にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

歩け、マヤ -考古学・歴史ニュース-

「考古学」を中心に考古学・歴史に関するニュースをお届け! 世界には様々な発見や不思議があるものです。ちょっとした身の回りのモノにも歴史があり、「らーめん」すらも考古学できるってことを、他の考古学・歴史ニュースと共にお伝えします!(。・ω・)ノ゙

タグ:縄文時代

2019ねん 10がつ 12にち(どよーび、曇り)

年内最後の国内資料調査を終えた。

あとは論文を書き続ける日々だ!( ・Д・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


arukemaya607


今回の考古学・歴史ニュースは、『縄文時代のネコ形土製品が現代的にデフォルメされたねこに見えるよ!』というお話です(。・ω・)ノ゙

上に挙げた写真が問題のネコ形土製品なのですが、私もこの画像をTwitterで見かけて、「あ、可愛いな~!カワ(・∀・)イイ!!」と思いました。

ただ同時に、「縄文時代にねこ?」という疑問も浮かびました。

こうして何でも疑ってかかるのは職業病かも知れません( -д-)ノ

私が思ったのは、そもそもこの遺物は本当に縄文時代のものなのか?

そして、この遺物は本当にネコ形土製品として扱われているのか?

この2点を明らかにしなければ始まらないと思い、他の画像を探してみました。

すると……



arukemaya608


なんとまぁ、確かに「縄文時代」とありますね!

名称は「ネコ形の土製品」とあります。

わざわざ「の」を入れているので、ネコ形土製品のような専門性の高い一群として扱っているのではなく、あくまで「ねこの形に見える土製品」という意味として使っていることが分かります。

さて、では次に問題となるのは、縄文時代にネコはいたのか? 古代日本におけるネコの歴史とは?という点ですね。




私達のよく知っているネコは「イエネコ」です。

これは上に挙げた写真に見られるようなヤマネコを家畜化したものなのです。

その起源は13万1000年前に中東の砂漠等に生息していたリビアヤマネコにまで遡ることができるそうで、ネズミの捕獲を目的としたネコの家畜化の歴史はかなり古いものであることが分かります。

人類の古きパートナーとして有名なイヌの元々の役割は「狩猟の補助」ですから、イヌの家畜化の起源が古いのはそのためです。

一方でネコの家畜化は「ネズミの排除」の役割と共に始まります。

つまり人類の農耕の開始と関連しているため、イエネコがイヌより新しい時期に登場する理由はすっと理解できると思います。

農耕が始まると保存しておく必要のある財(食料等)を守る必要がありますし、定住が一般的になりますから伝染病を媒介するネズミは人類の脅威となったわけですね。

そんなわけで日本にネコが登場するのは弥生時代以降であると推測できそうですね。

調べてみたところ、日本には平安時代に倉庫の穀物や経典類の番人として大陸より輸入されたことに由来するそうです。

但し、近年の研究成果により、日本におけるネコの起源が紀元前2世紀の弥生時代まで遡る可能性も出てきたそうです。

先に述べたように農耕が広く行われるようになった弥生時代にはネコがいてもおかしくないですよね。

弥生時代には大陸からの渡来人もいるわけで、イエネコの起源が大陸であることから、その時に持ち込まれた可能性も十分にあるわけです。

縄文時代の農耕論とか、縄文時代における単発・少数的な渡来人の流入を考えると複雑になってきますが、今のところ縄文時代にイエネコが存在したことを示す証拠はない模様です( -д-)ノ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まぁ現代人の我々には、特に日本人あるいは日本文化に慣れ親しんだ者にとってはネコに見えますよね。

というか、ねこにしか見えない。

でもねこじゃないんですよね。

なんだろう・・・・・・

逆さまになってて、耳に見えるものが脚で、縛られてるから左右がまとまって見えて、、、つまり、豚の丸焼き!

ブタも弥生時代以降か・・・・・・

じゃあイノシシかシカの丸焼き!!!( ・Д・)

↓ね~こ~、かわい~い!カワ(・∀・)イイ!!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019ねん 3がつ 24にち(にちよーび、晴れ)

法事やらなんやらで御朱印もらいに行けなかった。

せっかくの習慣を無くさぬよう、

近日中に時間を見つけて参拝します!(*・ω・)ノ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

arukemaya_0146
↑遺跡の全景、広さが分かる(「読売新聞」の記事内画像より一部加工)


今回の考古学・歴史ニュースは『徳島県、加茂宮ノ前遺跡で約4000年前の水銀朱の一大生産拠点が見つかったよ!』ってことです(*・ω・)ノ

場所は徳島県、阿南市加茂町の加茂宮ノ前遺跡です。

徳島県では他にも「朱」をかけた遺物が多く出土する遺跡や、「辰砂」の採掘址と思われる遺構を有する遺跡が見つかっています。

「朱」というのは「朱色」という表現もあるように、簡単に言うと「赤色」の顔料のことです。

赤色顔料としての朱の原料は主に、辰砂とベンガラです。

辰砂は中国の辰州で多く生産されたことからその名が付けられており、硫化水銀から成る鉱物です。

辰砂からは水銀を精製することができるため、辰砂を原料とした朱を水銀朱(有害)と呼びます。

一方でベンガラは酸化第二鉄を主成分とする顔料(無害)で、色調は鉄の赤錆の色のイメージです。

赤色は「血液の色」であることから、「生命力を表す色」として、古くから世界各地で重宝されてきました。

加茂宮ノ前遺跡は約4000年前の縄文時代後期に帰属する遺跡で、朱の付着した石臼や石杵が300点以上出土し、水銀朱の原料である辰砂原石も大量に出土しました。

そのため古代の祭祀などに使われた赤色顔料である水銀朱を生産した一大拠点であったと考えられています。

日本における朱の生産地としては最古級、最大級であり、朱の関連遺物の出土量も最多の遺跡です。


arukemaya_0147




最初に挙げた写真で分かるように加茂宮ノ前遺跡はかなり広いです。

その調査面積は約1万平方mに及ぶそうですΣ(・ω・ノ)ノ

これまで当該遺跡では、弥生時代中期から鎌倉時代にかけての遺構が発見されていました。

今回の発見で縄文時代後期に相当する祭祀に使っていたとみられる石を円形に配置した遺構14基や竪穴住居跡2基が見つかりました。

このような縄文時代後期の居住域と祭祀の遺構がまとまって確認できたのは西日本で初めての事例とのことですヾ(´ω`=´ω`)ノ



arukemaya_0149




arukemaya_0150


この加茂宮ノ前遺跡では水銀朱の製造に使われた石杵と石臼だけで300点以上が出土しました。

石臼の大きいものは直径約30cm、石杵では直径約10cmのサイズだそうです。

また原料である辰砂原石や、水銀朱が施された耳飾り、土器などの関連遺物が700点以上出土し、合計1000点以上の「朱」に関連する遺物が出土したことになります。

原料として使用された辰砂原石は遺跡から約5km離れた若杉山周辺から採取された可能性が高いと推定されています。

また出土した土器の模様には九州の土器に類似した特徴が見られることから、当時から地域交流をしていた可能性が指摘されています。

加茂宮ノ前遺跡における今回の発見は、西日本における縄文時代の集落構造の解明に繋がる重要な発見であり、また水銀朱の一大生産地として古くより遠方の他地域との交易を行っていた可能性を示す重要な発見でもあります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、最後に徳島新聞による現地説明会の様子を撮影した動画へのリンクを載せておきます。


いいですね、これ!


現地説明会に参加した気分になれます(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!



↑加茂宮ノ前遺跡での現地説明会の様子(「徳島新聞動画TPV」の動画)

↓ツイッターフォロワーさんは着実に増えております!↓
↓ブログリーダーの方も是非宜しく!ヾ(´ω`=´ω`)ノ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019ねん 1がつ 20にち(にちよーび、晴れ)
この週末は充実していなかったな……

まぁ今日はこれから少し頑張るか

そして明日からまた頑張ろう!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


a331
↑右足も見つかるといいね!(*・ω・)ノ(「産経新聞」の記事内画像を一部加工;credit: 山形大学付属博物館)


今回の考古学・歴史ニュースは、「縄文晩期の結髪土偶が90年越しで接合された!」です!


最初に考古学用語を簡単に説明しますと・・・・・・発掘調査では様々な遺構・遺物が出土します。墓といった埋葬遺構や儀礼行為の痕跡の一種である埋納遺構からは当時の形を保った遺物が出土する場合があります。これを「完形資料」と呼びます。


一方で多くの場合、考古資料は何等かの理由(過去の人為的な理由、遺跡生成過程における人為的・自然的理由)によって破損します。

つまりバラバラの破片として出土します。これが「破片資料」です。このバラバラの破片を元の状態にすべく、くっ付けていくことを「接合」と呼びます。


あと、これは共通用語なのか不明ですが、完形ではないが本来の形を推測するには十分な残りの遺物「半完形資料」と呼ぶこともあるようです(論文中で使用したことがないため、定義の確認を行っておりませんヽ(TдT)ノ)。

まぁ土器で言えば、口縁部から底部まで(上部から下部まで)一通り揃っており、且つ残存した口縁部が口径を計算するために十分である(例えば4分の1程度)場合は「半完形」といったところでしょうか。


今回のニュースでは上に挙げた写真から分かるように、土偶の上半身部分と左足が接合しましたので、元々の残存量から破片とは思えませんが厳密には破片資料である土偶(上半身)が半完形の状態にまで接合したと言えるでしょう。


a333
↑同じく縄文晩期に属する遮光器土偶(「東京国立博物館」の資料カタログより転載)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、問題の土偶は頭部が髪を結ったような形をしていることから「結髪土偶」と呼ばれている資料で山形県で出土したものです。


時期は縄文時代晩期(約3500~2400年前)であり、主に東北地方で見つかっている遮光器土偶の後に出土する資料として知られています。上に写真を上げましたが、遮光器土偶は広く知られていますね。


この結髪土偶は山形県寒河江市の石田遺跡で発見され、大正14年までに地主であった安達又三郎氏が上半身部と脚部を所蔵していました。


その後、各資料は寄贈され、結髪土偶(上半身部)は現在の山形大学付属博物館が所蔵し、脚部は寒河江市が所蔵していました。


郡山女子大学短期大学部の会田容弘教授は、結髪土偶の上半身と脚部双方を確認し、断面の状態や腰の刺突文が左脚部分に続いていることから、双方は一体のものではないかと推論しました。


実際に確認したところ、脚部が上半身の一部と判明し、脚部が正式に山形大学付属博物館に寄贈されました。こうして結髪土偶の出土以来、約90年ぶりの接合となったのです。


a332



今回の接合によって頭部から脚部まで繋がりましたので、厳密な意味で半完形資料となったと考えられます。

土偶の研究・分類をする上で脚部形態も重要な要素ですので、今回の発見は非常に意義深いものであると思います。

まだ右足が欠損していますが、左足と同じ形態と考えて良いため、研究上は特に問題になりません。

しかしせっかくですからね、右足も見つかってくっついて完全な接合資料になるといいですね。

結髪土偶自身にとってはおよそ3000年以上ぶりの完全体となるわけですから(。・ω・)ノ゙(美術的価値も上がります( -д-)ノ

↓90年ぶりに押してみませんか? それ、ぽちっとな!( ・Д・)↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ