にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

タグ:室町時代

2019ねん 9がつ 23にち(げつよーび、雨)

世はここ2週連続で三連休だ。

3連休ではないが、私もそれなりに休みつつ、リサーチマップの記入欄を埋めている(´・ω・`)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya585
↑建設された大型物流センターの所在(「産経新聞」の記事内画像より転載;Credit by Sankei Digital)



さて、久々の考古学・歴史ニュースですが、今回は「弥生時代以降の集落跡の上に大型物流センターがイイ感じに建ちましたよ!」ってお話です(。・ω・)ノ゙

今回のお話は、何も遺跡を壊して建てたわけではなくて、むしろ現代社会において私たちの文化遺産との向き合い方を考える上でいいテーマかなと思っています。




調査の概要と発見物

今回のお話の舞台は、大阪府藤井寺市で、ついこの前(2019年7月)世界文化遺産に登録されたばかりの百舌鳥・古市古墳群が所在する街です。

ネット通販で有名なのアマゾン(Amazon)など約10社が入る大型物流施設「レッドウッド藤井寺ディストリビューションセンター」を建設する目的で、甲子園球場のおよそ2つ分に当たる約8万3000平方メートルの広大な敷地を緊急調査しました。


この広大な範囲には、弥生時代から室町時代にかけての集落遺跡である「津堂遺跡」が含まれています。


建設工事に伴う緊急調査は2015年5月から約5カ月間実施され、古墳時代の住居址群や、古墳時代から飛鳥時代にかけての灌漑用水路とみられる溝状遺構などが検出されました。


特に住居址として、地面に穴を掘って柱を建てた掘立柱建物が15棟以上集中して検出される成果がありました。


これらの住居址群が示す時期は、この建設地の近くに位置する「古市古墳群」の築造時期と合致するとみられ、また付近にある「津堂城山古墳」との関係性も示唆されています。


建設予定地の範囲からは多くの土器資料が発見され、遺物整理用コンテナ約230箱分になったそうです。



arukemaya586


何故、面白いニュースなのか?

上に挙げた画像のように、日本には「文化財保護法」が存在します。

現在の建設工事は基礎をかなり地中深くまで入れますので、その際に私たちの共有の財産である文化財(遺跡・遺構・遺物)が壊れないように、事前に調査してデータを取ろうというものです。

例えば明らかにどこを掘っても遺跡である京都では、「文化財保護法のせいで建設が進まない!」、「莫大な予算がかかる!」と悲鳴が上がっているとも聞きますけど、

文化遺産を守るという意味では世界的に見て、画期的な法律なのであります。

この法律が最も叩かれる部分は、「調査費は建設予定者自身が負担する」という点です。

なので個人でマンション建てるといった際に非難の声が挙がります。

私も、京都のど真ん中にマンション建てる予定の女性が「私たちのような普通の個人では払えない!」と言っていたニュースを見たことがあります。

まぁ、京都の真ん中に土地持ってて、新たにマンション経営始める人が「普通の個人」かどうかは甚だ疑問ですけどね( ・Д・)


arukemaya589
↑(「プレスリリース」の記事内画像より転載;ESR株式会社提供)

arukemaya587
↑展示室のガラス張りの床から遺構を見ることができる(ESR株式会社提供のPDFデータを加工)


さて、今回のESR株式会社が建設した大型物流センターは5階建ての施設で、その内の1階部分を展示施設にしたのです。

「企業が積極的に文化を守り、地域との共生を意識することは重要」として、もの凄い素敵な展示室が完成しました。

上に挙げた写真のように、一部ガラス張りの床面からは調査によって明らかとなった遺構面を観察することができます。

海外の新しいタイプの博物館でよく採用されているものですが、子供たちに大人気の展示方法です。

かく言う私も大好きで、割れるわけないと思いつつも恐る恐るガラス面に乗ってみたりします(*^・ェ・)ノ

まぁたぶんガラスじゃないと思うんですけどね(強化何とか?)、少なくとも簡単に割れるものではないのは確実です。

この施設のガラス面はあまり範囲が広くない(2.4×3m)ので、上に乗って観察する必要のないもののようにも思えますので、実際に行ってみる方は勝手に乗らないでくださいね( -д-)ノ




arukemaya590
↑実際に調査で出土した展示物①(「プレスリリース」の記事内画像より転載;ESR株式会社提供)

この物流センターは2017年に完成しており、今年(2019年)の7~8月の平日に展示スペースを一般公開しました。

これまでは完全予約制でしたが、百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録を記念して、夏休み限定の企画として行ったそうです。


しかし考古学ファンらが多数訪れるなど好評だったため、ESRは予約なしでの公開を2019年12月27日まで平日午後に続けることにしたそうです。


考古学の世界でも「パブリック・アーケオロジー」なるものが提唱されて、かなりの時間が経ちますが、日本ではさほど浸透していないようにも思います。


これはパブリック・アートのような、文化財を守り伝えていくために考古学と一般市民をもっと近づけていこうとする理念に基づいた考古学の在り方です。


そうした中、今回の事例のような企業が特に地元の住民との連携を図って文化を共に守っていくという活動はとても重要に思えます。


実際に細かく見ていくと、遺物の保管・警備の問題や、重要な資料が日本各地に散在してしまうなどの弊害もあるわけですが、

一方で遺物の保管場所が不足して廃棄しなければならない現状や、倉庫に眠ったままの多くの資料の存在をも踏まえると重要な試みかなと思います。

こういった事例は他にもあるようなので、探してみて紹介したいと思います。

いつか周りのどこの建物も1階や地下階は展示施設&収蔵庫なんて日が来たら、散歩に飽きることがないだろうなと思ったり(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

↓久々の考古学に関するまともな記事でしたね!( -д-)ノ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019ねん 6がつ 13にち(もくよーび、ちょい雨)

明日は3週間ぶりの資料調査。

資料調査に1ヶ月なら短いなと感じていた頃が懐かしい。

今では最大でも月に2日、計12時間程度しか資料を見れないのだから( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya391


今回の考古学・歴史ニュースは、「京都の遺跡で14世紀の居館と巨大な堀が発見されたよ!」というお話です(*・ω・)ノ


発見の舞台は犬飼遺跡で、京都府の亀岡市曽我部町犬飼に所在しています。


上に挙げた写真で分かるように、かなり大きな範囲が調査されています。


それもそのはず、国営農地の整備を目的として約1400㎡もの範囲を調査したのですΣ(・ω・ノ)ノ


発見されたものは大きく3つです。


  1. 居館
  2. 各種遺物


それでは、ひとつずつ見ていきましょう(。・ω・)ノ゙




1.堀で区画された方形居館


まず検出された居館は「方形居館」と呼ばれるもので、中世の時代に武士や有力者が居住したと考えられる建造物です。


出土遺物から帰属時期は13世紀後半~14世紀前半と推定されています。


つまり鎌倉時代の終わり頃から室町時代の前半期、南北朝時代の頃のものと考えられます。


方形居館が立地する敷地の周囲は堀で囲まれており、その堀によって敷地は明瞭に2つに区画されています。


大きな区画は約500㎡、小さな区画は約350㎡のサイズだそうです。


この2つの区画内からそれぞれ1棟ずつの建造物が検出されました。


検出された柱の跡(柱穴遺構)から、大きい区画に存在した大きな建造物は居住用の板張りの建物(母屋)であったと考えられます。


一方で小さい区画に存在したより小さな建物は太い柱が使用されており、用途の異なる建物であったと推定されています。


下に挙げる写真のように、柱穴の保存状態は極めて良好であり、希少な発見と言えます。



2.近畿最大級の巨大な堀


さて、堀は全部で3本確認されました。


最大幅が約8m、深さ約2mのV字形で、当該時期としては最大級の規模です。


当時、この堀には1m程度の深さで水が張られていた跡も確認されました。


検出された3本の堀の内、2本はL字型のもので、前述の大小2棟の建造物を囲んでいたものです。

区画している堀の内、大きい堀は南北27m、東西約30mで、小さい堀は南北27m、東西約20mの規模でした。

当該時期は鎌倉幕府の力が弱まる一方、楠木正成ら地方の武士が力をつけ始めた時代でもあります。

また犬飼遺跡の東約7kmには、室町幕府・初代将軍の足利尊氏(1305~1358年)が、鎌倉幕府を倒すため挙兵した篠村八幡宮があるそうです。

よってこの方形居館の帰属時期は南北朝時代への移行期に当たること、最大級の巨大な堀は戦乱に備えた防御用だったと考えられます。




3.様々な遺物、当時の高級品が出土した!


堀の中からは多数の遺物が出土しました。


詳しいことは分かりませんが、堀が埋まらない程度に簡易のゴミ捨て場としても機能していたのかも知れませんね。


堀埋まっちゃうからダメ!って言われても楽して近場に捨てたくなるのが昔も今も人の心でしょうかΣ(・ω・ノ)ノ


この堀の中からは口径12~13cm程度の瓦器椀(がきわん)やわらじといった日常品が多く出土しました。


更には漆器や中国製の白磁や緑釉(りょくゆう)陶器といった高級品も出土しました。


このように中国産の天目茶碗を始めとする高級品が出土したことから、犬飼遺跡で検出されたこの方形居館は中世の武士などの有力者の住まいであったと推定されています。



arukemaya397


4.犬飼遺跡と方形居館の歴史的位置付け

今回の事例のように、堀と建物の遺構が両者共に良好な状態で検出されることは珍しいことです。

特に方形居館内部の全体構造が分かる点で重要な意義を有しています。

また丹波と摂津を結ぶ交通の要所に地元の有力者が居館を構えていたが、堀の規模と建造物の造りから、当該時期が動乱期であったことを具体的に示す事例となるでしょう。

当時の時代背景から、有力な武将が一時的に設けた陣の可能性もあるようです。

方形居館遺構の居住者が、足利方か南朝方、鎌倉幕府なのかも含めて、課題は多いですが成果が楽しみな調査研究ですね(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

↓フォロワー1000名目指しております、RTしてくだされ!( ・Д・)↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ