなと痛感させられますヽ(TдT)ノ





3.おわりに

まぁ今回、勝手に「まだ食べれるよ?( ・Д・)シリーズ」と題しましたけど、以前にもまだ食べれそうな遺物の話があったと思います。


↓【「ラーメンの考古学」番外編】人類史上最古の麺が今でも食べれそうな件について。4000年前の麺はお湯かけて3~5分でイケそうである( ・Д・)【むしろこっちが正当な考古学】



上のこれがライブドアブログの新機能である「リッチリンク」なんですけど、当サイトのタイトルは基本的にバカ長いので内容分かりませんね( ・Д・)

しかも書き出しが「幼稚園児の日記風」にしてあるので猶更中身が分からんという事態になってますヽ(TдT)ノ

しょーがないので、上の例みたいにタイトルを併記したいと思います( -д-)ノ


他にも食べれそうな保存状態いいやつと言えば、こんなのもありましたね。


↓【中国の奇跡】2500年前の古代中国にも『超卵好き』がいた!?墓から大量の卵が無傷で見つかったよ!( ・Д・)【考古学】


↓お酒の考古学~フィンランド編~】最古のビールシリーズ④!古代人も現代人も世界中みんなビールが大好き過ぎる!【お酒の歴史】


他にも「弥生人の脳みそ」とかポンペイネタでも色々ありましたけど、今後このシリーズではあくまで食べれる系を紹介することにします。

まぁ滅多にないでしょうけどね!( ・Д・)

↓食べれそうだと思ったらぽちっとな!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019ねん 2がつ 1にち(きんよーび、雪)

寒い!

フロントガラス凍って、前見えなかった!( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya_0036



今回紹介する考古学・歴史ニュースは『PCやスマホ上で大英博物館の中を歩けるよ!』というものです。

実際には2015年末には一般公開されていたので『ニュース』ってほど新しくはないのですが、私は知らなかったもので紹介することにしました!


インターネットでの公開のために大英博物館における収蔵品の内、4,500点以上が写真撮影されたそうです。現在までに6894点の資料が撮影され、ネット上で見ることができます!

また館内の写真も多数撮られ、そのデータを基にしたヴァーチャル・ミュージアム内を歩き回って鑑賞することができるのです。






下に大英博物館の公開デジタルデータにアクセスできるページのリンクを貼っておきます。




さて、上に挙げた写真のように、様々な資料の写真データがあって、眺めているだけでも楽しいです。

歴史好きにとっては時系列で資料を並び替えて表示できるのもニクイ仕様となってます(*・ω・)ノ


arukemaya_0040

arukemaya_0041


ちなみに私個人に関するものとしてはメソアメリカに関する歴史的な資料が多数データ化されています。

古代マヤ文明に関する研究初期の考古学者、アルフレッド・モーズリーを始めとして、メキシコ、グアテマラ、ホンジュラスにおける古い資料群(計2700点程度)が見られます。



上に挙げた写真のように、ティカル遺跡に関する発見当時・調査初期における神殿の姿を映した写真や、当時の文書が見られます。


古い考古記録というのも、また別の『歴史』を感じさせるもので、見てていいなぁ~と思ってしまいました( -д-)ノ



・・・・・・ヴァーチャル・ツアーも試しにやってみましたが、大英博物館を訪れたことがないこともあり、土地勘がないというか・・・

めちゃくちゃ広いので、どこに何があるかもわからず、ひたすら練り歩いてました。


ちなみに意味なく、わけ分からんとこの博物館の壁を拡大して見つめるなんてこともできます( ・Д・)


時間に余裕がある時にじっくり散策するか、前もって大英博物館の別の公式ページ(日本語表示に変更可能)で館内見取り図を頭に入れておいた方が良いですね。


平面的に広いだけではなく、複数階層ありますから!(*・ω・)ノ



・・・・・・今はヴァーチャルで楽しむけど、いつか訪れて直接見てみたいものですね!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

↓ぽちっと押すか、拡散するか、さぁ選びなさい!( ・Д・)↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

019ねん 1がつ 27にち(にちよーび、晴れ)

久しぶりに「アナザーエデン」(スマホのゲーム)をやってみた。

1人用王道RPGと銘打つだけあってレベル上げしなきゃならん。

そんな折、リアルの私のレベル上げをしたいと思った、今日この頃( ・Д・)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・




今回の考古学・歴史ニュースは、「福井洞窟遺跡の魅力を届ける博物館ができるよ!」ってお話です。


長崎県ではなくて「佐世保市」では国内最多の31カ所の洞穴遺跡が見つかっています。「市」のレベルで物凄い数です!Σ(・ω・ノ)ノ

中でも長崎県、佐世保市吉井町には国指定史跡である「福井洞窟」があります。



旧石器時代から縄文時代にかけて人々が生活した痕跡が残る遺跡として知られ、狩猟道具の細石刃や、石鏃(せきぞく;石製矢尻の意)等の遺物が約7万点も出土しています。

旧石器時代の洞窟遺跡として国内で初めて炉跡(焚火の痕跡)が検出されたことでも有名です。


主にこの福井洞窟遺跡での出土品の展示や、遺跡の価値を解説するガイダンス機能を備えた複合施設を建設する予定で、年末(12月)までに完成するそうです。

音声ガイダンス機能は2021年春からのスタートとなるそうです。


この複合施設は何が複合化というと、吉井地区の公民館と市役所支所も併設する計画とのことで、約6億8千万円で建設するそうですΣヾ( ̄0 ̄;ノ



お金かけてるだけあり、展示スペースは約600㎡で、目玉として実際の発掘現場から剥ぎ取った約6mの地層を設置するそうです。

また出土した遺物の内、選抜された約500点の資料を展示し、検出された最古の炉跡等の複製品や当時の人々の暮らしを再現したジオラマを展示するそうです。


近年の博物館によく見られますが、子どもが遺跡の発掘について勉強する体験室や、同博物館から福井洞窟までのルートや見どころを案内する情報コーナーも設置するそうです






さて、福井洞窟遺跡は考古学史上でも非常に重要な遺跡になります。


雪山とかで遭難した時(まぁ実際になかなか遭難しないのでドラマとかのシーンで)、洞窟を利用して一時的に避難したりすると思います。


洞窟は屋根がありますからね、昔の人も天然の住居ないし、何等かの活動の場として利用していたのです。



洞窟というのは天井が結構崩落してくるもので、そのため比較的に地層が発達しやすいのです。

つまり考古学でいうところの層序を細かく認定しやすいので、細かな時間的な変化に関する情報を得やすい状況にあります。




そのような洞窟遺跡のひとつである福井洞窟遺跡では、


①多数に分類された各層位から多種多様な細石核が出土し、日本全土で旧石器時代末期に流行した細石器の製造法の変遷が確認された。この福井洞窟遺跡の細石核を基準として、細石器の編年が可能となった。


②石器の石材としてサヌカイトの使用から黒曜石の使用へと変化する過程が分かった。


最下層から出土したサヌカイト製の大型石器が炭素年代測定法によって31,900年以上前と推定された。


④最古の土器が出土した(発見当時)。この福井洞窟遺跡での発見まで土器は縄文時代草創期に属する土器資料が最古のものであり、日本で初めて発掘された旧石器時代の土器(旧石器時代の終わりが遡ることになった)である。この発見を契機として土器製作の歴史を遡る調査研究が盛んになった。


ということが判明しました。

そのため福井洞窟遺跡は日本考古学史上、数々の重要な契機を与えた大事な遺跡であるのですヾ(´ω`=´ω`)ノ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しい博物館となるととりあえず行きたくなりますけども、実は近年出土した遺物の保管場所に困り、廃棄する動きも出ていますヽ(TдT)ノ

そのような現状を踏まえると、新設の博物館のような建物の地下に大きな所蔵施設を作って地域の資料の集成と保管をしてもらいたいな~とも思いますね( -д-)ノ

↓当サイトも目指せ、日本一(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018ねん 5がつ 21にち(げつよーび、晴れ)

書きかけの記事が溜まっていく。

ブログ始めて少し経った頃とは違って

書きたいことはたくさん出てきた。

でも少しでも内容のある記事にと思うと

プレッシャーと時間がかかる( -д-)ノ

・・・・・・・・・・・・

【目次】
  1. 鈴鹿市博物館で埴輪の人気投票!& 鈴鹿市への提案( -д-)ノ
  2. 「歩け、マヤ」で「はにわアイドル総選挙」しませんか?
  3. おわりに

1.鈴鹿市博物館で埴輪の人気投票!& 鈴鹿市への提案( -д-)ノ
三重県鈴鹿市国分町にある鈴鹿市考古博物館で埴輪(はにわ)の人気投票を実施しているそうです。同館20周年記念特別展「三重のはにわ大集合!」に向けた事前PR企画なんだそうです。

埴輪と言えば、古墳時代の素焼きの焼き物で、古墳の上に並べられていたものです。大きく分けると二種類で円筒埴輪と形象埴輪があります。後者の形象埴輪はさらに家形埴輪、器財埴輪、動物埴輪、人物埴輪の4種類に分けられます。

埴輪と言っても色々な種類があって面白いんですよ。考古学的にも埴輪は重要で、形象埴輪からは古墳時代当時の衣服・髪型・武具・農具・建築様式などの情報を得ることができます。

さて、日本に古墳はいくつあるか知っていますでしょうか?答えは158905基です!今後の発見によって数はさらに増すでしょうけど、とりあえずおよそ16万基もあるのです!ちなみに古墳は基(き)を単位として数えます。

古墳が最もある都道府県は兵庫県で18841基!今回の記事で取り扱っている三重県は9位で6993基です。ということで三重県にはかなりの古墳があるようで、きっと埴輪の数も多いのでしょう。

今回の埴輪人気投票には、鈴鹿市や松阪市など県内6市の10遺跡で発掘された人物埴輪(はにわ)15点がエントリーしているそうです。最初に挙げた写真のようにパネルで紹介されていて、兜をかぶった武人、イヤリングやネックレスをした巫女、中国風の衿の服を着た男子などのユニークな埴輪たちが出馬しているようです。

来館者は自分が好きな1点を選び、シールを貼って投票することができます。現在の一番人気は、エントリー「外」で紹介している赤ちゃん(上に挙げた写真内の赤丸部参照)。この赤ちゃんは他の埴輪が抱えていたもので、単体ではないため除外されてしまったそうです。ひどいなぁ( -д-)ノ

この集計結果は20周年記念特別展「三重のはにわ大集合!」の中で発表するそうで、「特別展では実物を展示するので楽しみにしてもらえれば」とのこと。

いや、面白い企画だなぁと思います。考古学と現代社会ってどうやって繋いでいったらいいんだろうと最近本当によく考えるようになったわけですが、皆さん色んなアイディアで頑張ってらっしゃるなと感動しております。゜゜(´□`。)°゜。

さて、ここで大したことない提案をひとつ。鈴鹿市と言えば、私としては「鈴鹿サーキット」じゃないですか? マリオカート的に、可愛らしいはにわとレーシングカー(カート)、サーキットを結び付けれたら面白いなと思うんですけどね。

今後のちょっとしたPR活動に、あるいはエイプリルフールネタにどうぞ( -д-)ノ


2.「歩け、マヤ」で「はにわアイドル総選挙」しませんか?
さて、「歩け、マヤ」でもこれに便乗して「はにわアイドル総選挙」しませんか?

投票は全部コメントで受け付けます。

しかしながらすぐにできるわけじゃないですけどね。頑張って集成したいなと思います(頑張ってはにわの画像集めますって意味です)。

埴輪集成図鑑ってものがあるんですけどね。まぁ古い本なので白黒写真なんですよね。なのでカラー写真で頑張って集めたいと思います。
001-004
1:カッコイイやつ!;6世紀、群馬県太田市飯塚町出土、国宝、東京国立博物館所蔵、J36697
2:白い犬!;「見返りの犬」、6-7世紀、不明、MIHO MUSEUM所蔵
3:凛々しい馬;6世紀、伝茨城県土浦市真鍋古墳群 、九州国立博物館所蔵、J184
4:「踊る人々」;6世紀、埼玉県熊谷市野原字宮脇 野原古墳出土、東京国立博物館所蔵、J21428

005-008
5:スナフキンぽい;「鷹匠」、6世紀後半、群馬県太田市城西町(旧脇屋町)オクマン山古墳出土、市指定重要文化財、新田荘歴史資料館所蔵
6:いのししらしい;「猪」、6世紀、群馬県伊勢崎市 大字境上武士字天神山出土、重要文化財、東京国立博物館所蔵
7:スマートな馬;「飾り馬」、6世紀後半、群馬県太田市城西町(旧脇屋町)オクマン山古墳出土、市指定重要文化財、新田荘歴史資料館所蔵
8:可哀そうな鹿;矢が刺さっているらしい。「鹿」、6世紀、茨城県つくば市 下横場字塚原出土、東京国立博物館所蔵

009-012
9:ゼロっぽい(ナイトメア・ビフォア・クリスマスの犬);首輪付いてる「犬」、6世紀、群馬県伊勢崎市 大字境上武士字天神山出土、東京国立博物館所蔵
10:母猿らしい;「猿」、6世紀、伝茨城県行方市沖洲 大日塚古墳出土、重要文化財、東京国立博物館所蔵
11:朝だよー!;「鶏」6世紀、栃木県真岡市 鶏塚古墳出土、東京国立博物館所蔵
12:首がびろーん;「水鳥」、5世紀、大阪府羽曳野市 伝応神陵古墳出土、東京国立博物館所蔵

013-016
13:トドに見えるやつ;「鶏」、5世紀、群馬県伊勢崎市 赤堀茶臼山古墳出土、東京国立博物館所蔵
14:ビバホーム;「入母屋造家」、5世紀、奈良県桜井市 外山出土、重要文化財、東京国立博物館所蔵
15:ダブルピース;「捧げ物をする女性埴輪」、6世紀、埼玉県行田市埼玉古墳群の瓦塚古墳周堀出土、さきたま史跡の博物館
16:おじいさんは芝刈りに;「埴輪男子像」、6世紀末、群馬県太田市 脇屋出土、重要美術品、京都国立博物館所蔵、J甲281


と、例えばこんな感じに少しずつ増やしていこうかな~と思います。みなさんの「推しはにわ」を見つけてみてくださいね(。・ω・)ノ゙


3.おわりに
あ˝~、時間がかかる~。これ以上の企画は増やさないようにして主にニュース記事を取り扱っていかねばと思ってます……が、皆さんの心を捉える企画がどれかよく分からないので、今後も少しずつ模索していこうかなとも思ってます( -д-)ノ

あ、そう言えば最近読者の方が着実に増えています。嬉しい限りです。それをバネに頑張っていきたいものです(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

↓あ~図面作ってたら腰痛くなった( p_q)エ-ン可哀そうだと思ったらぽちっとな(/TДT)/↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ