歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

タグ:戦国時代

2019ねん 3がつ 22にち(きんよーび、曇り)

3月も残すところ、あと1週間程度。

充実した新年度を送るためにも、今頑張らねば!( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今回の考古学・歴史ニュースは『大阪城の三の丸跡から大名屋敷址と考えられる大型建造物の痕跡が見つかったよ!』ってことです。

大阪城は安土桃山時代に相当する1583年(天正11年)に豊臣秀吉によって築城されました。

江戸時代(1620年)には2代将軍、徳川秀忠によって修築され、1868年(明治元年)には廃城となりました。

1931年(昭和6年)から大阪城公園として開園され、現在も多くの人々の憩いの場となっています。


さて、上に挙げた写真は今回の発見があった大阪城の西側に位置する三の丸跡地ですが、奥にビルが立ち並んでいるのが分かりますね。




このような感じで三の丸跡は大阪城公園の外部に立地しているのです(*・ω・)ノ

また最初に挙げた写真で、現場には鉄骨が複数本垂直に立ち並んでいるのが分かったと思います。

この地点は地方合同庁舎の新庁舎の建設予定地なのです。

検出された大型の建造物址は東西約20m、南北約15mの規模で、敷地範囲は100坪を超えるものです。

また多数検出された柱穴から、礎石の上に柱を据える構造であったことが分かりました。

その規模だけではなく、この大型建造物の周囲を囲む玉砂利が見つかったことからも、格式高い建造物であったと思われます。






この調査現場における高い部分が大名屋敷址と思われる大型建造物址が検出された地点になります。

この大型建造物とは別の東側に並んだ建造物跡から、「さ竹(たけ)内」と墨書された木簡や、佐竹氏の家紋「扇に月丸紋」を有する瓦が出土しました。

そのことから、徳川氏や島津氏らと同じ豊臣政権六大将の一人とも呼ばれる「佐竹義宣の屋敷跡」と推定されています。

また敷地内の低い場所には、杭を打って建てた簡素な建物群が作られていました。

この低い地点からは鋳型に鉛を注いだ「鋳バリ」がついたままの火縄銃の弾が出土しています。

そのことから豊臣方が大坂の陣(1614~1615年)に備えた武器工房があった可能性が指摘されています。



arukemaya_0138
↑(「朝日新聞DIGITAL」の記事内画像より転載;credit: 朝日新聞)


arukemaya_0139
↑大名屋敷周辺から出土した安土桃山時代の陶磁器類(「朝日新聞DIGITAL」の記事内画像より転載;credit: 朝日新聞)






arukemaya_0142


以上のように貴重な資料が多数発見されただけではなく、大阪城に関わる大名屋敷が発見されたこと自体が大きな発見だそうです。

今回発見された大名屋敷は大坂城の一等地に築かれており、佐竹義宣や妻子が過ごした書院造りの奥御殿であったと推測されています。

 

↑発掘現場の様子(「産経新聞(産経ニュース)」の動画)


新庁舎の建設に伴う緊急発掘だと思いますが、これだけの遺物・遺構が出土したとなれば調査者や歴史ファンの方だけではなく、恐らく早期の建設開始を期待している方々もワクワクしていることでしょう!

もし余裕があるならば新庁舎の地下に一部でも遺構を保存し、遺構や出土遺物を見学できるようにしてくれると嬉しいのですが、そうもいかないのかも知れませんねヽ(TдT)ノ

↓フォロワーもいっぱい発掘したいものですね!( ・Д・)(プレッシャーをかけておく(・∀・)つ)↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019ねん 1がつ 18にち(きんよーび、雪)


何故だか今日はふと幸せを感じた。


特別何もないのに……


こういう日々が続けばいいなと思う( -д-)ノ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a326
↑調査現場風景、奥に玉石敷きが見える(「毎日新聞」の記事内画像より転載)



さて、今回の考古学・歴史ニュースは「信長の屋敷とお風呂の跡が見つかった!」です!



私、戦国時代にとても疎い(どこの時代も大体疎いが…)ので今回は二本立ての構成です( ・Д・)……まずはお屋敷の方から!( -д-)ノ



a328
↑発掘が進むと玉石敷きが続いていました(「朝日新聞」の記事内画像より転載; credit: 本間久志)



上に挙げた写真に見られるように西の建物跡には「玉石敷き(たまいしじき)」があり、織田信長本人、あるいはその身内が住んでいた可能性があるとのこと。


また曲輪からは高級品の天目茶碗と青磁の小碗が出土したそうです!




一般的にはどうなんでしょう? やはり「石ころの集中」が見つかるよりも、特殊な遺物が見つかった方がわくわくするのでしょうか?



・・・・・・まぁ私は「高級品」という言葉にわくわくしてますけども( ・Д・)





小牧山城に屋敷建物があったとする記録はないそうですが、岐阜城安土城の事例では信長のための特別な生活空間が主郭部分に設けられていたことが宣教師の記録等で判明しているそうです。


それを根拠として今回発見された2棟の屋敷建物は信長の城館の一部だった可能性があるということです。



上で紹介したように2棟の建物の奥行きが不明でしたが、これはまだ発掘調査が未だ及んでいないためです。今後の調査で織田信長ゆかりの品が発見されるといいですね.。゚+.(・∀・)゚+.゚



a329

↑同地点より出土した「高級」な遺物(「寺井 半兵衛《お城ばかり》」さんのTwitterより画像を転載)



a330

↑現地説明会に参加した際に撮影した写真のようです。美しいですね!(*・ω・)ノ(「寺井 半兵衛《お城ばかり》」さんのTwitterより画像を転載)




さて、次は信長も入ったかも知れないお風呂の跡です!



京都市中京区において行われていた発掘調査によって、織田信長が安土桃山時代に造営した二条殿御池城(二条屋敷)の風呂の遺構が見つかりました!



二条屋敷は信長が自身の住まいとして1576年に造営したものです。


池と泉の庭園で有名であった二条家の邸宅を利用して造営されたと考えられ、その規模は約120メートル四方であったと推定されています。



a327

↑戦国時代のお風呂の跡!(「あめかるの気儘な日記」さんの記事内画像より転載)



上に挙げた写真の黒い部分が炭に覆われた箇所であり、所謂「竈(かまど)跡」です。 

もちろん調理のための竈遺構とは異なります。根拠は検出された位置とサイズです。位置としては庭園に接する配置だったのです。


そして今回見つかったお風呂の遺構のサイズは、東西約7m、南北約6mのという規模で、大型の竈2基と井戸、土間が確認されました。



そのうち竈1基の周囲には風呂屋形(ふろやかた;浴室建物)を支えたとみられる約10個の礎石が確認されています。


恐らく竈に鉄製の桶を置きその上に簀の子をしいて、湯をわかして蒸し風呂にしたと推測しているとのこと。



・・・・・・蒸し風呂?



構造的に「五右衛門風呂」かと思ったや( ・Д・) 平安時代には蒸し風呂だったようで、江戸時代にはお湯に浸かるタイプの入浴が行われています。



でもいつからお湯に入るようになったのかは分かっていないそうです。


常識を覆す男のイメージが強い、織田信長が入浴した最初の日本人だったら面白いですね!.。゚+.(・∀・)゚+.゚




早くも平安時代には町湯(銭湯みたいなもの;江戸時代のような大衆化はしていない&蒸し風呂!)が登場しているそうですが、それでも当時、入浴は贅沢な楽しみでした。



見事な大庭園を望み、客人をもてなすために建てられた可能性があると解釈されていますが、まぁ私の中の信長像としては自分自身も入ったろうと、むしろ率先して入ったのではないかと思います(*・ω・)ノ

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


正直、戦国時代とか普通に好きなんですけど、詳しくなさ過ぎて特別なこと書けないな~と思って少し避けてました( -д-)ノ


お城好きな人とか、城郭や神社仏閣巡りが好きな人、御朱印集めが好きな人とか色々な方がいますからね。


頑張って今後は様々なものの歴史について触れていきたいなと思っております(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!


↓・・・・・・あ、温泉行きたいな!( ・Д・) 同感な人はぽちっとな!↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ