にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

タグ:文明崩壊

2020ねん 7がつ 4にち(どよーび、曇り)

二週間ぶりの休日を堪能した結果、仕事も何もしなかった( ・Д・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




今回の考古学・歴史ニュースは「マヤ文明、水に含まれる毒で滅んだ説が浮上!( ・Д・)」ってお話です(*・ω・)ノ


珍しくガチで専門領域の話題ですね。

この発掘調査はすっごい昔に行われたものなのです。

なのでようやく理化学分析にかけたか……って感じです。


とりあえず紹介していきますね!(*・ω・)ノ


arukemaya914
↑私も何度もお世話になってるティカルレポートの地図(「Gigazine」の記事内画像より転載;明らかに論文等が引用元でしょう)



マヤ文明が崩壊した理由や、大都市ティカルが放棄された理由には諸説あります。

干ばつによる飢饉とか、戦争の激化とか、異民族の侵入とか、森林を切りすぎて農業できなくなったとか、、、

現在のマヤ考古学では『複合的な理由で滅んだ』ってことになってます。



まぁ私は『一種の逃げ』だと思ってますけどね。

他の研究者と喧嘩したくないし、どれか一つに絞るのも難しい。

だからみんな認めちゃえ!みたいな感じです( ・Д・)



私の印象ではナラティブな研究者は自分の世界に引きこもって戦わないですからね( -д-)ノ

まぁさすがにそろそろ各要因の有機的関係について整理・分析をした論文がアメリカから出てくるかなと予想しています。


さて、今回の舞台であるグアテマラの世界複合遺産、ティカルの中心部には全部で13基の貯水池があります。

今回の論文で扱ったのは、中でも本当に中心部にある大きな貯水池4基で、それらを選んで発掘、サンプリング、分析を行っています。



yarereta
↑以前コロナウィルとして使ったけど、毒だと思って!



分析結果として、有毒なシアノバクテリアのDNAや水銀が検出されました。

なので貯水池の水は飲用には適さなかったと結論付けています。




まぁこの結果自体は、「あーそーですか( ・Д・)」って感じです。

原文にしっかり当たってから批判したいのですが、昔の貯水池の調査報告読んだ記憶の下、今ぱっと思いつくのは……

それらの毒が堆積したのはいつ?( -д-)ノ

ってことですね。



ティカルの貯水池はいずれも現在干上がっていて機能していません。

また発掘調査では貯水池の底に3~5mの堆積物があって、先古典期から古典期後期まで(BCE1000-CE1000)の土器資料が層になって出てきているようです。


あれ、層位発掘できるじゃん!とか思うのですが、彼らはやってませんね。

土器編年に関する報告はありません( ・Д・)


話はそれましたが、層になってるなら毒が検出された時期がどこのタイミングなのかが分かるはずです。

一方で、中米の強いスコールによって神殿を覆っていた水銀朱から水銀が流れて貯水池に溜まったことになってますけども、それって古くから溜まり続けてないですか?って思います。

まぁ許容量を超えたのが古典期後期と言うつもりなのかも知れませんが……


シアノバクテリアが繁茂する、つまり藻類が繁茂する水を普段は飲まないけど、干ばつ時に喉が渇いて飲んで滅びたってこと?

海で遭難して、喉乾いて、ダメだと知ってて海水飲んで死んだみたいな?



とりあえず原文に当たりますけど、続報に期待ですね。

……ほんと、アメリカ人って一般受けする論文書くの得意だなって思います( ・Д・)





おわりに

さて、この手のニュースでありがちなのが、『マヤ文明滅亡の原因は……』ってやつですね。

当記事では『ティカルが放棄された理由』にしてあります。

まぁ主要都市とは言え、一都市におけるケーススタディが文明全体に適用できるわけないので、誇張が過ぎます。( ・Д・)



・・・・・・いやー、でもなんだか面白い気がしてきましたよ!

神殿造って、外壁を漆喰や朱で覆うのなんて昔からやってるわけで、貯水池には昔から流れ込んでて、それを飲んでた可能性もあるわけで……

なんでいきなり古典期後期末にダメになっちゃったの???Σ(・ω・ノ)ノ



少しだけの前進、ひとつ分かると、次の疑問がわいてくる・・・・・・


研究ってそんなもん!( ・Д・)

↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!現在23人!↓
↓逃避行動で実験考古学キャンプとかゲーム実況もやってるよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020ねん 3がつ 12にち(もくよーび、晴れ)

渡航開始前の最終日……のんびりできない( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


arukemaya812


今回の考古学・歴史ニュースは「エジプト文明はねこを盾にされて戦争に負けたよ!」ってお話です(*・ω・)ノ


ネコ大好き、古代エジプト人

前回ティカル遺跡に現れたジャガーの子供のニュースがありましたが、ライオンやらトラやらネコ科動物はたくさんいます。

その中でも私たちがペットにしているのはイエネコ(Felis silvestris catus)です。

このイエネコの祖先がヤマネコなわけですが、西アジアのリビアヤマネコを起源とすると考えられています。

ネコとの共生の歴史はより古いのですが、家畜化されたのは
約3700年前のエジプトと推定されています。

古代エジプト人は穀物をネズミの害などから守るためにネコを利用し、やがて家畜化したのです。


この辺りの流れは他の地域と変わりありません。


しかし古代エジプトでは家畜化開始期であるおよそ紀元前2000年前頃から、ペットとしてだけではなく、ネコを崇拝し、信仰の対象としても扱っていきます。





上に挙げたのは「神々の記」で描かれるネコの神様、バステトです。

以前にも「神々の記」は紹介したことありました↓↓↓


 





上のリンクが『神々の記』関連で、下のリンクは「バステト神」を祭る神殿からライオンとか猫のミイラが出たよ!ってお話です。

下のリンクでバステト神について語ってますので今回は割愛させて頂きますが、つまるところ、古代エジプト人はネコを神格化してしまうほど、ネコ好きだったのです(*^・ェ・)ノ


非道なる所業、許すまじ、カンビュセス2世( ・Д・)

今回のメインテーマは、「ねこを盾にされたので戦争に負けちゃったよ」ってことなのですが、実際のお話なのです( ・Д・)

BCE525年のペルシウムの戦いでは、アケメネス朝ペルシア第2代王カンビュセス2世と、古代エジプト第26王朝ファラオ、プサメティコス3世が戦いました。

しかしカンビュセス2世が、兵士に「ネコの絵を描いた盾」を持たせました。

あるいは一部、本当に盾にネコを括り付けたそうですが、こちらは史実かどうか不明です。

エジプトの兵士たちは「絵」なのに、猫の絵の盾をもつ敵兵を攻撃できず退散してしまいます。

カンビュセス2世はプサメティコス3世を捕虜とし、聖なる動物のために国を犠牲にしたエジプト人を軽蔑し、エジプト人たちの顔に猫を投げつけたそうです。

少なくとも何らかの効果を期待して卑怯な手段を取ったくせにね!( -д-)ノ

後にプサメティコス3世は処刑され、エジプト第26王朝は断絶してしまいます。

本当に戦争とは非情なるものです。

例え、可愛いネコを盾にしようとも、勝てば官軍負ければ賊軍、世の中間違ってるぜ( ・Д・)




ちなみにこれがカンビュセス世のご尊顔!

わっるい顔してるわ~、許すまじ( ・Д・)

↓マヤ遺跡の調査速報等をアップしてます!↓
↓登録者数、目指せ1000人!現在17人!↓
↓最近、全然増えないよ!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018ねん 5がつ 1にち

ゲームをしてみた。

ものすごく久ぶりだったせいか、ハマった。

たまにはこういう息抜きもいいものだ。

・・・・・・・・・・・・
a043
↑PS4 地球防衛軍5の画像より; (C)SANDLOT(C)D3 PUBLISHER

【目次】
  1. 地球防衛軍というゲームについて
  2. エイリアンは環境に優しかった


1.地球防衛軍というゲームについて
今回、何故この記事を書いたかというと、以前【超古代文明】NASAの研究者らが「人類以前の文明」の存在の可能性を指摘!【考古学】で、「現在の私たち人類文明より進んだ、地球へエネルギーをフィードバックする段階の文明は、その高度な文明の存在の痕跡をほとんど残さないだろう」という研究者の意見に触れました。そしてこの「地球防衛軍5」に出てくる侵略者はまさにその高度に発達した技術を用いて、地球上から人類文明の痕跡を消滅しようと目論んでいると分かったからです!

さて、このゲームのシナリオ内容は至ってシンプルです。「宇宙人によって地球が突如侵略される。地球を守るために戦う」です。私自身は「5」から始めていて、1~4はやっていません。まぁでもシナリオというか内容は大雑把に同じ感じのようです。つまり「侵略される、守る!」です。

この侵略者集団は巨大化した生物が多く含まれます。白いデカいアリ、赤いデカいアリ、デカい蜘蛛、デカい蜂、デカい空飛ぶカエル(幼生)、二足歩行で武器使う巨大カエル(生体)、二足歩行で武器使うアーマー装備した巨大エイリアン、超能力使う巨大な神です。他にバカでかいドローン兵器も出てきますがまぁいいでしょう。

あぁ、あとゴジラみたいなのと、アンギラスみたいなのが出てきます。ちなみにアンギラスの方が強いです。ゴジラファンとしては理解に苦しみます(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

とりあえずみんなデカいです。カエルで15~20mくらいありそうです。エイリアンもそれくらい。神(ラスボス)は40mくらいでしょうか。
a050
↑いかにもなエイリアン。いわゆるグレイ?; (C)SANDLOT(C)D3 PUBLISHER

ちなみにエイリアンのヘルメットを吹き飛ばすと中から、いかにもなエイリアンの頭部が出てきます(上図)。カエルとこのエイリアンの繋がりは不明ですが、両方とも紫色の血を流しますね。あと両方とも物凄い速度で再生します。幼生からカエルへと変態した後、エイリアンに成長するのですかね?

あるいは彼方の星では、種族を超えてみんな紫色の血液を有して、みんな超再生するのかも知れません。ちなみに神はというと、やっぱり紫色の血を流し、超再生します。
a049
↑地球防衛軍5のラスボスの神(「大きな俺」氏のYouTube動画より一部加工)

上図が神です。両腕・両脚吹き飛ばしても、ものの数分で再生します。じわじわ再生するというよりは気付いたら再生しているので、ナメック星人のより高速版と言えるでしょう。

最終的に両腕・両脚あるのに死んでしまうので、ナメック星人のように再生にはエネルギーを使っていてそれが枯渇するともうダメみたいです。

無線による司令部の人間の会話によれば(内容はほぼ各種説明か、ただの叫び声になっています)、神は超能力が使えるそうで、イメージを物理現象に変換できるそうです。ふつーに化け物です。

まぁ正直、手に入る強い武器をぶっ放し続ければ楽勝です。ノーマルはですけど。インフェルノは無理でしたが、ベリーハード(ゲーム中表記はハーデスト;Hardest)までならぶっぱで攻略できます(私は画面分割で二人でプレイしてました)。


2.エイリアンは環境に優しかった
さて、これだけだとただのゲーム紹介ですので、彼ら(侵略者)の文明について考察してみたいと思います。

まず彼らはプライマーと呼ばれています。「原初の者」という意味で使っているようです。ただ誰が名付けたのか等々については不明です。クリア後に初めて文章によるシナリオが流れるだけでほとんどシナリオないので。

ただ途中の無線通信によると(狂った女の子の独り言に聞こえます)、彼らの存在は世界中の古代文明で確認されているそうです。インドでは古代に卵型の宇宙船が飛来して、神が現れたそうです。

激しい乱戦中の音声なのでうろ覚えですが、そんな感じでした。つまり、このゲームにおいては発達した地球外文明が地球の古代文明に影響を与えた設定になっているようです。また彼らは、核のような強力な武器を人類が持つことに怒りを覚えたらしいです。

また彼らは環境破壊に弱いらしいです。汚染されたいかなるものに慣れていないそうです。通信によれば、中国では汚染された環境が功を奏して敵勢力と上手に戦っていたようです。

つまり中国の環境問題に触れ、核問題に触れていることから、プライマーは人類が地球を汚染していることに立腹して滅ぼしにきたようですね。

彼らの軍勢であるモンスターやレーザー兵器は地球上のあらゆるものを破壊します。また後半に出てくる緑の巨大なアリ(色的にグリーンアーミーメンに見える)はプラスチックやコンクリートを捕食する設定なのです。

つまりプライマーは単に人類を滅ぼすのではなく、人類文明を跡形も残さず消滅させて、新たに地球と生物の歴史を見守っていくつもりだったようです。

そんためこの作品自体は環境汚染や人類の地球にダメージを与える科学技術や社会の発展に継承を鳴らしているのですが、結局人類が勝ってしまいます。プラトンの描くアトランティスのような、このままじゃダメ!ちゃんとしなきゃダメ!っていう構成なのでしょうね。

最終的に、人類が悪なのか、侵略者が悪なのかよく分からないなぁと思ってしまいましたが、人類が地球にとって悪かも知れないと気付かせることが作品の意図だったのかも知れません。

最後になりますが、人類側は英雄の活躍により勝利しますが、アメリカ映画でも日本のアニメでもよく英雄に期待し全投げしますよね。他力本願的なアレです。日本の漫画・アニメだとその英雄たちは多くの場合少年・少女ですね。

プライマーたちは非常に高度な科学技術を有しています。超巨大な宇宙船で地球に飛来できますし、地球人による環境破壊も観測してますし、テレポーターという空間移動技術も有しています。レーザー兵器等の強力な武器や、汚染環境に耐える特殊スーツも有しています。

それなのに、彼らの絶対者は神なのです。一番大きいから偉いわけではないでしょう。恐らく自らエネルギーを生み出すことのできる超能力が権力の確立と維持の決め手となったのでしょう。発展した文明は全て民主主義に到達するとは思いません。むしろ貴族の代わりに議員という名称を使うだけの形骸化した民主主義よりはずっとマシな構造にも思えます(そういう意味で私たちは古代から続く権力構造から本質的に抜け出してはいないのでしょう。幾分持って生まれた身分からの脱出が楽になっただけかと思います)。

しかしながらあれだけ特殊な能力を持ち、生物として強力無比であった神も敗れました。私たちも英雄の到来を待つだけではなく、一人の偉大な大統領や首相の登場を待つだけではなく、国家とはそもそも何なのか、私たちの国家・社会はどうあるべきか、そのために何ができるかをひとりひとりがしっかり考え行動していかなければならないのかも知れません。私たち人類の所産を食い荒らすだけの肥えた巨大なムシと闘う日は来るのでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ