にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

タグ:弥生時代

2019ねん 6がつ 22にち(どよーび、激しく雨)

ここの日記スペースに何を書くべきかをいつも悩む(´・ω・`)

下手すると本文以上に悩んでいる( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya443
↑仙台市、沓形遺跡の所在(「Googleマップ」より画像を転載)


今回の考古学・歴史ニュースは、「仙台市、沓形(くつかた)遺跡で弥生時代に水田を廃絶してしまうほどの大津波の痕跡が見つかったよ」というお話です(*・ω・)ノ

さて、前回スマトラ島沖地震を発端とした過去の大津波被害について考古学調査が明らかにしたよというお話を紹介しましたが、今回は日本の事例です。


↓これです(*・ω・)ノ
↑もう読みました?ヾ(´ω`=´ω`)ノ


上に挙げた図から分かるように、沓形遺跡は,宮城県、仙台市の東部にある遺跡です。

標高2~4mの後背湿地に立地しており、現在の海岸線から約3.8~4.km内陸に位置しています。

この沓形遺跡では最も新しい層では近現代の水田造営の痕跡が見られる層が確認されていますが、古くは縄文時代から弥生時代、古墳時代、平安時代と水田が営まれ続けた地点であることが分かっています。








この遺跡は2007年にに地下鉄東西線建設に伴う試掘調査が実施され、調査面積は213,600㎡にも及びます。

上の1枚目の写真から分かるように広大な遺跡であり、良く見ると「白いライン」が無数に走っているのが見て取れます。

これは2枚目の写真で分かるように、古代の「畦(あぜ)」を示したラインになります。

ちなみに「畦(あぜ)」とは「稲作農業において、水田と水田の境に水田の中の泥土を盛って、水が外に漏れないようにしたもの」です。       (wikipediaより引用)

分かり易い図を探していたら「畦カバー」なる商品の紹介画像を見つけたので、貼っておきました(いつものように回し者ではありません( -д-)ノ)。

上図の中で「ピンク色の矢印が付いている部分」が畦に相当する箇所であり、植えてある稲の周囲にある盛り上がった部分のことを言うわけです。


arukemaya440



さて、この沓形遺跡の地点は先に述べたように、現在の海岸線から4kmほど内陸に位置していますが、今からおよそ2000年前の弥生時代には2kmほど内陸に位置していたようです。

発掘調査から弥生時代に1度、この一帯が大きな津波被害を受けたことが確認されました。

上に挙げた写真で見られるように、水田を覆う「砂の層」が確認されたのです。

この砂は粒度組成分析などによって海浜起源の砂であることが明らかになりました。

この砂の層によって弥生時代中期の水田跡は完全に覆われており、津波被害によって廃絶したことが推定されました。

そしてこの場所に再び水田が営まれるのは古墳時代前期であり、つまり約400年後にようやく再開したことから確認された津波被害は当時のの集落に大きな影響を与えたことが推測されます。

この発見に伴い、沓形遺跡を中心とする周辺地域での津波堆積物の分布調査が実施されました。

それによって約2,000年前に生じた津波の遡上距離は当時の海岸線から約4.2㎞と算定され、2011年に発生した東日本大震災の津波(遡上距離約4㎞)と同規模の大津波が弥生時代に仙台平野を襲ったことが明らかになりました。

また沓形遺跡は2014年まで複数回の発掘調査が実施され、弥生時代中期に営まれていた水田域は東西約300m、南北約1.2km、面積20haを超える広範囲に及ぶことが判明しました。

これが全て約2000年前の津波被害で廃絶されてしまったことが分かったのです( ・Д・)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ここ最近、多忙を理由に記事の紹介ができていませんでした。

時間が取れてもサクッと書けるような記事を選択していたので、特に考古学関係のニュースには触れていなかったです。

「考古学・歴史ニュース」という副題に恥じぬよう善処していきますね( ・Д・)( ・Д・)

前回のスマトラ島沖地震・津波関連記事を書いていた時から、日本における事例の紹介をしようと思っていたので、ようやく紹介できてよかったなと思います。

この事例では「東日本大震災と津波被害の前に」この範囲まで津波が到達して大被害をもたらしていたことが考古学的に分かっていたわけです。

こういった古代の地震や津波の被害が判明している事例は他にもたくさんあると思いますが、現代の地震・津波に対する避難対策といった防災にどうにか役立てることはできないものかと思いますね(。・ω・)ノ゙

↓応援よろしくお願いしますっ!ヾ(´ω`=´ω`)ノ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018ねん 7がつ 27にち(きんよーび、晴れ)

急遽ダイエットを始めたので

レモネードも飲めなくなった( -д-)ノ

暑い!( ・Д・)

冷たい水で耐え抜く!( ・Д・)

・・・・・・・・・・・・


さて、今回紹介するのはテーマは「地震と考古学」です。最近やたらに流行ってるなぁって思ってます。考古学者も人の子ですからね~( -д-)ノ

日本は様々な自然災害に見舞われる国ですので、日本の歴史は災害との戦いの歴史とも言えると思います。そのような中で現在最も注目されているのが「南海トラフ巨大地震」です。

何故注目されているかというと、そろそろ起きそうだからです( ・Д・) 2018年1月時点での発表では、30年以内の地震発生確率が70~80%なんだそうです。

しかも地震の規模はM8.0~9.0ということで、巨大地震~超巨大地震に分類されるレベルの地震なのです。

そもそもトラフとは深い溝のことです。南海トラフは四国の南の海底、水深4,000m程度のところにあります。プレートテクトニクス理論によれば、南海トラフは、密度の高い海洋プレートであるフィリピン海プレートが、密度の低い大陸プレートであるユーラシアプレート(アムールプレート)と衝突してその下に沈み込んでいる「沈み込み帯」のことです。

この南海トラフは、実際に上に挙げた図の位置にあるんですね。日本列島に近いですし、長いですよね。これまでに南海トラフを震源とする地震はおよそ100年~200年の周期で「日本列島」に甚大な被害を与え続けてきたことが分かっています。

これまでに判明している最も古い記録は紀元1年頃の弥生時代に起きたと考えられています。発掘調査で地層断面に巨大な津波による堆積が確認されたのです。こういった地震や津波の痕跡を見つけることも現代社会に対する考古学が貢献できるひとつの役割ですね(*・ω・)ノ

まぁ地震や津波の痕跡を発見したとして、それがどこを震源としたものなのかの判定は難しいので諸説あるんですけどね!その辺りは周辺諸領域への踏み込みが大好きな考古学者らしく、地震研究者との共同研究に期待したいところです(予算たくさんもらってるらしいですね……それも目が飛び出るくらい( ・Д・))。

歴史時代に入ると日本書紀を始めとして歴史書に巨大地震の記録が残っているわけですが、684年の白鳳地震、887年の仁和地震、1096・1099年の永長・康和地震と日付単位で分かっています。文字・歴史って便利ですね(・∀・)つ

最後の南海トラフに関する地震は1944・1946年の昭和地震になります。南海トラフを震源とする地震のやっかいなところは、弥生時代から昭和地震までいずれもM7.9~M9の巨大地震~超巨大地震なのです。

a211
↑液状化現象による噴砂の痕跡(「産経WEST」の記事内の画像より転載)

今回の発見舞台は、奈良県、奈良市の奈良文化財研究所です。この研究所は平城宮跡に隣接しており、新庁舎建設に伴う発掘で3つの時期における古代の地震の痕跡が約20か所で見つかりました。

地層と共伴する土器資料からそれぞれの痕跡の帰属時期は8世紀前後の平城宮造営の頃、平安時代の9~12世紀、室町時代の14世紀頃と推定されています。

上の写真見られるように、黄色っぽい砂が吹き上げるように、筋状に延びている状況が確認できました。これは巨大地震によって液状化現象が生じ、それによって地下から砂や水が噴き出す噴砂(ふんさ)の跡だと考えられます。

液状化現象は震度5以上の強い揺れで発生すると考えられており、南海トラフを震源とする巨大地震の痕跡である可能性が指摘されています。

奈良文化財研究所は今回の発掘された痕跡を「地震遺跡」として公開する予定とのことで、過去の地震を辿ることで現代の防災意識を高めたいと話しています。

今回の発掘は新庁舎建設のための緊急調査ですけども、今後の周辺の調査に際しては、地震学に関する諸研究分野の専門家と協力して、地震の予測や、地盤の特徴による被害の予測など、災害対策にも役立つ学術研究を行えるといいですね!

↓ここを押すと地震発生確率が下が……りはしないが( ・Д・)↓
↓私のテンションは間違いなく上がる予想(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ